↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

8491afe33b9a022328ae17729be1e090

こんにちは!ともっちです☆
文化の秋、そして…私はやっぱり食欲の秋。

今日のブログでは、
平戸のお殿様の旧邸宅「松浦史料博物館」敷地内にある
キッチン眺望亭をご紹介します。
・・(⇒松浦史料博物館の詳細はこちら)

和の佇まいの中にある洋食屋さん。
かつてポルトガル貿易で栄えた港町・平戸っぽくて良いですね~☆

500IMG_7006

その名の通り、平戸城や平戸のまちなみを見渡せる眺望の良いお店。
以前はお土産店&喫茶店でしたが、
2016年11月にカジュアルなレストランとして新たにオープンしました。

地元産の新鮮な食材を使ったイタリアンメニューが中心。
毎朝市場に買い出しに行き、旬の食材を楽しめる料理を提供しています。

ランチタイムはパスタランチ、ピザランチが各1,000円など、利用しやすい価格帯。
ディナータイムはワインを飲みながらゆっくりお洒落な時間を過ごせそう♪

500IMG_7017

「ベーコンエッグバーガー(950円)」

まず何と言っても稀少な平戸小麦で焼き上げられたバンズが堪らなく美味しいんです。
食感は粗めでザクザク&カリッ。そして小麦の香ばしさったら、もう!!
裏に塗られたガーリックバターもいい仕事してます~。

そして、主役は濃厚な旨みたっぷりの平戸和牛ハンバーグ。
とろ~りコクのある卵、味わい深いベーコンと相まって、
脳天まで幸せ♪

500IMG_7020

「平戸島豚ロースカツカレー(1,250円)」

眺望亭のシェフ小川さんは、
平戸豚に惚れ込んだのをきっかけに、
平戸への移住を決めたんですって。

そんな平戸豚ロースカツを一口食べて、その美味しさにびっくり!
ほんのり甘みがあって柔らかくてクセがない。
それでいて旨みが後から後から溢れ出てくる~!!
欧風タイプのまろやかなルーとの相性も抜群です。
なるほど…移住したくなるほどの深みのある美味しさとはこういうことなのでしょうか。

500IMG_7033

デザートには話題のドイツ風パンケーキ
「ダッチベイビー(900円)」をいただきま~す♪

フライパンでじっくり焼かれた熱々のパンケーキの上に、
フルーツたっぷりの冷たいアイスを載せていただきます。
(トッピングはミックスフルーツベリーまたはバナナチョコから選べるので、
今回はミックスフルーツベリーをチョイスしました。)

500IMG_7034

サクサク&ふわふわ。
シュークリームの皮っぽい食感が人気の秘密。
アイスが溶ける前に、熱さと冷たさの不思議な饗宴を楽しみましょう♪

 

◆キッチン眺望亭

所在地:長崎県平戸市鏡川町12(松浦史料博物館敷地内)
電話:0950-22-7898
公式HP:https://www.cyouboutei.com/

◆松浦史料博物館 基本情報(ながさき旅ネット)

【平戸お得情報】

◆レンタカー・公共交通機関ご利用で現金キャッシュバック!「平戸へ乗り割りキャンペーン」実施中!

◆世界遺産候補地を巡る「定期観光バス」運行中

平戸島の宿の予約はこちらから

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

| 出島表門橋完成&関連イベント情報

| ブログテーマ: イベント 長崎市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

表

こんにちは!ともっちです☆
2017年11月25日(土)出島表門橋がグランドオープン!!

130年の時を超え、
ついに、出島が再び橋で繋がります!!

鎖国をしていた江戸時代、日本で唯一、
西洋との窓口として開かれていた扇形の人工の島「出島」。
外界との唯一の接点は、出島と対岸とを結ぶ一本の「橋」だけでした。

出島へもたらされた最新の人・モノ・文化は全て
その「橋」を渡り、
江戸へ、そして全国へと運ばれていきました。

その後明治に入り役目を終えた出島は、周囲を埋め立てられて市街地の一部となり
「橋」も取り壊されたのですが…
このたび江戸時代の旧出島橋と同じ位置に、約130年ぶりに橋が架ります!!

