↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

1

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

長崎市西海市 大島~崎戸島へドライブ島旅に行ってきました。
西彼杵半島の西海岸から橋を渡り大島、さらにもうひとつ橋を渡って崎戸島へ。
島といっても橋で繋がっているため、ちょっと思い立ったら車で行くことができる
ほどよい手ごろ感が魅力。
2回シリーズの前編です (後編はこちら)。

【掲載コンテンツ】
◆太田尾教会(前編で紹介)
◆崎戸名物「おさかなバス停&ケーキ」(後編で紹介) 
◆崎戸海浜公園(後編で紹介) 
◆北緯33℃線展望台からの夕日(後編で紹介) 

IMG_3988-1

西海市本土から大島大橋を渡り、まずは大島へ。

IMG_0793

◆太田尾教会

五島灘を見下ろす高台にある太田尾(おおだお)教会に立ち寄りました。
大島の入口から車で15分ほど崎戸方面に走ったところにある太田尾漁港から、
坂道を400mほど登った小さな集落に溶け込むように建つ教会です。
7台ほど停められる駐車場に車を置き、坂道を少し登ると右手に赤い屋根の聖堂が現れます。

この地区の人々は、江戸時代後期(1820年代)に長崎市の北部・外海地区から移住してきた潜伏キリシタンの末裔であると伝えられています(太田尾教会五十周年記念誌より)。

現在の教会は昭和4年に献堂されたもの。
当時の信徒たちが総出で力をあわせて建てた手作りの教会です。
現在の信徒は50世帯、120名ほどだそうです。

IMG_0798

入口では2体の聖像が迎えてくれます。

現在は新型コロナウイルス感染拡大防止のため外観のみの見学になりますが、
以前内部を見学した際は、ゴシック様式の特徴である「リブ・ヴォ―ルト天井(コウモリ天井)」が施された真っ白く広々とした神聖な空間で静かな時を過ごすことができました。

IMG_0797

レトロな色合いが素敵なステンドグラスは、昭和4年の献堂以来そのまま。

IMG_0763

外壁をよく見ると、貝殻や砂が埋められています。
信徒たちが教会を手作りする際、地元の砂浜から取った砂などを建材として混ぜたのだとか。
自分たちの祈りの場にかける想いを垣間見たような気がします。

IMG_0787

教会の向かい側には社会福祉法人 聖ヨハネ会「太田尾保育園」。
マリア様と可愛らしい子どもたちの像にほっこりしますね。

IMG_0781

教会の玄関に立つ聖像が保育園を見守っています。

太田尾教会は世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産には含まれていませんが、外海から五島列島の各地に船で渡っていったキリシタンと同じように、ここ西海市・大島や佐世保方面の各地にもキリシタンの歴史が息づいているのです。

長崎県西海市大島町4522
問い合わせ先:司祭館 0959-34-2341
https://www.nagasaki-tabinet.com/junrei/60433/

※2020年8月24日現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、内部の見学は見合わせております。

◆長崎県内にある『半島の先』をめぐる
シリーズ『ながさきのサキへ⇒』。
(記事一覧はこちら)

◆長崎県の半島地域のとっておき情報をお知らせ!
【ながさきの『サキ』へ→】の特集ページはこちら

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

| 長崎空港で県観光PR展がスタート

| ブログテーマ: お知らせ

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

20200818_140150

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

長崎空港1階ロビーで8月31日(月)まで、長崎県の観光PR展を開催いたします。
今日はその準備に行ってきました。

県内全21市町50種類以上の観光パンフレットやご当地グルメマップ、お得なキャンペーンの案内などが、すべて無料でもらい放題。

20200818_140233-1

佐世保バーガーマップや松浦アジフライマップなど
問い合わせの多い人気グルメパンフや、
観光のプロがおすすめするグルメ店を紹介する「長崎グルメセレクション」もありますよ。

1

また今回は「しま旅特集」ということで、長崎の「しま」の魅力を伝える動画をモニターで放映するほか、

本県出身のシンガーソングライターであり、
長崎県の「しま」の魅力を発信する「NAGASAKI BLUE ISLANDS PROJECT(長崎ブルーアイランズプロジェクト)」のクリエーティブ・プロデューサーでもある福山雅治さんのポスターや、

