↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

500IMG_0257

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

江戸時代、海外との貿易窓口であった長崎。
約8万点におよぶ 近世長崎における海外交流史料を収蔵する長崎歴史文化博物館では、
貴重な資料にも関わらず「さまざまな理由」で普段なかなか展示できないものも多く…。

というわけで
2019年9月21日(土)から11月17日(日)までの約2ヶ月間、
普段は展示できないけれど
同館の学芸員が「これぞ」とおすすめする資料140点を一堂に展示する収蔵品展
「学芸員のイチ推し!」が開催されています。

「くんち三八五年展」と同時開催)

IMG_0213-1

矢田純子研究員のイチ推しは、初公開の「長崎惣町絵図」。

きょ巨大すぎ!!
なんと畳10枚分の大きさです!!

幕末期の長崎中心部を描いた貴重な絵図なのですが、
今まで展示できなかった理由はズバリ

「サイズが大きすぎたから」。

今回の展示では、床から天井までにおよぶ巨大なガラスケースいっぱいに掛けられた
450×345cm(畳10枚分)の長崎惣町絵図を、
実物大で余すところなく鑑賞することができるんです!

右側の体験コーナーでは、デジタルパネルに投影した同絵図を、
マウスを使い、気になる箇所を拡大するなどして詳しく見ることができます。
(ついついハマって、自分が住んでいる町を探したり・・・)

500IMG_0214

「こちらは日本初のフランス語の辞書。
NHKのフランス語講座にも登場した話題の資料で、最近問い合わせが多いんですよ」
と語るのは、
先ほどの巨大絵図の画像で後姿のみ登場していた矢田純子研究員。
今度は正面から写ってもらいました。
チャーミングな笑顔が素敵です。

500IMG_0216

「美男(カオヨキオトコ)」が記載されているページをあえて選んで展示したのだとか(笑)
(↑左端)

500IMG_0247

◆「花鳥図蒔絵螺鈿飾棚」

こちらは黒漆にぎっしりと青貝細工で絵柄が施された豪華絢爛な飾り棚。
これだけでも圧倒的な存在感なのですが…

実は裏も凄いんです!!

500IMG_0227

背面にまわると幻の長崎美人が登場!

「ようやく日の目を見ることができました」

紙や綿を包んだ布で立体的に作る「押絵」という手法で作られた美人図です。
棚は通常、壁につけて展示するので裏にいる長崎美人は初公開。
彼女の姿を拝んだことがあるのは、
担当の長岡研究員くらいかも!?とのこと。
今回は特別に両面が見えるよう什器を工夫し、念願の展示が叶ったのだそうです。

また後期(10月22日以降)には
国指定重要文化財 熊斐筆《鯉魚跳龍門図》が
文化財指定後、長崎県内では初お披露目となります。

ほかにも学芸員たちのアツい「イチ推し!」がずらり。

普段見ることのできない貴重なお宝を、この機会にぜひ!!

500IMG_0264

【収蔵品展 学芸員のイチ推し!】
会期:2019年9月21日(土)~11月17日(日)
※10月21日休館・展示替えあり
会 場: 長崎歴史文化博物館 3階企画展示室 第1室~3室
(〒850-0007長崎市立山1丁目1-1)
時 間: 8:30~19:00(最終入館30分前)
観覧料: 一般1,000円(前売800円)高校生以下無料
公式WEBサイト: http://www.nmhc.jp/

◎「くんち三八五年展」、常設展示室とあわせて観覧できます
◎関連講演会・イベント多数開催
◎2019年11月3日(日・祝)は開館記念県民無料サービスデー

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

#企画展 #イチおし #イチ押し #いちおし

| 舟志のもみじ街道

| ブログテーマ: 対馬市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

舟志のもみじ街道2

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

長崎県の対馬は、面積の89%が山林という自然豊かな島。
モミジ・カエデが群生する北東部の上対馬町の舟志(しゅうし)川周辺は
「舟志のもみじ街道」とよばれる対馬随一の紅葉の名所です。

秋が深まると、森林公園として整備された川沿いの約7キロが
鮮やかな紅葉の世界に変身!!