当日は8:00~完成した出島表門橋を渡って出島に入場することができますよ♪
(朝8:00~市民による渡り初め・テープカットを実施)

また表門橋完成に伴い、25日以降は夜間21:00まで営業時間を延長(現行18:00まで)。
新しい出島をぜひご体感ください。
(11月24日(金)は、出島表門橋完成記念式典開催のため終日閉場)

 

500image

 

関連イベント【第5回 ナガサキリンネ】

11月25日(土)・11月26日(日)の2日間は、
出島の内部、そして再びかけたれた表門橋のたもとで
長崎でものづくりを行っている人々やおいしい食を提供している人、
伝統、文化にスポットをあてたマーケット&ワークショップが開催されますよ!

◆日時:
2017年11月25日(土)11:00~17:00
2017年11月26日(日)10:00~16:00
◆場所:長崎県長崎市長崎市中島川公園(出島対岸エリア)、国指定史跡「出島和蘭商館跡」
◆料金:国指定史跡「出島和蘭商館跡」企画展会場は出島入場料が必要(一般/510円)
◆問い合わせ先:095-828-1951 (ナガサキリンネ事務局(List: 内))
◆詳しくはこちら(ながさき旅ネット)

509無題

関連イベント【出島プロジェクションマッピング】

12月8日(金)・9日(土)・10日(日)の3日間は、
出島表門橋架橋・開通記念して
「出島プロジェクションマッピング」が開催されます!!
過去から未来に変化するアメージングな出島の夜をお楽しみください。

◆日時:2017年12月8日(金)・9日(土)・10日(日)
①18:00~ ②18:30~ ③19:00~ ④19:30~ ⑤20:00~
◆場所:〒850-8685 長崎県長崎市出島町6-1(史跡出島)
◆料金:大人(高校生以上):1,000円(前売り900円)/小中学生:500円(出島入園料込)
◆チケットのお求め(10月21日頃から発売予定)
長崎市役所 本館地下1階 生協売店/チケットぴあ【Pコード:991-355】
◆問い合わせ先:095-829-1314 (長崎市観光推進課)
◆詳しくはこちら(ながさき旅ネット)

 

その他、出島表門橋の完成に合わせ
さまざまなイベントが目白押し!!!
以下のURLを参考に、新しい「出島」を訪れてみてはいかがでしょうか☆

◆「出島」公式HP
◆出島表門橋架橋プロジェクト公式フェイスブック
◆関連ブログ「130年ぶり!出島表門橋ついに架橋!」
◆宿の予約はこちらから

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

666IMG_8160-1

こんにちは!ともっちです☆
2018年2月28日(水)まで佐世保・小値賀で実施中の「海風の国キャンペーン」。
(⇒前回のブログはこちら)

取材2日目は佐世保・相浦港から船に乗って約1時間、「黒島」へGo!Go!
今日も「限定ガイドブック」と「スマホ」を片手に海風の国を満喫しま~す♪

黒島は、440人ほどの人口の8割がカトリック教徒。
常に生活の中心に信仰がある半農半漁の穏やかな島です。
黒島天主堂を含む全島が2018年
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」のひとつとして
世界文化遺産に登録される見込みなんですよ!

1

フェリーを降りたら、まずは港にある「黒島ウェルカムハウス」へ立ち寄りましょう。
観光マップをはじめ、黒島のお土産が揃っています。

ここで電動アシスト付きのレンタサイクル(1時間300円)を借りて、
のんびり島をめぐるのがおすすめ。

500IMG_20171026_160357

◆世界遺産候補「黒島天主堂」 (GPSスタンプラリーポイント)

小さな島の丘の上に、驚くほど立派な大聖堂がそびえています!!
人口の8割がカトリック信徒というこの島では、
毎朝5時半の鐘の音を合図に教会に集いミサにあずかり、
それから1日がスタートするのだそうです。

明治35年にフランス人宣教師が設計、
島の信徒たちの労働奉仕により立てられたレンガ造りの教会。
内部は100年以上前にフランスからやって来たステンドグラスの厳かな光に包まれ、
有田焼のタイルが敷き詰められた内陣の床は、特有のエキゾチックな雰囲気を醸し出しています。

