↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

こんにちは!ともっちです☆
いよいよ10月の本番まで1ヶ月を切った「長崎くんち」。

前回の「コッコデショ」に引き続き、
今回のブログでは出島町の「阿蘭陀船」と
東古川町の「川船」の稽古(場所踏み)風景をご紹介します。

【関連記事】
長崎くんち稽古レポート① 椛島町「太皷山(コッコデショ)」
長崎くんち稽古レポート③ 本古川町「御座船」・大黒町「唐人船」

※出演者は稽古時にはカジュアルな服装ですが、本番では壮麗な衣装で演技を行います。

600IMG_7400

◆出島町「阿蘭陀船」

江戸時代、日本で唯一の西洋との貿易窓口であった出島の歴史にちなみ、
「阿蘭陀船」を奉納する出島町は、
子どもたちによる可愛らしい本踊りの稽古からスタート。
暑い中、浴衣姿で頑張る女の子たちもだんだん踊りが板に付いてきました。

600IMG_7406

いよいよ阿蘭陀船が始動。
ご覧ください、この真剣な目!!
惚れ惚れしちゃいますよね~☆

600

静と動のメリハリが印象的な阿蘭陀船。
西洋楽器の華やかなお囃子に乗って、まずは豪快な船廻し!!
スピードを上げて力強く廻ります。

…かと思えば、
ゆ~っくり静かな船廻しに変化。
「オルゴール廻し」と名づけられたこの技は、
緩やかな動きだからこそ力が必要で難しいのだそうです。

600IMG_7443

船尾の根曳たちは、まさに縁の下の力持ち。
船の下に潜り込んでぶら下がり、船廻しの軸になります。

500IMG_7478

◆東古川町「川船」

「ヨーヤーセー♪」の掛け声とともに
船頭さんが網打ちの稽古。
パーっと放たれた網に色とりどりの魚がかかり
「大漁」です!!
また東古川町は、根曳が唄う船歌が、風情があって素敵なんですよ~♪

600IMG_7455

川船はスピーディーな船回しが命。
子どもたちが奏でる鉦の音にあわせ、軽快に回転します!

川船を奉納する町は全部で7ヶ町ありますが、
見比べてみるとそれぞれに特徴があって味わい深いんですよ~。

325 550

諏訪神社・長坂のギャラリーからは
「ヨイヤー!!(素晴らしいという意味)」
「もってこーい!!(アンコールの意味)」という声援が飛びます。

長崎くんち本番まであと1ヶ月。
今から本番が楽しみですね!!

次回は本古川町の「御座船」と
大黒町の「唐人船」をご紹介しますのでお楽しみに☆

【稽古を見に行こう!】

各踊り町は連日各所で「場所踏み」と呼ばれる稽古を行っています。
どなたでも自由に見学が可能ですので、
一足先にくんち気分を味わってみてはいかがでしょうか。
(本番よりも近くでじっくり見れるチャンスですよ~)

◆9月の場所踏み(稽古)予定表
http://nagasaki-kunchi.com/basyofumi09_2018.pdf

 
【関連記事】
長崎くんち稽古レポート① 椛島町「太皷山(コッコデショ)」
長崎くんち稽古レポート③ 本古川町「御座船」・大黒町「唐人船」

【平成30年 長崎くんち】

開催期間:2018年10月7日(日)~9日(火)※毎年同日開催
開催場所(本場所):〒850-8541 長崎県長崎市(諏訪神社、中央公園、大波止お旅所、八坂神社
(その他、「庭先回り」といって、市内中心部で自由に見ることができます)
問い合わせ先:095-822-0111 (長崎伝統芸能振興会(長崎商工会議所内))
公式ホームページ:http://nagasaki-kunchi.com/

◆長崎県の宿の予約はこちらから
https://www.nagasaki-tabinet.com/stay/

人気ブログランキングに参加しています!
クリックして応援してしてくださると嬉しいです(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

7001

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

こんにちは!ともっちです☆
長崎くんち本番まであと1ヶ月を切りました。
先日、諏訪神社で行われた稽古(場所踏み)を取材してきたのでご紹介します!

