↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

IMG_4277-1

こんにちは!ともっちです☆
(⇒前回のブログはこちら)
おいどん自慢の「オイ丼」を堪能したあとは
お茶どころ東彼杵ならではの美しい茶畑に案内してもらう

・・・予定だったのですが、

何の変哲もない坂道の途中で急に車を停めた
東彼杵町役場 中山係長。

IMG_4278-2

何を思ったのか、おもむろに車内から黄色いボールを取り出し
道路脇の「登り坂」の入口にポンと置いたのです。

何をしているのだろうと不審に思っていたのですが・・・

・・・ん?
この坂、なんか変!!!!

IMG_4279

どう見ても「登り坂」なのに・・・
足元に置いたボールは転がり落ちることなく
なぜか勝手に坂を登って行くんです!!!

1

そう、この坂は
どう見ても右から左への「登り坂」なのに
それは目の錯覚で
実際は「下り坂」なんですって!!!

「ボールが勝手に登っていく坂道」
摩訶不思議でしょう!!?
皆さまもボールを持ってGO!GO!

場所?
詳しくは教えられませんが、
長崎県の真ん中あたり。
東彼杵郡東彼杵町(ひがしそのぎぐんひがしそのぎちょう)
大村湾を一望できる絶景茶畑に行く途中んにきです(^∨^*)
(次回のブログにヒントあり!!)

次回こそは、お茶どころ東彼杵ならではの
その絶景茶畑をご紹介できるはずですので
お楽しみに♪
(⇒次回のブログはこちら)

 

【オイ丼グランプリ】絶賛開催中!
◆期間:2016年12月1日(木)~2017年2月28日(火)
◆詳しくは東彼杵町HPをチェック → http://www.sonogi.jp/oidongp.html
◆長崎県の宿の予約はこちら → 「ながさき旅ネット」宿・ホテル比較&検索

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

こんにちは!ともっちです☆
先日、東彼杵郡東彼杵町(ひがしそのぎぐんひがしそのぎちょう)
に行ってきました。

県外の方にしてみれば難読早口言葉みたいな地名ですが、
長崎県の真ん中あたりにある、
大村湾に面した、のんびり静かなお茶と鯨のまちです。

16427270_1269086993179059_397170077278251217_n

そんな東彼杵町では2月28日(火)まで、
町内7つの飲食店が自慢の「オイ丼」をどど~んと発売する
「オイ丼グランプリ」が、どど~んと開催中!!

ということで、旬の食材を使ったおいしい丼と、
近年静かなブームを呼んでいる
東彼杵のフォトジェニックな風景やスポットを求めて、
取材に行ってきました!!

まずは腹ごしらえ。

IMG_4307

◆そば処 立石

(所:東彼杵町大音琴郷1783-1/電話:0957-47-1388
休:水休ほか不定休/営:11:00~20:45(OS20:30) P:10台)

国道205号線沿い。懐かしい佇まいの店舗のすぐ脇は、
大村湾の曲線に沿うように延びるJRの線路…。
電車マニアでなくともグッと惹かれるロケーションの
お蕎麦屋さんです。
店内の窓からは、食事をしながら至近距離で
大村湾沿いを走る電車を楽しむことができるんですよ♪
電車の通過時刻を調べて訪れるのがおすすめ(1時間に2本程度)。

IMG_4311-1

きつね丼(税込650円)※ミニ蕎麦付き

かつての人気商品をリニューアルした復刻メニュー。
油揚げとシイタケに甘めの出汁が染みこんで
昔おばあちゃんの家で食べたような、ほっとする味です。
桜でんぷのピンクがアクセント。
ミニ蕎麦も付いて650円だなんて、コスパ最高です!

DSC_4510

とり南そば(税込650円)

こちらは丼ではありませんが
「せっかくなのでお蕎麦も」ということで
東彼杵町役場 中山係長がおすすめする一品がこちら。
あっさりめの出汁に鶏肉とネギの旨み、
コシのある生蕎麦が
長年、常連さんたちを惹きつけているようです。

IMG_4304

また、オイ丼グランプリ期間中は、抽選で地元産品が当たる
「オイの地元産品プレゼントキャンペーン」も同時開催中!
東彼杵の旬の味覚を味わって、地元産品を当てちゃいましょう!