600IMG_8257

2018年夏 世界文化遺産登録見込み、
また2018年3月10日から公開の映画「坂道のアポロン」のロケ地にもなっている話題の教会です。

※見学の際は事前にインフォメーションセンター(095-823-7650)に予約が必要です。
また、2018年春頃から約30ヶ月間の改修工事予定に入る予定で、その間の見学はできません。

600IMG_8265

さて、撮った写真を早速、海風の国Instagramキャンペーンに投稿♪
特産品が当たるといいなぁ~。

※海風の国 佐世保・小値賀の公式アカウント @umikazenokuni をフォローし、
#海風の国  のハッシュタグをつけて投稿してくださいね。
(⇒詳しくはこちら)

600IMG_8218

◆激ウマ!!「島めし」

島内を散策しているうちに、もうお昼。
島内放送ののどかな音楽が平和な島を包みます。

ランチは漁師の奥さんが営む島の食事処で、
朝獲れの新鮮な海の幸をいただきま~す♪

…ってどう考えても3人分はありそうな贅沢な刺身の量に、
いやもうビックリ!!
特筆すべきはアワビ、サザエ、タコ、イカのお刺身。
コリコリしているかと思いきや、透き通るほどみずみずしくて、ほどよく柔らかくて、
今まで食べたなかで1・2位を争うくらいの感動的な美味しさでした!!
大きくて硬くて大豆のうまみたっぷりの「黒島豆腐」もぜひ味わって。
写真の島めし定食は2,000円ですが、刺身定食1,000円のほか、一品料理もあります。

○海鮮味処 さざんか(佐世保市黒島町144/0956-56-2807/要予約/営:12~14時)

600DSC_7444

◆蕨展望所(GPSスタンプラリーポイント)

黒島はどこを走っていても眼下にキレイな海が見えます。
青い海の向こうには五島列島。
キラキラ輝く海面と切り立つ断崖絶壁、優しくそよぐ草原。
展望所にはテーブルや椅子もあるので、
お茶でも飲みながらのんびりと癒されましょう。
(GPSスタンプも忘れずにGET)

600IMG_8173

他にも色々と黒島の魅力を取材してきたのですが、
それはまた改めてブログでご紹介することにして…。

15:30発の「フェリーくろしま」で佐世保・相浦港へ戻ります。

300DSC_7453

◆GPSスタンプラリーの景品GET

佐世保・小値賀にある33ヶ所のGPSチェックポイントで
集めたスタンプの数に応じてハウステンボス宿泊券など豪華景品が当たる
海風の国GPSスタンプラリー(⇒詳しくはこちら)。

今回の旅で私はスタンプを5個GETし、
佐世保観光情報センターでスマホ画面を見せてこんなグッズを貰いましたよ♪
(させぼバーガーボーイピンバッヂ&絵はがきセットor 海風の国エリアロゴ入り巾着袋)

※5ポイント獲得賞のみ佐世保駅構内の「佐世保観光情報センター」でのお渡し。
その他の賞はスマホで抽選に応募。

キャンペーンは2018年2月28日(水)まで。
海風の国をもっと旅したいなぁ。
今度は小値賀島や宇久島にも行ってみようかしら♪

◆海風の国キャンペーン公式サイトはこちら

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

| 海風の国キャンペーン 佐世保編 

| ブログテーマ: イベント 佐世保市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

表紙

こんにちは!ともっちです☆

九州の西の端にある「海風の国」佐世保・小値賀では
2017年10月1日(日)~2018年2月28日(水)まで、
「海風の国キャンペーン」を実施中です。

期間中はプレゼントがもらえる嬉しい企画が満載!!

「GPSスタンプラリー」
「Instagramキャンペーン」
「港街グルメフェア」
をはじめ、
海風の国を楽しめる各種イベントが随時開催されていますよ~♪

というわけで、
対象の宿泊プランを予約するともらえる
「限定ガイドブック(写真左)」と「スマホ」を片手に、
取材に行ってきました!!
(⇒対象の宿泊プランはこちら)

1

◆海風の国 GPSスタンプラリー(2017年10月1日~2018年2月28日)

佐世保・小値賀にある33ヶ所のGPSチェックポイントで
スマホを立ち上げスタンプをGET♪
集めたスタンプの数に応じてハウステンボス宿泊券など豪華景品が当たります。
(⇒詳しくはこちら)

 

◆海風の国 Instagramキャンペーン(2017年10月1日~2018年2月28日)

佐世保・小値賀は、
九十九島、海、歴史あるカトリック教会、グルメなど、
フォトジェニックがいっぱい!!
素敵な写真を撮ってInstagramにどんどん投稿しちゃいましょう♪
入賞者には長崎和牛などの特産品などが貰えますよ。
(⇒詳しくはこちら)

まずは人気の絶景スポットへGo!Go!

