| 長崎県ロケ地ガイドが完成

| ブログテーマ: お知らせ 映画・ロケ地情報

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

116321085_3688699221159595_1981962780273445854_n

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

 

坂道や階段、教会や離島など魅力的な風景がいっぱいの長崎県は、数多くの映画・ドラマ・アニメなどのロケ地になっています。

このほど、長崎県内で撮影された映画・ドラマ・アニメなどのロケ地をまとめてご紹介するパンフレットが完成。
(製作:長崎県フィルムコミッション/A4版8ページ)

2020年7月までに県内で撮影された映画・ドラマ・アニメと共に、撮影スポットや撮影裏話などが紹介されています。

アニメ「色づく世界の明日から」(長崎市)や
高倉健さんの最後の主演作となった映画「あなたへ」(平戸市)などに登場する坂道は、長崎県ならではの情緒あふれる風景。

またかつて国際貿易港として賑った長崎市内に残るエキゾチックな洋館や、県内各地のカトリック教会、五島列島・壱岐・対馬といった離島のダイナミックな自然景観など

他にはない個性的で魅力あふれるロケ地が、一冊に凝縮して紹介されています。

基本的には映像制作会社などへのプロモーション用のパンフレットなのですが
長崎県庁や東京のアンテナショップ「日本橋長崎館」、
長崎県の大阪事務所などに設置・配布しています(無料)。

取りに行けない方のため郵送も可能です。

 

【設置場所】

◆長崎県庁1階エントランスホール
〒850-8570 長崎市尾上町3-1

◆長崎県アンテナショップ「日本橋長崎館」
〒103-0027 東京都中央区日本橋2丁目1−3 アーバンネット日本橋二丁目ビル 1階
https://www.nagasakikan.jp/

◆長崎県大阪事務所
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル 8階

 

【郵送希望 問い合わせ先】

長崎県フィルムコミッション事務局((一社)長崎県観光連盟内)
E-mail:info-fc@ngs-kenkanren.com まで。

件名に「長崎ロケ地ガイド送付希望」と記入の上
1.お名前、2.郵便番号、3.ご住所、4.お電話番号、5.必要部数をご記入の上お送りください。

※部数に限りがありますので、大量部数の発行は致しかねます。ご了承ください。

 

iro

 

◆Webでロケ地めぐりのススメ

長崎県の観光ウェブサイト「ながさき旅ネット」には
県内で撮影された映画・ドラマ・アニメの特設ページが数多く掲載されています。
(注意:当パンフレットはWEBダウンロードできません)

ロケ地の徹底ガイドやモデルコースをはじめ、撮影裏話などロケの支援担当者しか知り得ない秘話も満載です。

長崎県ロケ・撮影ページ
https://www.nagasaki-tabinet.com/houjin/film/

 

今すぐ長崎県に行けない方も、Webや冊子でロケ地めぐりを楽しんでみては?
そして新型コロナウイルス感染症収束後はぜひ、実際のロケ地を訪れてくださいね。
お待ちしています。

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

わくわくチラシ

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

 

長崎県を含む九州北部が本日、梅雨明けしました!
いよいよ夏がやってきます。

先月ブログでご紹介した「長崎しま旅 わくわく乗船券」と併せて

8月1日から長崎県の「しま旅」が さらにお得になります!!

 

まずはおさらい。

「長崎しま旅わくわく乗船券」とは

長崎県内の「しま」への【往復乗船券】と
島内での観光体験に使える【クーポン】がセットになったお得な企画乗船券のこと。

なんと通常の往復乗船券の運賃にたった100円プラスするだけで、
最大6,000円分の観光体験クーポンがプレゼントされるので、
しまを観光する方には、とてもお得なのです!!

対象となる「しま」は、対馬・壱岐・五島・新上五島・小値賀・宇久の6島。
対象航路を利用して対象となる「しま」を訪れ、島内に宿泊する方が対象です(日帰りは不可)。
販売期間は2020年2月28日(日)まで

DSCF0823

わくわく乗船券の【クーポン】は、海や山などで行う「自然体験もの」や「島内を巡るツアー」、夏休みの宿題にもぴったりの「ものづくり体験」といった約200種類もの
【観光体験】に使うことができます。

⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

 

これだけでもお得なのに
8月1日からは 更にお得な
「行っ得!クーポン券」がスタート!!

