↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

500バイオパーク公式ツイッターより

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

来年はネズミ年(子年)♪
皆様、年賀状の準備はお済みですか!?

というわけで、世界最大のネズミの仲間(カピバラ)と年賀状撮影ができるスポットにお邪魔しました。

やってきたのは長崎県西海市の「長崎バイオパーク」。
17頭前後のカピバラをはじめ、さまざまな動物たちと触れ合うことができる体験型動物園です。

入園早々、カピバラと年賀写真を撮影できるコーナーめがけて一目散!!

長崎バイオパーク公式Twitter画像(上の画像)のように
顔はめパネルからカピバラが‘ひょっこり‘
顔を出したキュートな写真を撮りに行った…のですが…

500DSC_6478

好物の「笹の葉っぱ」で機嫌を取るも、なかなか前を向いてくれません(笑)

けっこう難しいですが、運が良ければベストショットが撮れるかも!?

顔出しパネルはカピバラ以外に、お子さんが挑戦しても可愛いかもしれませんね♪

5002B612_20191213_232012_149-1

2020(子)年の新年Instagram投稿にぴったりの
「園スタグラム」顔出しフレームもあります。

またまた「笹の葉っぱ」でカピバラさんの機嫌を取っていると
今度はフレームの外から赤ちゃんカピが参戦(笑)

5002IMG_1353-1

そ・し・て 長崎バイオパークの冬の風物詩といえば
「カピバラの露天風呂」。

湯気が立ち込める露天風呂に入って、カピバラたちはの~んびりご満悦。
眺めているだけで癒されます。

○期間 2019年11月26日(火)~2020年2月28日(金)
○時間:12時~15時

《イベント情報》第8回 カピバラの長風呂対決!

日時:2020年1月4(土)時間未定
長崎バイオパークなど「カピバラの露天風呂協定」を結ぶ5園がコラボして開催されるイベント。
それぞれの代表カピバラが、湯船に入ってから出るまでの時間を計測し、もっとも長く露天風呂に入っていたカピバラの勝ちとなります。
長崎バイオパークからは「青葉(メス・5歳)」がエントリー。

【カピバラの露天風呂Facebook】https://www.facebook.com/capybaraoutdoorbath
【カピバラの露天風呂Twitter】 https://twitter.com/capybarabath

500IMG_8645

お風呂に入ったあとは
「薪ストーブ」の前で ポカポカ だら~ん。。。

巨体に似合わずつぶらな瞳にプリッとしたキュートなお尻、ゴワゴワの毛。
見ているだけで本当に癒されますよね。

屋根付きのストーブ小屋の中は三方(コの字型)にベンチが配置されているので、
人間も一緒に温まることができます。
(一日中ここで過ごすのが秘かな夢)

500IMG_1347

こちらは9月に生まれた生後三ヶ月の赤ちゃんたち。
なでなでしたら「キュルル」とキュートな泣き声で応えてくれました!!
も~食べちゃいたいくらい可愛い(←怖い…)!!!!

というわけで、ネズミ年の新年を前に
カピバラと年賀状用の写真撮影にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

【長崎バイオパーク】
所在地:〒851-3302 長崎県西海市西彼町中山郷2291-1
電話番号:0959-27-1090
料 金:
大人 1700円、中高生 1100円、小人 800円/PAW入館料:おひとりさま500円/1時間※(3才から有料)
・・※セット入園料、団体割引あり
営業時間:10:00~17:00 (入園締切16:00)/PAW 10:30~17:00(入園締切16:00)
定休日:年中無休
交通アクセス:西海橋から車で約20分
https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/431/

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

IMG_1315-2

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

光輝くイルミネーションが美しい季節がやってきました♪

この冬、西海市の七ツ釜鍾乳洞が『光の鍾乳洞』に変身!!
洞内の一部に約1万5000個のカラフルなLEDライトに彩られた『光のトンネル』が出現し、幻想的な世界を楽しむことができます!!

明日12月14日(土)からのスタートを前に、一足お先に試験点灯にお邪魔しました。

イルミネーションといえば一般的に夜のイベントですが、
こちらは昼間に楽しむことができ
さらに洞内は冬場でも15度前後と比較的暖かいので、お子様連れのファミリーにもおすすめです。

『光のトンネル』は、全長320mの見学エリアのうち出口部分の54mに設置。

ほの暗い鍾乳洞を抜けると幻想的なイルミネーションが登場!!
そのギャップに盛り上がること間違いなしです♪

DSC_6465-1

ハート形オブジェのフォトスポット。
スマホなどを固定して写真撮影ができる「自撮り台」が用意されているので、思い出の写真を撮ってみては?