600DSC_7403

【石岳展望台】(GPSスタンプラリーポイント)

「うわ~九十九島が一望!!気持ちいい~♪」
ここ、映画ラストサムライのオープニングシーンのロケ地なんですって!!
関西からやってきたという2人組の女子大生にモデルになってもらいパシャリ☆

GPSスタンプラリーのスタンプを忘れずGETして、
Instagramにも投稿しちゃいましょう。
(駐車場から数十段階段あり)

600DSC_7416-1

【船越展望所】

石岳展望台から下ったところにある少し低い位置からの展望ポイント。
道路沿いにあるので車椅子やベビーカーでも楽しめます(駐車場あり)。
夕日の名所としても有名。

元高校教諭だったというこの男性カメラマンは、
毎日のように九十九島を撮影しに訪れるのだそうです。
今日は、シベリアからやってくる渡り鳥を待っているんですって。

 

◆港街グルメフェア(2017年10月1日~2018年2月28日)

ランチタイムは港まち佐世保らしいグルメを楽しみましょう♪
グルメフェアの参画店舗でパンフレットを見せて対象メニューを注文すると
佐世保バーガーボーイグッズが貰えますよ~。
(⇒詳しくはこちら)

500IMG_8104

14の参画店舗のうち、私がお邪魔したのは
四ヶ町アーケードにある創業昭和29年の老舗「白十字パーラー」
(佐世保市本島町4-19/電話:0120-022-831/http://www.hakuju-ji.com/cafe/

昔から佐世保っ子がちょっとお洒落しておでかけする
定番スポットですが、
創業当時はアメリカ海軍向けのパーラーだったそうです。

白十字パーラーでは2つの対象メニューをいただきました。

500IMG_8114

海軍さんの「ビーフシチュー」850円(税込/パン付き)

佐世保に縁の深い日露戦争時の海軍大将 東郷平八郎が
イギリス留学中に出会い、日本に伝えたといわれるビーフシチュー。
佐世保市内のお店で出されるものは
明治時代の日本海軍のレシピ本を元に作られた本格派です。

レトロ感たっぷりのデミグラスソースに包まれた
柔らかなお肉が口の中でとろける~!!
マイルドな味なので子どもから年配の方まで愛される人気メニューです♪
「ピアノの発表会の帰りにおばあちゃんに奢ってもらう」的な
懐かしい雰囲気が良いですねぇ。

500IMG_8110

海軍さんの「入港ぜんざい」600円(税込/塩昆布&お茶付き)

日本海軍時代、母港に帰港する前夜に船中で振舞われていた「ぜんざい」。
船員たちはその優しい甘さで疲れを癒し、
家族に会える喜びを噛みしめていたのでしょうね。
この習慣は現在の海上自衛隊にも受け継がれているんですって。

昔おばあちゃんが作ってくれたような、
しっかり甘くてボリュームたっぷりのぜんざいは、
塩昆布と一緒に食べると味わい深さが倍増。
栗とお餅が2つずつ入って大満足の一品です♪

500IMG_8269

ノベルティの佐世保バーガーボーイグッズ(どれかひとつ)も忘れずにGET☆
(お店でガイドブックを見せてね)

ごちそうさまでした~!!

26

そのあと、戦時中の防空壕を利用した「とんねる横丁(戸尾市場)」や、
四ヶ街アーケード内にある観光案内所「くっけん広場」などでも
GPSスタンプをGETしましたよ~☆

市街地にもたくさんチェックポイントがあるので
散策しながらどんどんスタンプを集めることができます。

今夜は佐世保市内のホテルに1泊。
明日は船に乗って世界遺産候補の教会がある「黒島」に上陸します!

