↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

IMG_1024

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

長崎名物トルコライスを紹介する不定期シリーズ「長崎トルコライス紀行」第2回。
(一覧目次はこちら)

長崎を代表する観光地のひとつ眼鏡橋近くに2019年9月にオープンした
トルコライスがメインのダイニングバー「キッチンnello(ネロ)」をご紹介します。

500IMG_1017

入口にある印象的な石造りの柱が目印。

トルコライスをこよなく愛する店主 佐藤さんが、
かつて長崎にあったトルコライスの名店「アストリア」の味が忘れられず、
同店の味を可能な限り再現しオープンしたお店です。

500IMG_1014

店内はソファ席1、テーブル席2の他、カウンター席があります。
ダイニングバーらしい大人っぽい雰囲気。

IMG_1024

◆自家製ローストビーフトルコ(税込1,280円 / みそ汁付き) ※ 限定10食

上質な牛肉をこだわりのロースターで手間隙かけてじっくり蒸し焼きにした逸品。
ロースとビーフが贅沢に10切れも載っています♪

トルコライスといえばボリューミーなものが多いのですが、
こちらは分量がやや少なめなので女性にもおすすめ。
たくさん食べたい人は+200円で大盛りにできます。

スパゲティはややアルデンテ気味のほどよい固さと太さ。
ナポリタンってシンプルな料理だけれど、美味しい店ってなかなかないんですよね。
パラリとしたドライカレー。
シャキシャキの野菜も嬉しい。

IMG_1026

◆隣の人が食べていた普通のトルコライス(税込850円 / みそ汁付き)

サクサクのカツが美味しそう!

クラフトビールが楽しめるので、ビール好きの方にもおすすめです。

また、ペットの同伴が可能だそうなので、
ワンちゃんとのお散歩途中に立ち寄るのも良いですね。

5037[2] - コピー

キッチンnelloがある眼鏡橋界隈はトルコライス激戦区。
プリムローズやPonte(ポンテ)などの人気店が並んでいるので、
食べ比べてみるのも楽しいかもしれませんね。

次はどこのトルコライスを食べようかなぁ。

【キッチンnello(ネロ)】
所在地:〒850-0851 長崎市古川町3-2共同ビル1階(一二三亭の左横)
電話番号:095-801-0850
営業時間:12:00~15:00(L.O.)/ 17:30~0:00
定休日:不定休
公式instagram
このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

IMG_1038-1

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

長崎名物トルコライスを紹介する不定期シリーズを、ゆるっと始めたいと思います。
題して「長崎トルコライス紀行」。

トルコライスとは、60年ほど前に長崎で生まれた洋食のワンプレートランチ。
ピラフ、スパゲティ、ポークカツなどが一皿に盛られた、ボリューム満点の「大人のお子様ランチ」です。
長崎市内を中心に数多くの飲食店で、趣向を凝らしたオリジナルのトルコライスを楽しむことができます。
※ネーミングの由来が気になった方はこちら (⇒ 長崎市役所公式HP)

500IMG_1080

第一回目となる今回は、長崎っ子の私が小さい頃から幾度も通った
九州最古の喫茶店「ツル茶ん」をご紹介します。

創業は大正14年。
蓄音機から流れる洋楽を聞きながら自家製のアイスクリームやケーキを楽しめる
モダンな喫茶店は一躍話題になったそうです。

看板メニューは、
約10種類ものバリエーションを誇る「トルコライス」と
初代が考案した「元祖 長崎風ミルクセーキ」。

IMG_1038-1

◆昔懐かしトルコライス 1,380円(税込)

サクサク&ボリューミーなポークカツに、コクのある洋食カレーをトッピング。
ほんのり甘めのスパゲティナポリタンや
風味豊かなバターライスとの相性もぴったりな定番人気の一皿です。
小さい頃に食べた昔懐かしいトルコライスに、お腹も心も満足!!
あ~懐かしいこの味。

 

IMG_1050-1

◆ジパングトルコ 1,380円(税込)

ポークカツにかかっている和風テイストの照り焼きソースとマヨネーズが、甘辛くてクセになりそうな美味しさ。
バターライスとの相性も○です。
和風な味付けなので、日本的なグルメを体験したい外国人の方にもおすすめとのこと。

2019年9月にデビューしたユニークな新メニュー。
トルコライスの可能性は無限ですね!