川沿いに連なる紅葉が水面に映り
幻想的な美しさ。
訪れる人々を魅了します。

散策コース、駐車場も整備されているので
快適に紅葉狩りを楽しむことができます。

また、対馬島内では
県道48号線 佐賀地区から峰地区に抜ける途中の川沿いで
古くから自生するカエデ群が見られるほか、
厳原の中心部では厳原八幡宮の紅葉もおすすめです。

【舟志のもみじ街道】
所在地:〒817-2333 長崎県対馬市上対馬町舟志
電話番号:0920-86-4838(対馬観光物産協会 上対馬支部)
交通アクセス:対馬空港から車で約46分
https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/747/

◆長崎県の紅葉スポットをまとめて紹介する
【紅葉特集!秋の絶景を満喫】はこちら
https://www.nagasaki-tabinet.com/course/62273/

 

【対馬へのアクセス方法】

IMG_3999

◆飛行機で対馬へ

福岡空港または長崎空港から対馬空港へ1日4~5便あります。
どちらも所要時間は片道30~40分。
https://www.tsushima-net.org/transport/to/air

【対馬で使える体験クーポン付きのお得な航空券情報】
「宿泊」+「飛行機」のパック商品に島での体験クーポンが付くお得なチケット
「長崎しま旅わくわく航空券」なら
福岡⇔対馬 6,500円分
長崎⇔対馬 7,000円分 の体験クーポンが付いてきます!!
https://www.nagasaki-tabinet.com/feature/coupon/air/

image_cvE6ORTWX7

◆船で対馬へ

博多港(福岡県)から対馬・厳原港(対馬南部)と比田勝(対馬北部)へ
それぞれ高速船とフェリーが運航しています。

<博多港から厳原港(対馬南部)>
ジェットフォイル(高速艇)で片道2時間15分、フェリーで片道4時間40分。
それぞれ1日2往復。

<博多港から比田勝港(対馬北部)>
フェリーで片道5時間50分(1日1往復)。
また「福岡~釜山航路」(国際線)の高速船ビートルの一部座席を利用した
「博多~比田勝航路」の混乗便(ジェットフォイル直行便)なら2時間10分です。
https://www.tsushima-net.org/transport/to/ship1

【対馬で使える体験クーポン付きのお得な乗船券情報】
「長崎しま旅わくわく乗船券」なら、
往復運賃に100円プラスするだけで、対馬で使える体験クーポンが
2,000円~8,000円分付いてきます!!
https://www.nagasaki-tabinet.com/feature/coupon/top/

▶販売額・体験クーポンの内訳一覧(PDF)

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

あなごの刺身 あなご亭

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

長崎県対馬市は、あなごの水揚げ量日本一!!

特に対馬市の西沖、韓国との国境付近の海域で獲れる天然あなごは
脂のノリが格別。
丸々としていながらも身が締まり、独特な歯ごたえが楽しめるんですよ~!!

島内の飲食店で
刺身、白焼き、カツなどさまざまな料理として提供されているのですが、

私の一押しは「刺身」。
プリプリ&コリコリの食感で、ほんのり甘いんです❤

あなごは鮮度が命なので、
刺身でいただけるのは日本一の水揚げ量を誇る対馬ぐらいかも?
(ちなみに醤油はつけずに塩だけでいただくのが通の食べ方)

対馬産の天然あなごは
以下の2店舗をはじめ、市内各地の飲食店で食べることができます。
あまりの美味しさに、驚くこと間違いなし。

◆あなご亭(「ミシュランガイド」「ながさきグルメセレクション」掲載)
所在地:〒817-1201 長崎県対馬市豊玉町仁位2091-3
電話番号:0920-58-2000
詳細情報はこちら
食レポ記事はこちら

◆すし処 慎一(「ながさきグルメセレクション」掲載)
所在地:〒817-1702 長崎県対馬市上対馬町古里13-3
電話番号:0920-86-3749
詳細情報はこちら

長崎県民が選んだグルメ店100『ながさきグルメセレクション』
https://www.nagasaki-tabinet.com/n-selection/2017nintei.cfm
ミシュランガイド公式
https://japanguide.michelin.co.jp/

 

【対馬へのアクセス方法】

IMG_3999

◆飛行機で対馬へ

福岡空港または長崎空港から対馬空港へ1日4~5便あります。
どちらも所要時間は片道30~40分。
https://www.tsushima-net.org/transport/to/air

【対馬で使える体験クーポン付きのお得な航空券情報】
「宿泊」+「飛行機」のパック商品に島での体験クーポンが付くお得なチケット
「長崎しま旅わくわく航空券」なら
福岡⇔対馬 6,500円分
長崎⇔対馬 7,000円分 の体験クーポンが付いてきます!!
https://www.nagasaki-tabinet.com/feature/coupon/air/

image_cvE6ORTWX7

◆船で対馬へ

博多港(福岡県)から対馬・厳原港(対馬南部)と比田勝(対馬北部)へ
それぞれ高速船とフェリーが運航しています。

<博多港から厳原港(対馬南部)>
ジェットフォイル(高速艇)で片道2時間15分、フェリーで片道4時間40分。
それぞれ1日2往復。

<博多港から比田勝港(対馬北部)>
フェリーで片道5時間50分(1日1往復)。
また「福岡~釜山航路」(国際線)の高速船ビートルの一部座席を利用した
「博多~比田勝航路」の混乗便(ジェットフォイル直行便)なら2時間10分です。
https://www.tsushima-net.org/transport/to/ship1

