| 神々の島 壱岐 「聖母宮」2

| ブログテーマ: パワースポット 壱岐市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

500IMG_3941

(⇒前回のブログはこちら)

「どうぞ奥へ」。
聖母宮83代目(!)川久保 匡勝 宮司に案内されて
拝殿の奥に進むと・・・
そこには極彩色の装飾に彩られた美しい本殿が
静かな光を放っていました。

500IMG_3915

<本殿>(長崎県指定有形文化財「聖母宮本殿・西門・南門」)

県内の神社建築の中では最古級といわれるこの本殿は
350年か250年ほど前(2説あり)、
平戸藩主により寄進されたもの。
正面の額面はその平戸藩主の筆によるものだとか。

500IMG_3934

なんって壮麗で繊細なんでしょう!!
生き生きとして躍動感にあふれた龍・麒麟・猪などの彫刻は、
一日中眺めていても飽きないほどの美しさです!!!

3

左)神仏習合の時代を思わせる密教法具を描いたものも。
右)あっ、ハート型デザインの彫刻も発見♪

2

本殿を守る、寄木造の随身や狛犬。
時代を重ねたそれらの一つ一つが壱岐の歴史を物語っているようです。

1

〈馬蹄石〉
海側の参道には、「神功皇后が乗った馬の蹄の跡」と伝わる窪みがある巨石も。
またこの場所は元寇の時に元軍が上陸した地でもあります。

500IMG_3912

ここは潮風香る海辺の社。
かつてこの石垣の先は海。
国防の最前線だった時代に想いを馳せてみました・・・。

500IMG_3968

境内を出て、勝本のまちを散策してみました。

こちらは毎年10月14日の聖母宮大祭で行われる
二艘の舟によるボートレース的神事「船ぐろ」のスタート地点。
白の舟が勝ったら豊作、赤の舟が勝ったら大漁と占われるそうです。
(国選択 無形民俗文化財「壱岐の船競漕行事」)

500お旅所

その近くにあるこちらは聖母宮大祭のお旅所になる建物。
左手のコンクリートで固められた斜面には朱色の祠が。
由来はわからなかったけれど、近代的な工事をした今も
「神様」が大切に祀られているのかと微笑ましい気持ちになりました。

500IMG_3958

勝本浦の漁師の間には
「毎年お正月2日の仕事始めには、
まずはその年の恵方に漁船の舵を切る」
という古い風習が残っているそうです。
2017年の恵方は「北北西やや右」なのだとか。

潮風香る海辺の社に守られた勝本のまちでは、
「神様」が人々の生活のすぐ側に寄り添い、
溶け込んでいるようでした。

(⇒前回のブログ「聖母宮1」はこちら)
(⇒次回のブログ「男獄神社・女獄神社」はこちら)

 

【聖母宮】
所在地:〒811-5501 長崎県壱岐市勝本町勝本浦554-2
電 話:0920-47-3700 (壱岐市観光連盟)
交通アクセス:郷ノ浦港から車で33分
基本情報は「ながさき旅ネット」で↓
https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/51594/

周辺の宿の予約はこちらから

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

| 神々の島 壱岐 「聖母宮」1

| ブログテーマ: パワースポット 壱岐市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

こんにちは!ともっちです☆
何と1,000以上の神社と祠があるといわれる神々の島「壱岐」。
北西部の港町「勝本」にやってきました。

伝説によると「勝本」という地名は、
神功皇后がここで順風が吹くのを待って三韓に出兵したことから「風本」と名づけられ、
その後、戦に勝って戻ったので「勝本」という地名に改められたのだとか。

500IMG_3947-1

神々の島 壱岐シリーズ 5回目の今日は、
神功皇后を祀る、勝本の総鎮守にして壱岐七社のひとつ、
「聖母宮」をご紹介します。

(⇒前回のブログはこちら 神々の島 壱岐「國片主神社」)
車を降りると心地よい風が迎えてくれました。
ほんのり潮の香りも漂います。

そう、ここは海辺の社。

海上安全・勝負・安産・子宝の神様として
勝本で「聖母様」と呼ばれ親しまれている聖母宮の歴史は古く、
神功皇后をお祀りする社があったこの地に
奈良時代初期の717年に創建。
(今年2017年で創建1300年!)