あっ、ちなみに「オイ」とは長崎弁で「俺」のこと。
おじさんはさらに訛って自分のことを「オイどん」などと言います。
東彼杵の旬が詰まった
「オイどん」店主自慢の「オイ丼」
食べ比べてみてはいかがでしょうか☆

(補足:アナタのことは「ワイどん」と言うんですよ~。)

お腹も満足したところで・・・
次回は、東彼杵のフォトジェニックな風景や
おすすめスポットをご紹介しますのでお楽しみに♪
(⇒次回のブログはこちら)

 

【オイ丼グランプリ】絶賛開催中!
◆期間:2016年12月1日(木)~2017年2月28日(火)
◆詳しくは東彼杵町HPをチェック → http://www.sonogi.jp/oidongp.html
◆長崎県の宿の予約はこちら → 「ながさき旅ネット」宿・ホテル比較&検索

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

こんにちは!ともっちです☆
島原市で3月5日(日)まで開催中の「島原城下ひなめぐり」は、
市内中心部の100ヶ所以上に約3,000体のお雛様が大集合!
楽しい体験も盛りだくさんの人気イベントです。

先日、期間中毎日行われているまち歩きアドベンチャー
「謎解き雛めぐり」に挑戦しながらイベントを満喫してきました!!

「私のお内裏様はいづこへ・・・。」

9

「謎解き雛めぐり」は
お雛様になった気分でまちなかを散策し、
各ポイントでクイズを解きながら
島原城下に眠るお内裏様を探し出すまち歩きアドベンチャー。

DSC_4540

観光ガイド「大手門番」でエントリー。
○受付時間:期間中毎日9:00~15:00(予約不要)
○受付場所:観光ガイド「大手門番」(島原市今川町1850-2)
○参 加 料:1人500円 ○所要時間:約2時間程度 ○当日受付可能
○問い合わせ先:0957-62-3986(島原城下ひなめぐり実行委員会)

5

参加賞は可愛いショッピングバッグ(3色から選べます)。
マップはもちろん、途中でお買い物した商品も入るA4サイズです。
エントリーを済ませたら、お雛様気分でGO!GO!

1

 

梅が見ごろを迎える島原城では、レディース武将がお出迎え。

「お内裏様はいづこへ・・・?」

DSC_4543

この中にお目当てのお内裏様がいるのかしら・・・。

4

観光案内お休みどころ「森岳酒蔵」では、
秋田県から新婚旅行に来ていたカップルが
ミニ弓道体験(5回300円)を楽しんでいました♪
所狭しと並ぶお雛様の中には江戸時代のものも。
長年大切にされてきたお人形は穏やかで優しい表情をしていました。

「お目当てのお内裏様はいづこ・・・。」

2

期間中、サンシャイン中央街はピンクののぼり旗がずらりと並ぶ
「島原城下春色ショッピングストリート」に変身!
店頭に置かれたピンクのかごには、各店舗のおすすめ商品が入っています。
お買い物を楽しみながらの雛めぐりが楽しい!

7

婦人服のお店Tamayaさんには
江戸時代の御殿雛(写真右)から新しいものまで、
バリエーション豊かな雛人形がたくさん飾られています。
ご好意で温かいお茶とおすすめ商品の揚げ餅の試食をいただいて、
ちょっと一息。

IMG_4572

こちらは島原市が運営する
男女の出会いの登録や子育てなどの相談を受け付ける拠点施設
「ハッピーカフェ」
あなただけのリアルお内裏様に出会えるかも!
(この日も男性が相談に来ていました!)

6

人気観光スポット「鯉の泳ぐまち」にもお目当てのお内裏様が…?
しまばら湧水館でちょっとひと休みして
「かんざらし手作り体験(300円)」はいかがでしょうか?
所要時間はたった30分ほど。
縁側に座って出来たてのかんざらしを味わう至福の時間(^^♪
◆詳しくは過去のブログで⇒http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-2641/

DSC_4569

ふと気が付くと、参加賞のショッピングバッグは、
商店街で買った商品でいっぱいに☆

各ポイントで出題されるクイズは
商店街や観光施設のスタッフさんにヒントを貰いながら無事にクリア!
(歴史の問題ではありません。頭の柔らかい小学生と一緒だと有利かも)