IMG_1065-1

◆元祖長崎風ミルクセーキ 720円(税込)

長崎名物として知られる「食べるミルクセーキ」はツル茶んの初代が考案したんですって!
(長崎ではミルクセーキは飲み物ではなく食べ物なのです!)
とっぺん(長崎弁で「てっぺん」の意味)に鎮座した赤いチェリーもどこか懐かしい雰囲気。
スプーンで口に運ぶと、ひんやりと優しい甘みが口の中でスーっと心地よく溶けていきます。
夏だけでなく一年中注文できますよ。

500IMG_1075

時代を感じるシャンデリア

500IMG_1073-1

レトロ喫茶好きにもおすすめ。

歴史を感じる店内は、
長崎市のまちあるき観光メニュー「長崎さるく」の「レトロ見聞館」にも指定されています。

500IMG_1072

長崎県民が選んだおすすめグルメ店100を紹介する
「ながさき県民おすすめ!グルメセレクション」では、
グルメ部門とフォトジェニック部門をダブルで受賞しました。

◆「ながさき県民おすすめ!グルメセレクション」
https://www.nagasaki-tabinet.com/n-selection/2017nintei.cfm

【ツル茶ん】
所在地:〒850-0832 長崎県長崎市油屋町2−47
電話番号:095-824-2679
営業時間:9:00~21:00(ラストオーダー21:00まで)
定休日:年中無休(元旦のみ休業)
https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/64362/

※外国語メニューあり(英語、中国語(繁)(簡)、韓国語)

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

1

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

顔ハメ看板…それは全国津々浦々の観光地などに設置された
ユニークな記念写真を撮るための、おもてなしアイテム。

ご当地名物などを描いた薄い板にぽっかりと開いた丸い穴に
「にゅ」っと顔をハメることができるアレです。

旅先で見つけると思わず写真を撮りたくなるけれど、
正直ちょっと、こっ恥ずかしい。
という微妙なやつ…。

と思っていたら、
「顔ハメ看板にハマること」を目的に全国を旅をする
「顔ハメ看板ニスト」の塩谷朋之さんが先日、長崎県庁に来訪。

2 500image2

塩谷さんは、仕事の傍ら全国各地で顔ハメ看板の写真を撮り続け、
ハマった看板の数は2019年現在で4,000枚以上というツワモノ(普段は東京在住の会社員)。

このたび日本初となる各都道府県の顔ハメ看板を紹介していくシリーズ本

その名も【顔ハメ百景】を出版したのだとか !(゚Д゚ノ)ノ

しかも、記念すべきその第一弾は「長崎」!!

ページをめくってみると、
長崎市内や県北・県央・島原半島などの本土地域はもちろん
対馬・壱岐などの離島地域にいたるまで、
長崎県の魅力がユニークな切り口で紹介されています。

3

個人的に気に入ったのはこの2枚。

左)長崎ペンギン水族館で、あえてペンギンではなく
長崎名物の珍味「からすみ」になりきった1枚。
シュールすぎます…。

右)長崎銘菓「クルス」の、ステンドグラスが長崎らしい顔ハメ看板。
こんな可愛らしい看板でもあえて無表情で写真に収まる塩谷氏。
こだわりが感じられます。

4 500image4

長崎県庁で行われた出版記者会見の様子

観光地などを訪れた際は、恥ずかしさを噛み締めつつも
「顔ハメ看板」にハマってみると、新たな旅の楽しみを発見できるかもしれません(^▽^)/

5 500DSC_6462

長崎県内の顔ハメ看板をエリア別に紹介した塩谷さんの新刊はこちら。
巻末にはモデルコースもあり!

【顔ハメ百景 長崎 天領ぶらぶら編】
著者:塩谷朋之
発行所:阿佐ヶ谷書院
発刊日:2019年10月20日
定価:1,000円 + 税

◆「顔ハメ看板ニスト」塩谷朋之さんのTwitterはこちら
https://twitter.com/shioya20

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

| ローマ教皇が長崎をご訪問!!

| ブログテーマ: お知らせ 長崎市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

1-115

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

2019年11月24日(日)、ローマ教皇フランシスコ台下が長崎を訪問されました。
ローマ教皇の訪日および来県は1981年のヨハネ・パウロ2世以来、38年ぶり。
今回の長崎訪問では朝から爆心地公園日本二十六聖人殉教地(西坂公園)を訪問されたあと、
午後からは長崎県営野球場で3万人規模のミサを行いました。

※ 私は県営野球場の観光案内ブース対応をしていたので、ミサ会場の様子を中心にご紹介します。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

38年前にローマ教皇が長崎を訪れた際は大雪だったそうですが、
今回のご訪問は、朝から雷鳴が轟く大雨…。

◆爆心地公園にて

朝の飛行機で東京から長崎に到着されたローマ教皇は、雨が降りしきる中、
爆心地公園で長崎原爆の犠牲者らに祈りを捧げ、核兵器廃絶と平和に関するスピーチを行いました。

《スピーチの全文はこちら(長崎県国際課HP)》

3

4

 

◆日本二十六聖人殉教地(西坂公園)にて

次に日本二十六聖人殉教地(西坂公園)
を訪れたローマ教皇は、雨が降り続く中、キリスト教禁教期に長崎・西坂の地で殉教した二十六人聖人たちに祈りを捧げ、スピーチを行いました。

5
6

 

◆午後は長崎県営野球場で、3万人規模の教皇ミサ

私はこの日、朝から県営野球場の観光案内ブース対応をしていました。

午前中は雷鳴が轟く大雨。
参列者の方々は屋外の野球場で雨に濡れながら長時間待たれていたのですが…。

驚くことにミサが始まる前には天気が一転!!
青空が広がりパーッと太陽の光が射し、汗ばむほどの陽気となりました!!