日本書紀に記されている神功皇后の三韓出兵、
豊臣秀吉の朝鮮出兵、そして鎌倉時代の元寇、
いずれの時代にも国防の最前線として
歴史に深く関わった地でもあります。

500IMG_3940

応対してくださった川久保 匡勝 宮司は、
なんと聖母宮の「83代目」!!!
(83代って・・・気が遠くなりそうです)
(しかもイケメン!)

壱州惣大宮司兼神主神職の棟梁として
壱岐島の神社全体を統括していた聖母宮は、
神社でありながら石高を持つほどの格式の高さであったそうです。

500IMG_3967

< 石 垣 >
社域まわりの石垣は、加藤清正が朝鮮出兵の戦勝を祈り造らせたもの。
約400年の長きに渡り、聖母宮を波風から守っています。
500IMG_3913

< 門 >   (長崎県指定有形文化財「聖母宮本殿・西門・南門」)
神社なのに鳥居だけでなく「門」があるのは、壱岐ではここ聖母宮だけ。
こちらも加藤清正の寄進によるもので、長崎県の文化財に指定されています。

500IMG_3941

「どうぞ奥へ」。

聖母宮83代目(!)川久保 匡勝 宮司に案内されて拝殿の奥に進むと・・・
そこには極彩色の装飾に彩られた美しい本殿が
静かな光を放っていました。

 

・・・次回のブログに続く・・・。

( ⇒ 神々の島 壱岐 「聖母宮」2)
【聖母宮】
所在地:〒811-5501 長崎県壱岐市勝本町勝本浦554-2
電 話:0920-47-3700 (壱岐市観光連盟)
交通アクセス:郷ノ浦港から車で33分
基本情報は「ながさき旅ネット」で↓
https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/51594/

周辺の宿の予約はこちらから

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

| 神々の島 壱岐 「國片主神社」

| ブログテーマ: パワースポット 壱岐市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

500_MG_6953

こんにちは!ともっちです☆
何と1,000以上の神社と祠があるといわれる
神々の島「壱岐」。
シリーズ4回目の今日ご紹介するのは、
「壱岐島のヘソ」に鎮座する國片主神社
前回のブログでご紹介した月読神社から車で約2分の距離にあります)

伝統と格式のある壱岐七社のひとつ・・・
なのですが、
なにより私が気になったのは、
境内にユニークな願掛けポイントが勢揃いしているってこと!!

500IMG_5663

① 「招福猫」
ぐるぐる回して願掛けができる石造りの招き猫。
男性はお願い事を唱えながら「右」へ回転
女性はお願い事を唱えながら「左」へ回転させるとご利益があるんですって♪
(モデルは壱岐市役所の長富さん)

400IMG_5667

② 「撫で小僧」
自分の具合の悪い部位と同じ小僧さんの部位を
交互に撫でると良くなると言われているんですって♪
鼻炎気味だったので、鼻をなでなで。

463IMG_5653

③ 「撫で大黒」
こちらも撫でる部位によってさまざまなご利益があるそうです。
私は頭がよくなりますようにという願いをこめて頭をなでなで♪

500IMG_5656

④ 「3つのミニ鳥居」
お祭りの日にくぐって願掛けをするというミニ鳥居。
くぐる鳥居によって、合格祈願や厄除け、商売繁盛など
さまざまなご利益があるようですが、
かなり小さいので、私は挑戦する勇気がありませんでした(涙)。

このようにユニークな願掛けポイントが勢揃いの國片主神社ですが、
伝統と格式のある延喜式内24社のひとつで、壱岐七社のひとつ。
この春発刊されるガイドブック「壱岐四十二社巡り」にも掲載されています。

律令時代に壱岐島を治めた壱岐氏の居館跡だといわれており、
近くには国分寺もあります。
また、学問の神様 菅原道真が祀られているので、
この時期は合格祈願に訪れる人も多いのだとか☆

 

【國片主神社】
所在地:〒811-5732 長崎県壱岐市芦辺町国分東触766番地
電 話:0920-47-3700 (壱岐市観光連盟)
交通アクセス:芦辺港から車で10分
基本情報は「ながさき旅ネット」で↓
https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/51596/

 

<壱岐IKIニュース>

◆テレビ放送 3月4日(土)11:35~
NIB長崎国際テレビ「ひるじげドン」<あの街この町>
海女と釣り師のゲストハウス、神社、カキ、レンタサイクルなど、壱岐の魅力満載!