続きは次回のブログで。
↓ ↓ ↓ ↓
http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-8218/

◆海風の国キャンペーン公式サイトはこちら

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

| ブック船長

| ブログテーマ: おみやげ 長崎市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

500IMG_7463

こんにちは!ともっちです☆
長崎市の中心部、眼鏡橋にほど近いアルコア中通りに
居心地の良い空間がオープンしていますよ♪

今年8月にオープンした「ブック船長」は、”長崎”にこだわった本屋さん。
テーマは「読む・書く・語る」。

①長崎にこだわった本を読む
②自分史を書く(つくる)
③本にまつわるイベントで語らう
の3つが楽しめる新感覚の本屋さんです。

(写真:ブック船長を運営している長崎文献社の副編集長・川良真理さん)

500IMG_7438

こぢんまりとした店内には船を模した4つの屋台が設置され、
この中でゆっくりと本を読んだり、自分史を作ったり、
イベントを楽しんだりすることができます。
(よく見ると天井も屋台と同じ角度で作られた船底のような形で素敵!)

500IMG_7448

長崎のレトロな版画ポストカードや

500IMG_7478

“長崎を知る・遊ぶ” 大人向けの季刊誌「楽」のバックナンバー、

500IMG_7456

そして長崎に関する本【約400種】がずらりと平置きで展示販売されており、
それらをゆっくり座って読むことができます。
なんと贅沢な空間でしょうか!!
「実際に手に取って、手触り・重さなどを確かめてほしい」(川良さん談)。

500IMG_7471

閲覧用の非売品コーナーには、
当時大きな話題になった「長崎じげ辞典」など
長崎に関する懐かしい本も!!

500IMG_7462

壁側の閲覧スペースには、帆を張ったヨットのような椅子が並んでいます。

豪華客船の家具を作る専門職人にオーダーしたというこだわりの椅子に座り、
「長崎」に囲まれるひと時は、まるで船の中にいるみたいに静か。
プライベート感があり、ほどよく抱きしめられている幸せ感に浸ることができます。

この「二段ベッドの下の段的な、お篭もり感」がイイんですよね~。
温かな照明と心地よい椅子に抱きしめられながら、ついつい長居しちゃいそう♪

500DSC_7490

◆自分史

自叙伝って、大学の偉い先生とかが出版するもの…と思っていませんか?
ブック船長では、自分史が静かなブームの今、少ページ&少部数で
一般の人でも気軽に出版できるようしっかりサポートしてもらえます。

ブック船長を運営している長崎文献社の副編集長・川良さんは、
長年に渡り長崎の第一線で活躍するベテラン編集者。
心地よい相談カウンターに腰掛けながら、
川良さんが一から相談に乗り、一緒に作り上げてくれるというから心強いですよね。
インターネット注文とは違い、“顔が見える”対面相談はやっぱり魅力的。
ど~んと大船に乗ったつもりで相談してみては?
(16ページ、48ページの2種類、表紙カラー、30部10万円~)

◆イベント

ブック船長では、月2回ほど本や長崎にまつわるイベントを開催。
ざっくばらんな雰囲気で著者や編集者を囲んで行うトークイベントなどは、
地元の方も観光の方も楽しめるとあって人気を集めています。

本屋さんというよりも、
本を中心としたコミュニティスペースといった感じ。
ちょくちょく立ち寄りたくなっちゃいますね♪

また、レンタルスペースとして2時間3,000円で借りることも可能。
会議やちょっとした集まりに利用してみては?

長崎に関する本をキーワードに色々な展開を計画している
「ブック船長」から、目が離せませんね!

 

【ブック船長】

〒850-0851 長崎市古川町3-16(アルコア中通り)
TEL 095-895-9180/FAX 095-895-9181
営業時間:平日10:30~19:00/土日祝日:12:30~18:00(無休)
最新情報はfacebookで

 

1

【近くのおすすめスポット】

◆眼鏡橋(基本情報)
◆モデルコース「眼鏡橋界隈でフォトジェニックスポットを探そう」
◆まちぶら案内所「もてなしや」&カフェ「ブリッジ」
◆まちぶら案内所「もてやしや」2号店
◆長崎和チョコ「加加阿伝来所」
◆チョコの量り売り専門店「チョコレート市場」
◆まちやコスメ「てふてふ」
◆近金果実店の絶品スムージー

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