2

1

満を持してローマ教皇が入場されると、会場からは

「パパ様~!!!!」

という大歓声が湧き起こります。

ローマ教皇は専用車「パパモービル」に乗って笑顔で手を振りながら場内をまわり、ミサに臨まれました。

11

祭壇には長崎原爆で倒壊した浦上天主堂から見つかった「被爆マリア像」(写真右手)も。

ミサ終了後、参列者の方々が晴れ晴れとした明るい表情で会場をあとにされていたのが印象的でした。

8

この日、私たち県の観光振興課はミサ会場の入口に案内ブースを設け、
国内外からお越しになった参列者の方々に観光案内をさせていただきました。

ミサの当日や翌日は、今回ローマ教皇が訪問された爆心地公園や日本二十六聖人殉教地(西坂公園)、
「日本の聖母マリア像展」が開催中(12/7まで)の長崎歴史文化博物館などを訪れる方も多かったようです。
また五島列島や平戸など、世界遺産に登録された潜伏キリシタンに関連する地域への問い合わせもありました。

私たちのお隣には「オフィシャルグッズコーナー」。
限定グッズが人気を集めていました。

松尾補佐撮影-500

ミサ会場の入口には、ローマ教皇と一緒に写真を撮れるフォトコーナーも。
(うっかりツーショット写真を撮り忘れたのが悔やまれます)

10-111

長崎での全行程を終えたローマ教皇は、
長崎空港から専用機で次の訪問地である広島へと飛び発たれました。

私自身はキリスト教徒ではありません。
ですが、長崎県民として、日本国民として
ローマ教皇が長崎から発信してくださった核兵器廃絶と平和のメッセージを、今一度かみ締めたいと思います。
《爆心地公園での核兵器廃絶に関するスピーチの全文はこちら(長崎県国際課HP)》

 

【関連情報】

◆長崎県観光ポータルサイト「ながさき旅ネット」では、ローマ教皇の来日を記念し、
特集ページ【長崎から平和を願う~世界遺産と祈りの旅】を公開中です。ぜひご覧ください。
https://www.nagasaki-tabinet.com/feature/20191124/top/

 

長崎歴史文化博物館で開催中の「日本の聖母マリア像展」では、ローマ教皇がご覧になったマリア観音像とロザリオのほか東京国立博物館所蔵の貴重な資料など58点が展示されてます(2019年12月7日まで/無料)
http://www.nmhc.jp/

 

長崎原爆資料館では、爆心地公園での式典で使用したロウソク台(バチカン製/教皇の紋章入り)や直筆のメッセージをはじめ、ローマ教皇関連の品々が展示されています(2020年3月末まで/無料)
https://nabmuseum.jp/

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

| 波佐見皿山器替まつり

| ブログテーマ: イベント 波佐見町

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

波佐見皿山器替まつり2019

(チラシのダウンロードはこちらをクリック)波佐見皿山器替まつり

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

早いもので明日から12月。
というわけで、師走におすすめのイベントをご紹介します。

12月7日(土)~8日(日)に波佐見町で開催される
「波佐見皿山器替まつり(はさみさらやま きがえまつり)」は、

家庭で使わなくなったり、欠けてしまった器を持参すると、
その器と交換で、
お好きな新しい器を50%OFFで購入できる師走恒例のお祭り(各店お1人様につき1個)。

家庭から持参した器は、建築関係の骨材としてリサイクルされるのだとか。

新たな器に「器替えて(きがえて)」新鮮な気持ちで新年を迎えることができ、
なおかつエコにも繋がる師走におすすめのイベントです。

8日(日)には県指定無形民俗文化財「皿山人形浄瑠璃」の公演もありますよ。
(13:30皿山人形浄瑠璃会館にて)

 

【第15回 波佐見皿山器替まつり】
◆会場:〒859-3727 長崎県東彼杵郡波佐見町皿山郷周辺
◆期間:2019年12月7日(土)~12月8日(日)
◆時 間:9:30~17:00
◆駐車場:無料完備(チラシ参照)
◆交通アクセス:
< 自家用車 > 西九州自動車道 波佐見・有田ICから車で10分
< 路線バス > 佐世保バスターミナルから西肥バス 嬉野方面行きに乗車、「皿山バス停」下車すぐ
◆問い合わせ先:
波佐見町役場 商工振興課 電話:0956-85-2162
aiyu(アイユー)電話:0956-85-2600
基本情報はこちら
(チラシのダウンロードはこちらをクリック)

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