◆雑誌掲載「福岡ウォーカー」(2月20日発売号)
神社巡りを中心に壱岐が4ページ紹介されています!

周辺の宿の予約はこちらから

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

| 神々の島 壱岐 「月読神社」

| ブログテーマ: パワースポット 壱岐市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

こんにちは!ともっちです☆
玄界灘にぽっかり浮かぶ神々の島「壱岐」シリーズ
(⇒前回のブログはこちら)

更新が遅くなりましたが、3回目の今日ご紹介するのは
壱岐を代表するパワースポットのひとつ「月読神社」
なんと1,500年以上の歴史があり、
「日本神道の発祥の地」という説もある凄~い神社なのだとか!!

・・・今サラっと言いましたが、
1,500年前って大和朝廷とかの時代ですよね。

しかも、えっ?
「日本神道発祥の地」って壱岐なの???
京都とか奈良とかじゃないの????
と思いますよね、フツウ。

500IMG_5643

そうなんです。今でこそ日本の辺境の地、
大陸との国境の島である壱岐島の月読神社は、
日本最古の歴史書「古事記」「日本書紀」とも関係の深い
スペシャルに伝統と格式のある神社なのです!!!

 

なんでも、「古事記」によると、
月の神 月読命(つくよみのみこと)は、
太陽の神 天照大御神(あまてらすおおみかみ)のきょうだい。
(両親は伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと))

 

京都にある月読神社は487年に、
壱岐の月読神社から分霊したものなのだとか。
このことにより日本の中央に古神道が根付いた・・・
つまり、ここが日本神道の発祥とされているんですって!!!
◆由緒について詳しくは月読神社公式HPをご覧ください

 

国道沿いにも関わらず、このあたりだけ神秘的な空気が漂っています。
鳥居をくぐり、急な石段の参道を上がり拝殿へ。

500IMG_5651

拝殿
一見フツウに見えますが、静かなパワーを感じます。

500IMG_5648

奥の院
奥に進むほどに、神聖な空気が濃くなっていくように感じます。

500IMG_5649

筋肉ムキムキ!!
イケメン狛犬さまもいらっしゃいますよ♪

実際に訪れて1,500年以上ともいわれる
歴史のパワーを感じてみてはいかがでしょうか。
 

※次回は「壱岐のヘソ」に鎮座する國片主神社をご紹介します(^^♪
(⇒次回ブログ 神々の島 壱岐「國片主神社」)

【月読神社】
所在地:〒811-5732 長崎県壱岐市芦辺町国分東触464
電話:0920-47-3700(壱岐市観光連盟)
交通アクセス:芦辺港から車で10分
基本情報はながさき旅ネットで↓
https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/51592/

 

<壱岐・IKI ニュース>

◆雑誌掲載「福岡ウォーカー」(2月20日発売号)
神社巡りを中心に壱岐が4ページ紹介されています!

周辺の宿の予約はこちらから

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

| 桃カステラ食べ比べ in 島原城

| ブログテーマ: おみやげ イベント 島原市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

500DSC_4613

こんにちは!ともっちです☆
先日、「島原城下ひなめぐり」開催中の島原城
名物 桃カステラ8種類を食べ比べるという
女子悶絶の嬉しい機会に恵まれました!!!