IMG_1325-1

500IMG_1296

オリジナルのオーナメントにメッセージを書いて飾ることもできますよ(大300円、小200円)。

IMG_1291

懐中電灯の無料貸し出しサービスもあるので、
洞内の光の当たっていない天井部分や裏側などの様子をじっくり見ることができます。
手首にかける紐が付いているため洞内で落としにくいのも嬉しい配慮。

イルミネーションによる幻想的な『光の鍾乳洞』は
明日12月14日(土)からスタート。

西海市の新たな冬の風物詩になりそうですね♪

【七ツ釜鍾乳洞 『光の鍾乳洞~光のトンネル~』】
◆期 間:2019年12月14日(土)~2020年3月15日(日)
◆所在地:〒857-2222長崎県西海市西海町中浦北郷2541-1
◆電話番号:0959-33-2303
◆営業時間 9:00~17:00(最終受付16:30)
◆入洞料:大人/520円、中学生/310円、小学生/210円、幼児/100円(4歳以上)
< SNS投稿割引実施中>
洞内の写真を撮影し、#七ツ釜鍾乳洞 と #光の鍾乳洞 の2つのハッシュタグをつけてSNSに投稿すると、入洞料の割引が受けられます(大人60円引き等)。
◆アクセスなど基本情報はこちら 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

IMG_1024

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

長崎名物トルコライスを紹介する不定期シリーズ「長崎トルコライス紀行」第2回。
(一覧目次はこちら)

長崎を代表する観光地のひとつ眼鏡橋近くに2019年9月にオープンした
トルコライスがメインのダイニングバー「キッチンnello(ネロ)」をご紹介します。

500IMG_1017

入口にある印象的な石造りの柱が目印。

トルコライスをこよなく愛する店主 佐藤さんが、
かつて長崎にあったトルコライスの名店「アストリア」の味が忘れられず、
同店の味を可能な限り再現しオープンしたお店です。

500IMG_1014

店内はソファ席1、テーブル席2の他、カウンター席があります。
ダイニングバーらしい大人っぽい雰囲気。

IMG_1024

◆自家製ローストビーフトルコ(税込1,280円 / みそ汁付き) ※ 限定10食

上質な牛肉をこだわりのロースターで手間隙かけてじっくり蒸し焼きにした逸品。
ローストビーフが贅沢に10切れも載っています♪

トルコライスといえばボリューミーなものが多いのですが、
こちらは女性でも食べきれるちょうど良いサイズ。
たくさん食べたい人は+200円で大盛りにできます。

スパゲティはほどよい固さと太さ。
ナポリタンってシンプルな料理だけれど、美味しい店ってなかなかないんですよね。
パラリとしたドライカレー。
シャキシャキの野菜も嬉しい。

IMG_1026

◆隣の人が食べていた普通のトルコライス(税込850円 / みそ汁付き)

サクサクのカツが美味しそう!

クラフトビールが楽しめるので、ビール好きの方にもおすすめです。

また、ペットの同伴が可能だそうなので、
ワンちゃんとのお散歩途中に立ち寄るのも良いですね。

5037[2] - コピー

キッチンnelloがある眼鏡橋界隈はトルコライス激戦区。
プリムローズやPonte(ポンテ)などの人気店が並んでいるので、
食べ比べてみるのも楽しいかもしれませんね。

次はどこのトルコライスを食べようかなぁ。

【キッチンnello(ネロ)】
所在地:〒850-0851 長崎市古川町3-2共同ビル1階(一二三亭の左横)
電話番号:095-801-0850
営業時間:12:00~15:00(L.O.)/ 17:30~0:00
定休日:不定休
公式instagram
このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

IMG_1038-1

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

長崎名物トルコライスを紹介する不定期シリーズを、ゆるっと始めたいと思います。
題して「長崎トルコライス紀行」。

トルコライスとは、60年ほど前に長崎で生まれた洋食のワンプレートランチ。
ピラフ、スパゲティ、ポークカツなどが一皿に盛られた、ボリューム満点の「大人のお子様ランチ」です。
長崎市内を中心に数多くの飲食店で、趣向を凝らしたオリジナルのトルコライスを楽しむことができます。
※ネーミングの由来が気になった方はこちら (⇒ 長崎市役所公式HP)

500IMG_1080

第一回目となる今回は、長崎っ子の私が小さい頃から幾度も通った
九州最古の喫茶店「ツル茶ん」をご紹介します。

創業は大正14年。
蓄音機から流れる洋楽を聞きながら自家製のアイスクリームやケーキを楽しめる
モダンな喫茶店は一躍話題になったそうです。

看板メニューは、
約10種類ものバリエーションを誇る「トルコライス」と
初代が考案した「元祖 長崎風ミルクセーキ」。

IMG_1038-1

◆昔懐かしトルコライス 1,380円(税込)