 

8月1日から「長崎しま旅 わくわく乗船券」をご購入の方(※)などに、各島の宿泊施設・飲食店・交通機関(バス・タクシー・レンタカー)などの加盟店で使える「行っ得!クーポン券」の引換券を配布します。
(「長崎しま旅わくわく乗船券」に引換券がもれなく付いてくるので、現地で「行っ得!クーポン券」と引き換えてご利用ください。)

壱岐・五島・新上五島・小値賀・宇久の5島に行かれる場合は
お一人様1泊につき5,000円分
対馬に行かれる場合は
お一人様1泊につき10,000円分のクーポンが貰えます!!

 

最大3泊分までが対象なので、
壱岐・五島・新上五島・小値賀・宇久の5島は最大15,000円、
対馬は最大30,000円分のクーポンをGETすることが可能!!

ご家族やグループで行かれると本当にお得ですよね。

利用期間は2021年2月28日(日)まで。
予算分の枚数に達し次第、終了となります。

< 「行っ得!クーポン券」の対象となる方 >
「長崎しま旅わくわく乗船券」をご利用の方
○ 長崎県観光連盟が実施する「しま旅旅行商品」のフリープランをご利用の方
○ インターネット宿泊予約サイト(じゃらん、楽天など)の所定の体験付き宿泊プランをオンライン予約決済された方

⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

 

うにのぼっかけ

(島で食べる生うに丼は最高です!)

観光体験クーポン付きのお得な乗船券
「長崎しま旅 わくわく乗船券」と

宿泊・飲食・交通機関(バス・タクシー・レンタカー)に使える
「行っ得!クーポン券」を併せて、

お得に長崎県の「しま旅」を楽しんではいかがでしょうか♪

 

旅のエチケット画像

(画像をクリックすると拡大します)

※新型コロナウイルス感染症防止のため、観光施設などが休業・閉鎖になっている場合があります。最新情報をご確認の上、おでかけください。

※「しま」への滞在中は体調管理に努めるとともに、マスクの着用、こまめな手洗い、三密の回避など、感染予防へのご協力をお願いいたします。

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

1

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

長崎市からも佐世保市からも車でちょうど1時間ほど。
週末のドライブ旅に人気の長崎県西海市が制作した、新しい観光パンフレット&グルメガイドが好評です。
私も少しだけお手伝いしたのでご紹介したいと思います。

 

2

◆観光ガイドブック 

雲の形に開いた穴の向こうに素敵な風景が見える「仕掛け表紙」が印象的。
つい手に取ってしまうお洒落なガイドブックです。
西海市といえば水辺や山で遊べるアウトドアスポットが綺麗に整備されているのが魅力のひとつ。
また歴史好きにおすすめの史跡めぐりモデルコースなども、豊富な写真とともに紹介されています。
QRコード(Google Map)が付いているので場所をスムーズに探せて便利。
グルメやお土産、宿の情報など、これ一冊で西海市への旅はバッチリです!
大きさはA4が少し小さくなった変形サイズ。

 

3

◆グルメガイドブック

自然に恵まれた西海市ならではの海の幸・山の幸を楽しめるお店や、お洒落なスイーツショップなど、88の飲食店が紹介されたグルメガイドブック。
西海で獲れる大きな伊勢海老など、どれも美味しそうです!!
金額の目安やQRコード(Google Map)が付いていたりと便利で嬉しい工夫も。
サイズはハンドバッグにすっぽり入るA5版です。

 

4

◆女子旅案内「よりみち」

女子2人で西海をゆるりと旅するイメージで作られた写真集のような美しいパンフレット。
観光地だけでなく、何気ない日常の風景や暮らしの中にある西海市の魅力がたっぷりです。
ちょっと「よりみち」して猫と戯れたり路地を散策したり。
ページをめくるごとに、ふらりとドライブ旅に出かけたくなるかもしれません。
サイズはB5版。

各ガイドブックは西海市内の観光案内所等のほか、長崎県庁ロビーでも配布しています。

ウェブでも見ることができます。
お出かけ前に旅の計画を立ててみてはいかがでしょうか。

⇒⇒ ダウンロードはこちらから

 

音浴博物館ライブちらし

【西海市「音浴博物館」イベント情報】

サマーライブ
「テクニクスディ&ブルースハープの熱い叫び」
2020年7月23日(祝・木)13:00~

場所:音浴博物館(〒857-2323長崎県西海市大瀬戸町雪浦河通郷342-80)
料金:無料(音浴博物館の入館料のみ)
詳しくはこちら 

標高約400mの山奥にある廃校跡に、約16万枚ものアナログレコードを所蔵する音浴博物館で、日本が世界に誇る高性能オーディオブランド「テクニクス」の魅力を体感できるイベント。
ハイエンド・シリーズ「リファレンス・クラス」を用いたのアナログレコードのコンサートのほか、
13:00~はブルースハープの生演奏。DJプレイの世界標準機「SL‐1200」を使ってのリクエストタイムも行います。

ご参加いただいた方には テクニクス・オリジナル・ドリンクボトルのプレゼントも。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため屋外での開催です。
雨天の場合は 屋内(イベントホールでの開催)となり、その際は25名様限定で実施いたします。

また、マスクの着用、手指の消毒にご協力をお願いします。

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

表紙

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

「生」の本まぐろって、食べたことありますか?
五島列島 新上五島町では 7月18日(土)~8月16日(日)まで、水揚げしてから一度も冷凍処理していない「生」の本まぐろが食べられるグルメフェアが開催されます!!