そしてゴール地点で最後に与えられる問題にも正解した私は
ついに・・・お宝をGETしました~ヽ(*´∇`)ノ
(どんなお宝かはヒ・ミ・ツ)

ところで、ともっちは無事にお内裏様に出会えたかって?
それは参加してからのお楽しみ♪

貴方もお雛様気分でお内裏様を探しながら
「島原城下ひなめぐり」を楽しんではいかがでしょうか☆

DSC_4560参考 清流亭

 

<謎解き雛めぐり>
○受付時間:期間中毎日9:00~15:00
○受付場所:観光ガイド「大手門番」(島原市今川町1850-2)
○参加料:1人500円 ○所要時間:約2時間程度
○当日受付可能!!

【島原城下ひなめぐり】
開催場所:長崎県島原市島原城、武家屋敷、市内商店街 他
問い合わせ先:0957-62-3986 (島原城下ひなめぐり実行委員会)
開催期間:2017年2月1日(水)~2017年3月5日(日)
基本情報は「ながさき旅ネット」で
島原城下ひなめぐり「チラシ」ダウンロード
島原城下ひなめぐり「散策マップ」ダウンロード
謎解き雛めぐり「チラシ」ダウンロード
◆長崎県の宿の予約はこちら → 「ながさき旅ネット」宿・ホテル比較&検索

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

nannkoi-sin10-kei-new-rogo-260-2

 

こんにちは!ともっちです☆
おおっ、「ナンコイ!?」
思わず写真を撮って誰かに教えたくなるような
長崎県内の「穴場的おすすめ名所」はありませんか?

(そもそも「ナンコイ!?」ってなんね!?
と疑問に思ったみなさま。
「ナンコイ!?」とは、「なにコレ!?」という意味の長崎弁です。)

長崎県では今月1日から、
県内の隠れたおすすめスポットを
一般の方々から写真付きで投稿してもらい、
投票で上位10位を決める
新事業「ナンコイ!? 新十景」をスタート。

現在、みなさまからの投稿を絶賛募集中です!!!

記念すべき第一回目のテーマは「長崎のパワースポット」

2月3日(金)16:00現在、
コンパスの針が正常に動かない磁場がある神社(壱岐市)や
木の幹に空いた穴の両側からカップルが手をつなぐと
恋愛がうまくいくと言われる公園(東彼杵町)など、
17件のパワースポット投稿がアップされています。

「長崎のパワースポット」の投稿期間は
2月1日(水)~2月28日(火)まで。

その後、3月1日(水)~31日(金)までの1ヶ月間 人気投票を行い、
得票数上位10位を「ナンコイ!?新十景長崎のパワースポット」として発表します!

長崎県内の津々浦々に隠れている「穴場的おすすめ名所」を
写真に撮って、どしどし投稿してください!

たくさんの投稿お待ちしてま~すヽ(*´∇`)ノ

<投稿について>
・誰でも投稿可能。
・パソコンやスマートフォンから、
写真と一緒に名称・場所・推薦理由などを書き込み投稿してください。
(県が実在しているかを確認し、順次ホームページ上にアップします)
・投稿期間後の一ヶ月間は一般による人気投票を行います(1人1日1票投票可能)。
・投稿はこちらから↓↓↓
「ナンコイ!? 新十景」
(長崎県文化振興課HP「旅する長崎学」内特設サイト)
https://tabinaga.jp/nankoi/index.php?category=1

◆長崎の宿の予約はこちら → 【「ながさき旅ネット」宿・ホテル比較&検索】

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

| 興福寺 普茶料理

| ブログテーマ: グルメ 長崎市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

500 16298634_892556090881824_3423283391792812756_n

こんにちは!ともっちです☆
長崎市では2月11日(土・祝)まで、
2017長崎ランタンフェスティバルが開催中!

先日、ダイニングテーブルやインゲン豆などを日本に伝えた
中国の僧 隠元禅師ゆかりの唐寺 興福寺(長崎市)で、
伝統の「普茶料理(ふちゃりょうり)」をいただきました。

普茶料理とは、江戸時代初期に隠元禅師が中国から長崎に渡来し
興福寺に伝えた中国式の精進料理のこと。

動物性たんぱく質を使わず、葛と植物油を多く使ったヘルシーな料理を
大皿に盛りつけ、身分の上下なく円卓(ダイニングテーブル)を囲み、
直箸で、2枚の取皿に各人が取り分けていただくのが特徴です。
それまで個々のお膳で身分の順に並んで食事をする日本の食習慣に
新風を与えたと言われているんですって!