今日のブログで取り上げるのは、長崎くんちで1・2を争う人気の出し物
椛島町の「太皷山(コッコデショ)」。
(次回以降も他の踊り町を紹介予定です)

【関連記事】
長崎くんち稽古レポート② 出島町「阿蘭陀船」・東古川町「川船」
長崎くんち稽古レポート③ 本古川町「御座船」・大黒町「唐人船」

600IMG_7190

◆ちなみに「長崎くんち」とは・・・

毎年10月7・8・9日の3日間開催される
諏訪神社の秋の大祭(国指定重要無形民俗文化財)。
江戸時代初期にはじまり、今年で384年もの歴史を誇る長崎くんちは、
かつて長崎が海外貿易港として栄えたことから、
和・洋・中の文化が融合したエキゾチックで勇壮華麗な出し物が多いのが特徴です。
長崎市内にある59の踊町が、
それぞれ7年に一度の当番の年に踊りや出し物を奉納します。

◆平成30年の踊町(おどりちょう)は7ヶ町

小川町  傘鉾・唐子獅子踊
大黒町  傘鉾・唐人船
椛島町  傘鉾・太皷山 (コッコデショ)
出島町  傘鉾・阿蘭陀船
本古川町 傘鉾・御座船
東古川町 傘鉾・川船
紺屋町  傘鉾・本踊

600IMG_7206-2

◆椛島町の「太皷山 (コッコデショ)」

力強い掛け声に合わせ、波打つようゆっくりと左右に揺れながら登場する太皷山。
背を大きく反らせて采を振る少年たちにご注目ください!!
(これ、少年の足の甲を真下にいる担ぎ手が押さえているだけなんですよ!)

600IMG_7250

見どころは何と言っても約1トンの太皷山を天高く放り投げ、
片手でキャッチする大技「天空舞」!!

美しく決まりました!!
ヨイヤー!!

600IMG_7267

36人の担ぎ手はオーデションで選ばれた精鋭たち。
鍛え上げられた体で約1トンの太皷山を3日間担ぎ、天高く放り上げる神業を繰り返します。

くんち期間中の追っかけだけでなく、
稽古の時から毎日のように応援に来る熱狂的なファンも多いんですよ!

600IMG_7300

赤い頭巾を被り、太皷を叩くのは小学校高学年の少年たち。
1台の和太鼓を4人で心をひとつにして叩きます。

太皷山にはお囃子はなく、
使われる楽器はこの和太鼓のみというシンプルさ。
これに呼応する担ぎ手の力強い掛け声と、
少年たちの爽やかな高い声の対比が大きな魅力のひとつです。

600IMG_7326

最後は采振りの4人の少年を乗せて退場。
最後まで気を抜かず、一糸乱れぬ動きはため息モノです。

(本番では太皷山を覆っているカバーが外され、色鮮やかな五色の座布団がお目見えします。
また、出演者も練習時はカジュアルな服装ですが、本番では勇壮な和装で演技を行います。)

IMG_7454

本番1ヶ月前の稽古にも関わらず、
長坂のギャラリーからは
「ヨイヤー!!(素晴らしいという意味)」
「もってこーい!!(アンコールの意味)」という声援が。

今回使われる太皷山の山車は、福島県産のヒノキを使って新調されたもの。
前回、椛島町が踊り町だった7年前(2011年)は、東日本大震災が起こった年でした。
椛島町の太皷山関係者が
同震災で被災した東電福島第一原子力発電所の30km圏内にある福島県川内村にエールを送ったことがきっかけとなり、
今回、同村から山車の材料となるヒノキの無償提供があったのだそうです。

また樺島町は、今回の長崎くんちから
踊り町名の表記を「樺島町」から「椛島町」に、
「太鼓山」の表記を「太皷山」にそれぞれ戻します。

気持ちも新たに奉納される平成最後の「太皷山(コッコデショ)」
本番が楽しみですね!