島原のケーブルテレビ「カボチャテレビ」
「もっぱらしまばらWEB版」の30分番組の収録です☆

◆動画はこちら ⇒ もっぱらしまばらWEB版「島原街ネタ研究所」
(カボチャテレビで2月27日・28日にオンエアされた番組です)

島原の有名人である 噺家 鰻屋小にょろ師匠 &
中島愛さん(元 島原市地域おこし協力隊/現 三益製薬(株))と三人で、
島原市内のお菓子屋さん自慢の桃カステラを
ひとつひとつ、ガチで食べ比べて参りましたよ!!

(くいしん坊だと思ったでしょ?一つを三等分したのでご安心を!)

350FB_IMG_1488265581568

島原城下ひなめぐり期間中、島原城の売店などでは
桃カステラが大集合していま~す!

県外の方のためにご説明しておくと
「桃カステラ」とは、桃をかたどった長崎県の郷土菓子。
昔から桃の節句の内祝いなどに使われてきましたが、
そのラブリーな姿から最近はおみやげ品としても人気♪

桃の形をしたカステラやスポンジケーキを
フォンダン(糖蜜)でコーティングし、
その上にマジパンなどで作った
桃の葉や茎をちょこんと乗せた甘~いお菓子です。
(ちなみに桃は入っていません。)

茶道が盛んな城下町 島原は和菓子屋さんが多く、
桃カステラを製造販売しているお菓子屋さんが
なんと26軒以上もあるんですって!!
まさにスイーツ城下町☆☆☆

500DSC_4600

ところで、撮影場所は島原城「ウマミ所」だと電話で聞いていた私。
桃カステラ食べ比べの会場にふさわしく
「美味(うまみ)所」なのかと思いきや、
その昔、お殿様が馬術訓練を見た
「御馬見所」という由緒ある文化財の建物でした!

 

まぁ余談は置いといて、いよいよ撮影スタート。

500DSC_4615-1

と・・・ここでいきなり

【 プレゼントクイズ 】 !!!

上の写真の中にひとつだけ「桃カステラではないもの」
が含まれています。それはどれでしょうか????
(ヒント:動画を見るとわかります!!)

DSC_4743ー1

◆賞品:漫画版「妖怪ウォッチ」の作者小西紀行さんがデザインした
島原のキャラクター「しまばらん」グッズ詰め合わせを
抽選で5名の方にプレゼント!
(賞品提供:(株)島原観光ビューロー)

◆応募方法:ブログの一番下にあるコメント欄(公開されることはありません)
または電話で、答え・氏名・住所・電話番号を教えてください。
(電話:095-829-2645 長崎県観光振興課 岡村・飯塚あて)

◆締切:3月8日(水) (※答えは3月9日(木)のブログで発表)
(当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます)

 

さぁ、五感をフルに使って「いざ実食」!!

老舗の和菓子屋さんの桃カステラをはじめ、
ケーキ屋さんや、郊外の小さなお店のものまで全8種類。

一口に桃カステラと言っても、
例えば葉や茎の部分がマジパンだったり、
練りきりだったり、チョコレートだったりと多種多様。
それぞれにお店のこだわりが詰まっているのです☆

和風のものから洋酒が効いた個性的なものまで
どれも美味しくて、3人ともテンション♪
(一説には糖分をとりすぎてハイになっていたとの噂も)

しかし、こんなたくさんの桃カステラを食べ比べる機会は、
これからの人生、そうないでしょう(笑)

 

◆「桃カステラ食べ比べ」の動画はこちらで公開中!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
もっぱらしまばらWEB版「島原街ネタ研究所」
(カボチャテレビで2月27日・28日にオンエアされた番組です)

1

あぁ、麗しの桃カステラ♪
島原城の梅は2月28日現在、満開です(お出かけはお早めに)!!

島原城の売店では島原城下ひなめぐり期間中、
桃カステラが大集合していますよ!
動画を参考に食べ比べてみてはいかがでしょうか?

雛めぐりのおやつは、桃カステラで決まり☆
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「島原城下ひなめぐり」絶賛開催中 <3月5日(日)まで>
http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-6775/

◆お雛様気分でお内裏さまを探すまち歩きアドベンチャー
「謎解き雛めぐり」随時受付中 <3月5日(日)まで>
http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-6833/

近くの宿の予約はこちらから

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