500 16387080_892556220881811_219557607395427351_n

お肉やお魚は一切使われていないので、
ヘルシー&ローカロリー!

お料理の一部をご紹介しましょう♪

500 16298783_892556020881831_1306643682812944650_n

左)梅を二日間煮込み揚げた白仙梅。なんと「梅の天ぷら」なんです!!
右)金柑の蜜煮。
季節を感じる美しい盛り合わせです。

2

左)角煮?と思いきや、「角煮もどき」。
長崎名物として知られる豚の角煮ですが、
こちらは厚揚げを豚肉に見立てたもの。
山盛りの生姜と一緒にサッパリいただきます。
からし醤油をかけるのもおすすめ。

右)うなぎ?と思いきや、「うなぎの蒲焼もどき」。
これはかなりリアルな見た目です!

普茶料理(精進料理)の特徴のひとつでもある「もどき料理」は、
植物性たんぱく質や野菜を肉や魚に見立てたもの。
思わず楽しくなる料理の工夫が満載です!

1

左)「黄檗素麺」
椎茸、もやし、薄揚げなどがたっぷり入った色鮮やかな温かいお素麺。
椎茸の上品なお出汁が、身体にじんわり染みわたります。

右)「蓮もちの吉野煮」
ほんのり甘いもちもち食感の蓮もちの上に乗っているのは、
チーズ・・・ではなく、和菓子の皮などに使われる求肥(ぎゅうひ)。
とろみのあるスープに散りばめられた色鮮やかな菊の花びらが
とても美しい一皿です。

350 16387886_892556147548485_9053809053140189083_n

デザートはおめでたい「巴饅頭」。
長崎名物の桃饅頭を吉祥の意味がある「巴」という文字でかたどったもの。
お皿に描かれた唐草模様と合わさって更に縁起の良い一品。
鮮やかなピンク色がアクセントです。

円卓(ダイニングテーブル)を囲んで身分の上下関係なく
和やかに会食を楽しむ普茶料理は、
長崎名物 卓袱料理はもとより
日本の食文化に大きな影響を与えたのだそうです。
お誘い合わせの上、ぜひ召し上がってみてはいかがでしょうか。

3

右)本堂に掲げられている日本最大の中国ランタンは、
江戸時代、長崎で貿易をしていた唐船船主たちの寄進によるもの。
中国で縁起が良いとされている蝙蝠が、
なんと48匹も彫られているんですって!!
オペラグラスを持参してじっくり鑑賞するのがおすすめ。
(高さ218cm、直径130cm/長崎市指定文化財)

左)2017年1月28日(土)~2月11日(土・祝)
長崎ランタンフェスティバル開催中!
(取材時は開幕直前とあって、
境内は色鮮やかなランタン装飾で彩られていました)

 

【 東明山 興福寺 】

所在地:〒850-0872 長崎市寺町64番地
電 話:095-822-1076
拝観料:大人300円 / 中・高生200円 / 小学生100円
拝観時間:7:00~17:00(年中無休)
交通アクセス:JR長崎駅前から路面電車蛍茶屋行き、公会堂前下車、徒歩5分
公式ホームページ:http://kofukuji.com/

(普茶料理について)
◆10名以上から申し込み可。金額はご相談ください。
(仕込みに1週間かかるものもあるので最低2~3週間前に予約)
(お料理の内容は定番のお料理と季節のものです)
◆いただける時期:1月~5月中旬、10月~12月(年末年始と夏場はお休み)
◆普茶料理について詳しくは興福寺HPをご覧ください↓
http://kofukuji.com/contents.php?contID=3

 

<お知らせ> 2月3日(金)は節分会が行われます!

法 要  19:00~ 大雄宝殿(本堂)にて(受付18:30迄)
豆まき式 19:30 / 20:00 / 20:30 / 21:00
・・・・・・・・まき豆には当たりくじ入り
・・・・・・・・中華風熱々フルーツ葛湯(無料/先着600名)

◆長崎の宿の予約はこちら → 【「ながさき旅ネット」宿・ホテル比較&検索】

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