「しま」をお得に楽しめるお得な企画乗船券の案内など、
長崎県内の「しま」の観光情報が満載です。

20200818_140433

20200818_141402

場所は長崎空港1階ロビーの中央付近、銀行や郵便局のATMコーナー前。
期間は2020年8月19日(水)~31日(月)までです。

長崎空港を利用される方はぜひお立ち寄りください。

今すぐに観光に行けないという方も、
情報を入手してアフターコロナ旅の計画を立ててみてはいかがでしょうか。

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

IMG_2796-1

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

今年の長崎原爆の日は、家で祈りました。
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、規模を大幅に縮小して行われた平和祈念式典。
一般の自由参列はできませんでした。

8月9日は外出を自粛し、テレビの中継を見ながら家で静かに黙祷。
日を改めて先日、終戦記念日を前に平和公園原爆落下中心地に行ってきました。

35097074594_1803007859836638_7415046786395406336_o

平和公園の入口

平和公園へのアクセスは路面電車が便利です。
「平和公園」停留所で下車し、国道の横断歩道を渡るとすぐに平和公園の入口。
小高い丘の上にある公園までエスカレーターに乗っていくことができます。

エスカレーターを降りて直進すると清らかな噴水が見えてきます。

35096677035_1803007799836644_8063716886816227328_o

平和の泉

『のどが渇いてたまりませんでした
水にはあぶらのようなものが一面に浮いていました
どうしても水が欲しくて とうとうあぶらの浮いたまま飲みました』
~あの日のある少女の手記から~

正面の石板に刻まれた被爆した少女の手記は、背後の清々しい噴水とあまりに対照的で、思わず手を合わせずにはいられません。

噴水の向こうに小さく見えるのは、平和記念像。
平和の泉から平和記念像までの百数十メートルあまりを一歩一歩、今現在の平和を噛み締めながら歩きました。

IMG_2796-1

平和祈念像

平和への願いの象徴、平和記念像。
その美しさ、尊さは何度訪れても普遍です。
制作者は長崎県出身の彫刻家北村西望氏。
天を指した右手は“原爆の脅威”を、
水平に伸ばした左手は“平和”を、
軽く閉じた瞼は“原爆犠牲者の冥福を祈る”という想いが込められています。

50096519334_1803007706503320_3360581741822607360_o

 

500IMG_2791

長崎刑務所 浦上刑務所支所跡

現在平和公園となっている場所は、原爆投下以前、長崎刑務所の浦上刑務所支所でした。
爆心地から最も近い公共施設であったこの場所では、建物は根本から倒壊、職員・収容者など134名が即死したそうです。
現在公園内の一部(平和の泉と平和記念像に向かう途中)で、その被爆遺構を見ることができます。
詳しい説明が書かれた案内板もあります。

◆平和公園(平和祈念像・平和の泉)の基本情報はこちら
https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/130/

500IMG_2822

原爆落下中心地(グラウンド・ゼロ)

昭和20年(1945)年8月9日11時2分。
アメリカのB29爆撃機から投下された原子爆弾は、この上空約500mで炸裂しました。
原爆落下中心地には、黒御影石の碑(落下中心地標柱)が立てられています。

500IMG_2839

敷地内の川沿いには被爆当時の地層を見学できる箇所があり、原爆によって破壊された家の瓦やレンガ、熱で焼けたガラスなどが当時のまま、21世紀の現在も大量に埋没しています。

現在は緑に囲まれた市民の憩いの空間となっている原爆落下中心地。
木陰のベンチに座り、のんびりと読書するおじいさん、
蝉取りに夢中な小学生。
それらを眺める自分自身の現状も含めて、
今私たちが平和に暮らせていることへの感謝の気持ちが涌いてきます。

戦争反対ではなく、平和賛成。

◆原爆落下中心地の基本情報はこちら
https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/124/