サクサク&ボリューミーなポークカツに、コクのある洋食カレーをトッピング。
ほんのり甘めのスパゲティナポリタンや
風味豊かなバターライスとの相性もぴったりな定番人気の一皿です。
小さい頃に食べた昔懐かしいトルコライスに、お腹も心も満足!!
あ~懐かしいこの味。

 

IMG_1050-1

◆ジパングトルコ 1,380円(税込)

ポークカツにかかっている和風テイストの照り焼きソースとマヨネーズが、甘辛くてクセになりそうな美味しさ。
バターライスとの相性も○です。
和風な味付けなので、日本的なグルメを体験したい外国人の方にもおすすめとのこと。

2019年9月にデビューしたユニークな新メニュー。
トルコライスの可能性は無限ですね!

IMG_1065-1

◆元祖長崎風ミルクセーキ 720円(税込)

長崎名物として知られる「食べるミルクセーキ」はツル茶んの初代が考案したんですって!
(長崎ではミルクセーキは飲み物ではなく食べ物なのです!)
とっぺん(長崎弁で「てっぺん」の意味)に鎮座した赤いチェリーもどこか懐かしい雰囲気。
スプーンで口に運ぶと、ひんやりと優しい甘みが口の中でスーっと心地よく溶けていきます。
夏だけでなく一年中注文できますよ。

500IMG_1075

時代を感じるシャンデリア

500IMG_1073-1

レトロ喫茶好きにもおすすめ。

歴史を感じる店内は、
長崎市のまちあるき観光メニュー「長崎さるく」の「レトロ見聞館」にも指定されています。

500IMG_1072

長崎県民が選んだおすすめグルメ店100を紹介する
「ながさき県民おすすめ!グルメセレクション」では、
グルメ部門とフォトジェニック部門をダブルで受賞しました。

◆「ながさき県民おすすめ!グルメセレクション」
https://www.nagasaki-tabinet.com/n-selection/2017nintei.cfm

【ツル茶ん】
所在地:〒850-0832 長崎県長崎市油屋町2−47
電話番号:095-824-2679
営業時間:9:00~21:00(ラストオーダー21:00まで)
定休日:年中無休(元旦のみ休業)
https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/64362/

※外国語メニューあり(英語、中国語(繁)(簡)、韓国語)

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

1

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

顔ハメ看板…それは全国津々浦々の観光地などに設置された
ユニークな記念写真を撮るための、おもてなしアイテム。

ご当地名物などを描いた薄い板にぽっかりと開いた丸い穴に
「にゅ」っと顔をハメることができるアレです。

旅先で見つけると思わず写真を撮りたくなるけれど、
正直ちょっと、こっ恥ずかしい。
という微妙なやつ…。

と思っていたら、
「顔ハメ看板にハマること」を目的に全国を旅をする
「顔ハメ看板ニスト」の塩谷朋之さんが先日、長崎県庁に来訪。

2 500image2

塩谷さんは、仕事の傍ら全国各地で顔ハメ看板の写真を撮り続け、
ハマった看板の数は2019年現在で4,000枚以上というツワモノ(普段は東京在住の会社員)。

このたび日本初となる各都道府県の顔ハメ看板を紹介していくシリーズ本

その名も【顔ハメ百景】を出版したのだとか !(゚Д゚ノ)ノ

しかも、記念すべきその第一弾は「長崎」!!

ページをめくってみると、
長崎市内や県北・県央・島原半島などの本土地域はもちろん
対馬・壱岐などの離島地域にいたるまで、
長崎県の魅力がユニークな切り口で紹介されています。

3

個人的に気に入ったのはこの2枚。

左)長崎ペンギン水族館で、あえてペンギンではなく
長崎名物の珍味「からすみ」になりきった1枚。
シュールすぎます…。

右)長崎銘菓「クルス」の、ステンドグラスが長崎らしい顔ハメ看板。
こんな可愛らしい看板でもあえて無表情で写真に収まる塩谷氏。
こだわりが感じられます。

4 500image4

長崎県庁で行われた出版記者会見の様子

観光地などを訪れた際は、恥ずかしさを噛み締めつつも
「顔ハメ看板」にハマってみると、新たな旅の楽しみを発見できるかもしれません(^▽^)/

5 500DSC_6462

長崎県内の顔ハメ看板をエリア別に紹介した塩谷さんの新刊はこちら。
巻末にはモデルコースもあり!

【顔ハメ百景 長崎 天領ぶらぶら編】
著者:塩谷朋之
発行所:阿佐ヶ谷書院
発刊日:2019年10月20日
定価:1,000円 + 税

◆「顔ハメ看板ニスト」塩谷朋之さんのTwitterはこちら
https://twitter.com/shioya20

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