上五島・若松瀬戸周辺は古くから養殖業が盛んです。
海岸が複雑に入り組んだ地形のため海流の流れが速く、
その中で育つマグロは身が引き締まりキメ細やかな肉質になるのだとか。
また年間を通して海水温の変動が少ないことも美味しいマグロが育つ秘訣なのだそうです。

フェア期間中は、町内9つの飲食店で、ギュッっと旨みが詰まったトロけるような最高の「本まぐろ」を楽しむことができます!!

定番の「まぐろ丼」からお洒落な「カルパッチョ」まで、美味しさいろいろ。

 

「まぐろ解体ショー」もありますよ!!

日時:7月18日(土)・25日(土)10:30~
場所:スーパー「カミティバリュー店」
(住所:新上五島町浦桑郷1396-1 / 電話:0959-54-2415)

 

【上五島 養殖マグロフェア】
開催期間:2020年7月18日(土)~8月16日(日)
場   所:長崎県南松浦郡新上五島町内にある9つの飲食店

店舗一覧

店舗・地図一覧
(画像をクリックすると拡大します)

参加店舗メニュー一覧

メニュー一覧
(画像をクリックすると拡大します)

◆最新情報は公式フェイスブックで
https://www.facebook.com/kamigotohonmaguro/

◆長崎の「しま」に行くなら断然お得!!長崎しま旅わくわく乗船券
http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-11464/

◆長崎「しま旅」特集ページ
https://www.nagasaki-tabinet.com/islands

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

1

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

長崎から国道206号線を佐世保方面に北上する途中の時津交差点付近には「時津まんじゅう」のお店が「3軒」立ち並び、名物となっています。

ドライブで通りかかった際、よくお土産に購入するのですが、今回は長崎県民の間でよく話題にのぼる「3軒の違い」について「川林まんじゅう」「藤山饅頭屋」「元祖 時津まんじゅう中村」をハシゴ取材。

甘さの奥に宿る、深~い「歴史のお話」も伺ってきました。

国道206号線の長崎から時津までは、かつての長崎街道の脇往還のひとつ「時津街道」とほぼ重なります。
長崎街道の中で最も古くから使われた道で、豊臣秀吉の命令により長崎の西坂で処刑された二十六聖人が京都から長崎へ送られたときに彼杵から船に乗って時津に上陸し、長崎まで歩いたルートです。
(小倉→嬉野→彼杵=(船)=時津→長崎)

江戸時代よりも前から長崎街道沿いの宿場町として賑っていた時津宿。
1955年(昭和30年)に西海橋が完成する前は佐世保方面に行くにも時津港から船に乗る必要があったため、
港町として多くの旅人が行き交ったのだそうです。

 

◆川林まんじゅう

2-500-20200528_113011

国道206号線沿い、長崎から佐世保方面に向かって左側に店を構える「川林まんじゅう」は、創業1914年(大正3年)。

3-500-108076795_1862227613914662_5512604344381907486_o

店内に入った途端、蒸したてのお饅頭の甘い香りがフワ~っと漂います。
なるべく熱々のできたてを提供できるように随時蒸しているのだそう。

4-500川林 (4)

川林さんの時津まんじゅうは、薄めの皮に包まれ昔ながらの甘さが特徴。
イースト菌や不要な添加物は使わず、昔ながらの自然発酵でのつくり方にこだわっています。

「時津で青春時代を過ごした若い人が卒業後にふらりと買いに来たり、東京などからインターネットで注文してくれるとが嬉しかとですよ」と奥さんが笑顔で話してくれました。

地方発送も可能。HPでの情報発信にも積極的に取り組んでいます。

川林まんじゅう
〒851-2105 長崎県西彼杵郡時津町浦郷441-6
電話 095-882-2402
営業時間 8:00~17:00(年中無休)
公式HP https://kawabayashimanjyu.com/
(HPより地方発送可能)
※時津まんじゅう1個70円(税込)

 