【対馬で使える体験クーポン付きのお得な乗船券情報】
「長崎しま旅わくわく乗船券」なら、
往復運賃に100円プラスするだけで、対馬で使える体験クーポンが
2,000円~8,000円分付いてきます!!
https://www.nagasaki-tabinet.com/feature/coupon/top/

▶販売額・体験クーポンの内訳一覧(PDF)

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

金田城跡

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

長崎県対馬市の古代山城・金田城が、
9月16日(月)にNHKで放送された
【あなたも絶対行きたくなる!日本「最強の城」スペシャル】において、

日本「最強の城」に選定されました!!

「最強の城」とは、城好き芸能人の皆さん
(高橋英樹さん、春風亭昇太さん、小日向えりさん)が大激論のすえに選ぶ
「視聴者の皆さまにぜひ訪ねて頂きたい」城のこと。
番組MCは恵 俊彰さん、解説は奈良大学・千田嘉博先生です。

江戸城、丸岡城、竹田城など全国7か所の名城が
「天守が美しい城」「守りの堅城」「天空の城」として
エントリーしていましたが、

「天空の城」部門の金田城が
見事「最強の城」に選出されたのです!!

金田城は「かなたのき」(古称)、「かねだじょう」(史跡)の読み方があります)

 

◆国指定特別史跡「金田城跡」とは

学校の教科書にも出てくる
662年の朝鮮出兵「白村江の戦い」の後、国防のためにできた山城の跡。

写真は1350年前の石積みなんですって!!
そのままの姿で残っているなんて感動的です。

金田城跡は日露戦争の時にも要塞が築かれるなど、
日本が危機的な状況に陥ったとき、2度に渡って国防の拠点となった重要な場所。

頂上に登ると浅茅(あそう)湾を一望できる絶景です!

IMG_3422

爽やかな秋は歴史トレッキングにぴったり。
「日本最強の城」に選定された
天空の城「金田城」に登って、古代からの絶景を味わってみては!?

 

◆放送を見逃した方へ
9月29(日)14:00~15:00に再放送されますので、ぜひご覧ください!
【あなたも絶対行きたくなる!日本「最強の城」スペシャル】
NHK公式サイト

※この記事に関する詳しい情報は、対馬市観光物産協会のブログをご覧ください
http://blog.tsushima-net.org/?eid=2056

 

【対馬へのアクセス方法】

IMG_3999

◆飛行機で対馬へ

福岡空港または長崎空港から対馬空港へ1日4~5便あります。
どちらも所要時間は片道30~40分。
https://www.tsushima-net.org/transport/to/air

【対馬で使える体験クーポン付きのお得な航空券情報】
「宿泊」+「飛行機」のパック商品に島での体験クーポンが付くお得なチケット
「長崎しま旅わくわく航空券」なら
福岡⇔対馬 6,500円分
長崎⇔対馬 7,000円分 の体験クーポンが付いてきます!!
https://www.nagasaki-tabinet.com/feature/coupon/air/

image_cvE6ORTWX7

◆船で対馬へ

博多港(福岡県)から対馬・厳原港(対馬南部)と比田勝(対馬北部)へ
それぞれ高速船とフェリーが運航しています。

<博多港から厳原港(対馬南部)>
ジェットフォイル(高速艇)で片道2時間15分、フェリーで片道4時間40分。
それぞれ1日2往復。

<博多港から比田勝港(対馬北部)>
フェリーで片道5時間50分(1日1往復)。
また「福岡~釜山航路」(国際線)の高速船ビートルの一部座席を利用した
「博多~比田勝航路」の混乗便(ジェットフォイル直行便)なら2時間10分です。
https://www.tsushima-net.org/transport/to/ship1

【対馬で使える体験クーポン付きのお得な乗船券情報】
「長崎しま旅わくわく乗船券」なら、
往復運賃に100円プラスするだけで、対馬で使える体験クーポンが
2,000円~8,000円分付いてきます!!
https://www.nagasaki-tabinet.com/feature/coupon/top/

▶販売額・体験クーポンの内訳一覧(PDF)