NPS1786

今回は行けませんでしたが、平和公園に隣接した長崎原爆資料館では、原爆の脅威と平和の尊さを体感することができます。
各展示物に正面から向き合うと同時に歴史を受け止め、真の平和について考えてみてはいかがでしょうか。
原爆・平和関係の図書閲覧ができるほか、ビデオコーナーを設置した図書室も併設しています。

◆長崎原爆資料館の情報はこちら
https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/126/

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

| 2020 長崎原爆の日 75年目の夏

| ブログテーマ: 長崎市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

IMG_2796-1

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

8月9日は長崎市に原爆が投下された日。
今年は、被爆75周年という節目の年ですが、
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、平和祈念式典は規模を大幅に縮小して開催されます。

一般の方々の自由参列はできませんが、式典が終了した後は、平和公園でのお参りはできるとのこと。
ご来場の際は密集しないよう気を付けながらお参りください。

今年はいつもと違う夏ですが、
8月9日が長崎県民にとって大切な祈りの日であることに変わりはありません。

私も11時2分には、自宅で黙祷します。

◆平和公園周辺道路の交通規制、駐車場の使用規制など詳細はこちら
長崎市役所HP 「平和祈念式典の規模縮小について」

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

| 長崎県ロケ地ガイドが完成

| ブログテーマ: お知らせ 映画・ロケ地情報

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

116321085_3688699221159595_1981962780273445854_n

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

 

坂道や階段、教会や離島など魅力的な風景がいっぱいの長崎県は、数多くの映画・ドラマ・アニメなどのロケ地になっています。

このほど、長崎県内で撮影された映画・ドラマ・アニメなどのロケ地をまとめてご紹介するパンフレットが完成。
(製作:長崎県フィルムコミッション/A4版8ページ)

2020年7月までに県内で撮影された映画・ドラマ・アニメと共に、撮影スポットや撮影裏話などが紹介されています。

アニメ「色づく世界の明日から」(長崎市)や
高倉健さんの最後の主演作となった映画「あなたへ」(平戸市)などに登場する坂道は、長崎県ならではの情緒あふれる風景。

またかつて国際貿易港として賑った長崎市内に残るエキゾチックな洋館や、県内各地のカトリック教会、五島列島・壱岐・対馬といった離島のダイナミックな自然景観など

他にはない個性的で魅力あふれるロケ地が、一冊に凝縮して紹介されています。

基本的には映像制作会社などへのプロモーション用のパンフレットなのですが
長崎県庁や東京のアンテナショップ「日本橋長崎館」、
長崎県の大阪事務所などに設置・配布しています(無料)。

取りに行けない方のため郵送も可能です。

 

【設置場所】

◆長崎県庁1階エントランスホール
〒850-8570 長崎市尾上町3-1

◆長崎県アンテナショップ「日本橋長崎館」
〒103-0027 東京都中央区日本橋2丁目1−3 アーバンネット日本橋二丁目ビル 1階
https://www.nagasakikan.jp/

◆長崎県大阪事務所
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル 8階

 

【郵送希望 問い合わせ先】

長崎県フィルムコミッション事務局((一社)長崎県観光連盟内)
E-mail:info-fc@ngs-kenkanren.com まで。

件名に「長崎ロケ地ガイド送付希望」と記入の上
1.お名前、2.郵便番号、3.ご住所、4.お電話番号、5.必要部数をご記入の上お送りください。

※部数に限りがありますので、大量部数の発行は致しかねます。ご了承ください。

 

iro

 

◆Webでロケ地めぐりのススメ

長崎県の観光ウェブサイト「ながさき旅ネット」には
県内で撮影された映画・ドラマ・アニメの特設ページが数多く掲載されています。
(注意:当パンフレットはWEBダウンロードできません)

ロケ地の徹底ガイドやモデルコースをはじめ、撮影裏話などロケの支援担当者しか知り得ない秘話も満載です。

長崎県ロケ・撮影ページ
https://www.nagasaki-tabinet.com/houjin/film/

 

今すぐ長崎県に行けない方も、Webや冊子でロケ地めぐりを楽しんでみては?
そして新型コロナウイルス感染症収束後はぜひ、実際のロケ地を訪れてくださいね。
お待ちしています。

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