各踊り町は連日各所で「場所踏み」と呼ばれる稽古を行っています。
どなたでも自由に見学が可能ですので、
一足先にくんち気分を味わってみてはいかがでしょうか。
(本番よりも近くでじっくり見れるチャンスですよ~)

◆9月の場所踏み(稽古)予定表
http://nagasaki-kunchi.com/basyofumi09_2018.pdf

50039686734_1268782133259216_4836073105883398144_n

【椛島町 太皷山(コッコデショ)公式グッズ】

町内にあるデザイン&印刷ショップ「プリオ」で販売中です。
手拭い(2種×2色)、鉢巻、ミニ采、手拭いバッグなど。
(所:長崎市樺島町8-7/電:095-870-1188/営:9:00~18:00(日・祝休))

【平成30年 長崎くんち】

開催期間:2018年10月7日(日)~9日(火)※毎年同日開催
開催場所(本場所):〒850-8541 長崎県長崎市(諏訪神社、中央公園、大波止お旅所、八坂神社
(その他、「庭先回り」といって、市内中心部で自由に見ることができます)
問い合わせ先:095-822-0111 (長崎伝統芸能振興会(長崎商工会議所内))
公式ホームページ:http://nagasaki-kunchi.com/

【関連記事】
長崎くんち稽古レポート② 出島町「阿蘭陀船」・東古川町「川船」
長崎くんち稽古レポート③ 本古川町「御座船」・大黒町「唐人船」

◆長崎県の宿の予約はこちらから
https://www.nagasaki-tabinet.com/stay/

人気ブログランキングに参加しています!
クリックして応援してしてくださると嬉しいです(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

| 第26回 秋の県産品まつり 開催中!

| ブログテーマ: イベント 長崎市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

0 500IMG_7597

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

こんにちは!ともっちです☆

長崎県内の「うまかもん」「よかもん」58店舗・約2,000商品が大集結!
毎回私が楽しみにしている「秋の県産品まつり」が
9月11日(火)まで、長崎市の浜屋百貨店で絶賛開催中です♪

今回もまたまた魅力的な商品がたくさんありすぎて迷っちゃいますが、
私が気になった話題の商品をピックアップしてご紹介しますね。

1.

2

〈初出店・実演〉 洋食と珈琲の店トロル(壱岐市)

壱岐牛焼肉弁当(1,500円)/壱岐牛ハンバーグ(900円)
「ジュワー」!!おいしそうな焼き音と匂いに思わずお腹がグー・・・。
希少な高級和牛である「壱岐牛」が味わえるとあって、長い行列ができていました!!

5

〈初出店〉 ぷるたま工房(佐々町)

松浦市にある「みすみ養鶏場」の新鮮たまごを使った
「たまごやさんのぷるプリン(200円)」が大人気!!
こだわりの新鮮たまごは1盛340円で販売されています。

7 500IMG_7622

〈初出店〉 グリーズハウスナガセ(長崎市)

粗びきスモークウインナーの粒々食感と芳ばしさが堪りません!!
長崎県産の豚を使用した、保存料・着色料・小麦粉・卵不使用の低添加商品を扱うお肉屋さん。
人気3点詰め合わせはお得な1,500円です。
(粗びきスモークウインナー約110g、生ソーセージ約105g、ベリーロール約60g)

3

〈実演〉 三井楽水産(五島市)
五島鬼鯖鮨(1,620円)

毎回行列ができる超人気商品。
新鮮なぶ厚いしめ鯖がどーんと載ったお鮨は食べごたえ十分です!!
実演販売をしているので、出来立てをぜひ味わって!!

4

〈新商品〉ベジ・ドリーム(雲仙市)
雲仙ナチュラルドレッシング(各432円)

雲仙産の野菜で作った自然派ドレッシングは、
たまねぎ・にんじん・いちご・みかん・セロリの5種類。
見た目にも美しいので、プレゼントにもよさそう!

6

〈実演〉 ベルビーチ(佐世保市)
佐世保Bigバーガー(1,080円)
佐世保レモンステーキサンド(880円)

佐世保バーガーの人気店からは、ボリュームたっぷりのメニューが登場。
レモンステーキサンドをこの日のランチにいただきましたが、
やや甘辛いステーキにレモンの風味が効いていてさっぱりいただけましたよ♪
カリッとトーストされたパンも◎

8

〈初出店〉 サンドブラストあるく(諫早市)
アロマペンダント(1,600円~)
デザイングラス(980円~)

県内唯一のサンドブラスト(彫刻の一種)職人 藤本さんの作品が初登場。
前向きな言葉と優しいデザインに心癒されます。
高価なイメージのあるサンドブラストを手に取りやすい価格で提供しています。

9

◆梅ヶ枝荘(大村市)
<左:新商品>  穴子の黒田五寸巻き(1,296円)※各日30本限り
野菜をシート状に加工した「ベジシート」で包んだ穴子寿司は、新しい食感です!