◆藤山饅頭屋

5-500-20200528_104658

6-500-20200528_104404

国道206号線を時津町役場方向に一本入り、八幡神社へと続く参道沿いにある「藤山饅頭屋」にお邪魔しました。
天保年間の創業との記録も残っている老舗です。

お婆さんによると「私が嫁いできた頃はまだ国道のできとらんで、ここらへんが時津のメインストリートで賑っとったとよ」とのこと。

7-500藤山 (2)

藤山さんの時津まんじゅうは、しっとりの皮、モチモチの生地。
甘すぎず滑らかなこしあんは、後を引く美味しさです。

藤山饅頭屋
〒851-2105 長崎県西彼杵郡時津町浦郷277-2
電話 095-882-2527
営業時間 8:30~17:00(不定休)
※時津まんじゅう1個70円(税込)

 

◆元祖 時津まんじゅう中村

8-500-20200528_102228

国道206号線沿い、長崎から佐世保方面に向かって右側に店を構える「時津まんじゅう中村」は、1830年(天保元)年創業。時津まんじゅうの中では一番の老舗。
かつて宿場町として賑った時津宿で茶屋を営んでいたご先祖が、旅人に饅頭を提供していたのが始まりだそうです。
江戸の昔から150年間ずっと変わらず、この地で饅頭を作り続けています。

9-500中村

中村さんの時津まんじゅうは、つるんと滑らかな皮としっかり目の詰まった生地、甘さ控えめのこしあんが誰にでも愛される定番の美味しさです。

元祖 時津まんじゅう中村
〒851-2105 長崎県西彼杵郡時津町浦郷301-16
電話 095-882-2340
営業時間 8:00~17:00(水曜休)
※時津まんじゅう1個70円(税込)

 

◆時津港 ウォーターフロント公園 日本二十六聖人上陸の地

10-800008076795_1862227613914662_5512604344381907486_o

時津港に隣接する「ウォーターフロント公園」で、潮風に吹かれながら3店舗の時津まんじゅうを食べ比べ。
子ども用の遊具もあるので、家族でのんびり過ごせます。

11

時津港に立つ「日本二十六聖人上陸の地」の石碑。
豊臣秀吉の命令により長崎の西坂で処刑された彼らは、京都から長崎へ送られる際、彼杵港から船でこの時津港に上陸、その後、長崎まで歩いたのだそうです。

隣には4体の恵比須さま。時津・浦郷の漁師たちが大漁を願ったものだと伝えられています。

12-500-20200528_122932

余談ですが、こちらは時津港と長崎空港を約25分で結ぶ海上タクシー。
大村湾を渡って海路で長崎空港に行くことができるこの航路は、ちょっとしたアトラクション気分が楽しめるので、地元の方の足としてはもちろん、観光客にも密かな人気なのだとか。
「日本二十六聖人上陸の地」の目の前から出港します。

詳細はこちら《安田産業汽船(株)HP》

 

◆最後に

前回のブログで2020年6月に日本遺産に認定された「砂糖文化を広めた長崎街道~シュガーロード~」
について詳しくご紹介しましたが、今回取り上げた「時津街道」はその脇往還のひとつ。
宿場町「時津」には今もなお、皆の心を笑顔にする甘くて優しい文化が息づいています。

関連記事:日本遺産「砂糖文化を広めた長崎街道~シュガーロード~」
http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-11475/

 

350砂糖瓶 中村

長崎らしい贈り物 「砂糖瓶」

「元祖 時津まんじゅう中村」で見つけたこちら。
お店の方に伺ったところ、長崎街道沿いらしい興味深い砂糖文化だったのでご紹介しておきましょう。

こちらは「砂糖瓶」と言って、西彼杵郡時津町・長与町あたりで「初七日」の法要の際、仏前に備えるお供え物(あげもの)の一種(一本3,500円)。地元では「砂糖まげ」とも呼ばれているのだとか。

瓶に美しく詰められた角砂糖の贈り主は決まって「女性」。
昔からお香典(現金)は男性が、砂糖瓶は女性が贈るという慣わしがあるのだそうです。
法要終了後、参列者たちは角砂糖を分けて自宅に持ち帰ります。

当時お金と同等の価値があった貴重な砂糖を贈るということは、この上ない気持ちの表れだったことでしょう。
砂糖が比較的手に入りやすかった長崎街道沿いならではの文化ではないでしょうか。
時津・長与エリアで今もなお「砂糖瓶」を製造販売しているのは、こちらのお店1軒のみとのことです。

◆問い合わせ先:元祖 時津まんじゅう中村
〒851-2105 長崎県西彼杵郡時津町浦郷301-16
電話 095-882-2340
営業時間 8:00~17:00(水曜休)

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