長崎県物産振興協会 原口さん
「長崎の“よかもん、うまかもん” いっぱいあるけん、ぜひお越しください!」

「秋の県産品まつり」の開催は11日(火)まで。
お誘い合わせのうえ、足を運んでみられてはいかがでしょうか☆

【第26回 秋の県産品まつり】
開催期間:平成30年9月5日(水)~11日(火)
営業時間:10:00~19:30 ※最終日は17:00まで
会  場:(株)浜屋百貨店8階催事場(長崎市浜町7-11)

◆長崎県の宿の予約はこちらから
https://www.nagasaki-tabinet.com/stay/

人気ブログランキングに参加しています!
クリックして応援してしてくださると嬉しいです(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

6002

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

こんにちは!ともっちです☆

「海を渡って島原半島へ。」
かつて長崎・茂木港~小浜温泉間を結んでいた「幻の航路」が、
昨年に続き、今年も期間限定で復活します!!

▼雲仙シーライナー運航期間
9月15日(土)・16日(日)・17日(月祝)
9月22日(土)・23日(日祝)・24日(振休)

1日3往復6便運航(時刻表はこちら)

▼運賃
片道 1,000円(税込/要予約)
往復 1,800円(税込/要予約)

shimakanren_pamph_A4-03

長崎の茂木港と小浜港。
両港の間には、明治から戦前頃まで
橘湾を横断する蒸気船が運航しており、
小浜温泉への湯治客はもちろん、
避暑地・雲仙にバカンスに出かける長崎の外国人など、
多くの人々がこの航路を利用し、島原半島を旅したのだそうです。

そんなロマンあふれる「幻の航路」が、
今年も期間限定で復活します。

 

以下は、昨年取材した様子をご紹介します。

まずは長崎市内中心部から路線バスに乗り、船乗り場がある茂木港へ。
(長崎駅前南口から約27分/大人270円)

どこか懐かしい雰囲気と新鮮な魚料理を出すお店が並ぶ、小さな港町です。

6002

茂木港を出港した船は橘湾を快走。
一路、小浜温泉を目指します。

甲板で心地よい海風を楽しみながらのクルーズは、
わずか40分のプチ船旅にも関わらず、
旅のロマンを十分に感じることができます♪

波穏やかな橘湾は船の揺れも少なく、
静かで美しい海と緑の山々を眺めているうちに
「もうすぐ到着しますよ」との声。

6003

温泉街の湯けむりに吸い込まれるように、着岸。

6004

小浜温泉の中心にある小浜港に到着。
温泉街のあちこちから湯けむりがモクモクと湧き上がり、風情たっぷりです!

早速ひとっ風呂!!と行きたいところですが、
ちょうどお昼前なので「小浜ちゃんぽん」を食べることに。

500DSC_1430

長崎名物のちゃんぽんは、
かつて長崎と小浜とを繋いでいたこの航路によって伝わり、
この温泉街に溶け込み、独自の進化を遂げたのだそうです。

500-_facebook_1482376628108

小浜港に到着後は、小浜温泉はもちろんですが、
路線バスを使って雲仙温泉(上の画像)や口之津方面など、
島原半島を周遊するのもおすすめです!

雲仙シーライナーと島鉄バスをセットにした
一日乗り放題のワンデイパスも販売されますよ♪

▼運賃・販売所など詳細はこちら
https://unzen-sealiner.jimdofree.com/ホーム/ワンデイパス/

10a

また、雲仙温泉から世界遺産「原城跡」に行くこともできる「特別周遊バス」も運航します。
(雲仙温泉~世界遺産・原城跡~口之津港間)
周遊バスの運賃は…なんと無料です!!

▼特別周遊バス時刻表
http://www.shimakanren.com/files/TopicDetail/TopicDetail_6485_file.png

9月の連休はぜひ「海を渡って島原半島へ。」
出かけてみてはいかがでしょうか☆

shimakanren_pamph_A4-04

▼雲仙シーライナー運航期間
9月15日(土)・16日(日)・17日(月祝)
9月22日(土)・23日(日祝)・24日(振休)

1日3往復6便運航(時刻表はこちら)

▼運賃
片道 1,000円(税込/要予約)
往復 1,800円(税込/要予約)

◆最新の運航状況などはこちらでご確認ください。
https://unzen-sealiner.jimdofree.com/

◆ご予約・お問い合わせ先
島鉄観光株式会社 島原旅行センター
0957-63-2341(9:30〜17:30/年中無休)

◆雲仙・小浜の宿の予約はこちらから

人気ブログランキングに参加しています!
クリックして応援してしてくださると嬉しいです(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

| アジフライの聖地 松浦「食事処 海道」

| ブログテーマ: グルメ 松浦市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

表紙40373942_1150489138422834_6542471279100821504_o

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

こんにちは!ともっちです☆

アジフライを食べることが旅の目的になり得る??
まさか。
「だってアジフライって家庭料理でもお馴染みのメニューじゃない?」
…と思っていました。
松浦に行くまでは…。

「アジの水揚げ日本一!」
アジフライの聖地を目指す長崎県松浦市が総力を挙げて作成した
「松浦アジフライマップ」がこのほど完成\(^o^)/

松浦で獲れた新鮮なアジを使ったアジフライは、
産地でしか食べられない鮮度を活かしたソウルフード。
松浦市内には良質なアジをフライにして提供するお店がたくさんあります。

マップには絶品アジフライを提供している20店舗が掲載されており、
基本情報や駐車場情報、その他お店からのワンポイントまで、
松浦市の美味しいアジフライを召し上がっていただくのに必要な情報がギュギュっと
詰っているんですよ☆

★★★ダウンロードはこちらから★★★ 

【松浦アジフライマップ設置場所】
MR松浦鉄道 松浦駅構内、
道の駅 海のふるさと館、
およびマップに掲載されている店舗

500星賀より20090127肥前鷹島大橋01

というわけで、アジフライマップを片手に行ってきました松浦市!!
今回は、肥前鷹島大橋を渡って鷹島エリアの名店にGOGO!!

★★★松浦市へのアクセス情報はこちら★★★

マップの19番に掲載されている
地元の方おすすめのお店「海道(かいどう)」さんにお邪魔しました。

600DSC_1774

【食事処 海道(かいどう)】
所在地:〒859-4303長崎県松浦市鷹島町神崎免91-7
電話:0955-48-2950
営業時間:(昼)11:00~14:00/(夜)17:00~22:00
定休日:水曜 駐車場:30台あり

500DSC_1760

こちらのアジフライは、店内の水槽で泳ぐアジを
注文を受けてから取り出して捌きカラッと揚げるので、
この上なく新鮮なんですって!

DSC_1764-1

アジフライ定食880円(味噌汁、小鉢、漬物、ご飯付き)

さきほど水槽で泳いでいたアジが香ばしく揚がってきました(^^♪

DSC_1765-1

表面は「カリッ」、中は「フワッ」。
そして透明感のある身はほんのり甘くていい香り☆
こ、これは文句なしで最高!!!

500DSC_1769

 

40373942_1150489138422834_6542471279100821504_o

40326689_1150489248422823_8852426212694294528_o

「松浦アジフライマップ」を片手に「カリッ」「フワッ」の食感と、
甘味のあるお店特製のアジフライを食べてみてくださいね♪

「たかがアジフライでしょ?」
などと甘くみていると、
あまりの美味しさにきっと驚くこと間違いなしですよ~!!

【松浦アジフライマップ設置場所】
MR松浦鉄道 松浦駅構内、
道の駅 海のふるさと館、
およびマップに掲載されている店舗

★★★松浦アジフライマップのダウンロードはこちらから★★★ 

★★★松浦市の観光情報サイト「松恋」★★★

★★★松浦市へのアクセス情報はこちら★★★

★★★近くの宿の予約はこちらから★★★

image

◆旬のイベント情報 【土谷棚田火祭り】

約3,000本もの灯籠に火が灯される幻想的な風景
2018年9月23日(日)(LED点灯期間:9月24日~29日)
https://www.nagasaki-tabinet.com/event/50691/

人気ブログランキングに参加しています!
クリックして応援してしてくださると嬉しいです(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