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

1

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

田川憲(明治39年~昭和42年)は、
長崎にまつわる数多くの作品を残した版画家。

戦前は南山手に暮らし、上海・五島を経て再び長崎へ。
誰よりも深く長崎を愛した彼は、
戦後の開発で変わりゆく居留地や解体される前の旧浦上天主堂などの
「失われゆく長崎の風景」を、
異国情緒あふれる版画作品として世に出したことで知られています。

また長崎県民の私たちにとっては、長崎土産として人気がある
老舗洋菓子店「梅月堂」のクッキー「南蛮おるごおる」のパッケージや、
カステラ元祖「松翁軒」の紙袋デザイン等で馴染み深い作家でもあります。

500IMG_0085

先日、長崎を代表する観光地のひとつ「出島」のすぐ側にある
田川の作品を常設するアートルーム「Soubi’56」にお邪魔しました。

現存する長崎最古のビルといわれる日新ビル1階の
隠れ家のような一室。

「Soubi’56」は、田川憲が残した数多くの作品を所蔵管理する
孫の田川俊さんとその妻・由紀さんが、
田川の作品を多くの人に知ってもらう場として、
また彼の作品を愛する人々の交流拠点として
2018年1月にオープンした小さなアートルームです(閲覧無料)。

500IMG_0068-1

右)温かく迎えてくださったオーナーの田川由紀さん。
毎週日曜日は、由紀さんの夫で田川憲の孫である俊さんが在廊しています。

「Soubi」という屋号は、
大浦天主堂にあるステンドグラスの「バラ窓」をモチーフにした田川の作品
「十字薔薇(じゅうじそうび)の窓」が由来なのだとか(「そうび」は「薔薇」の音読み)。

(白いブラウスの2人は、長崎県庁にインターン生として来ていた女子大生たち。
この日は初めての取材同行にワクワクしていたようです。)

500IMG_0073

「Soubi’56」で展示されているのは
田川憲の作品1点を中心に、
それに関連する手記などのみ(展示替えは2ヶ月に一度)。

大きな美術館とは違い
展示点数を絞っているからこそ、
オーナーに話を聞いたり、作品にまつわる手記を読んだりしながら
1つの作品をじっくり鑑賞することができます。

田川のファンやゆかりの方がふらりと訪れて
貴重な資料を寄贈したり、数時間話し込んでいくことも多いのだとか。

500IMG_0070-1

取材時には「蘭館(おらんだやしき)」という作品を中心に、
それにまつわる手記など計3点が展示されていました。

奇しくもこのアートルームがある「出島」の地で
江戸時代に行われていたオランダ貿易を題材にした作品です。

500IMG_0071

「当時の日本中の眼は長崎 ― それもこの出島という一点に凝集されていた」 (手記より一部抜粋)

田川憲は版画だけでなく多くの手記を残しています。
作品鑑賞とあわせて手記を読むと、
作品の背景や込められた想いなどをより深く理解することができるし、
なによりも田川が綴る味わい深い文章に
長崎という街の奥深い魅力を感じることができます。

500IMG_0079

こちらは田川が制作に関わっていた
長崎におけるタウン誌の元祖ともいえる
「長崎手帖」(1956~1968年)。
創刊号から全て揃っていて、手に取って中身を見ることもできます。
昭和時代の長崎で流行っていたものや
デパート広告など興味深いページも。

出島の小さなアートルームで田川憲の作品を味わうひとときは
長崎らしく、とても贅沢な時間でした。

【Soubi’56】
〒850-0862長崎市出島町10-15日新ビル106
電話:095-895-7818
作品自体の販売はありませんが、
オリジナルのポストカード、ブックカバーなどが販売されています。
公式Facebook 
公式Instagram

【お知らせ】

この秋、長崎県内では「Soubi’56」以外にも田川憲の作品に触れる機会があります。
あわせて出かけてみてはいかがでしょうか。

◆長崎居留地まつり
2019年9月15日(日)

①10:00~11:30 ②14:00~15:30
長崎市 旧香港上海銀行長崎支店記念館にて、田川憲の孫である田川俊氏が
【田川憲と居留地「大浦BUND」】と題したギャラリートークを開催。
原画の展示もあります(参加費無料、定員25名)
https://www.at-nagasaki.jp/event/51065/

◆長崎原爆資料館
2019年8月2日(金)~10月27日(日)

【田川憲──失われゆくものへのまなざし】
旧浦上天主堂や原爆に関する作品9点をはじめ、版木や手記などを展示。
https://nagasakipeace.jp/content/files/abm/kikaku/kikaku.pdf

◆親和アートギャラリー(佐世保市)
2019年9月5日(木)~10月16日(水)

秋季企画展「自画・自刻・自摺~創作版画の世界」
https://www.shinwabank.co.jp/aboutus/artgallery/

366IMG_0078

私が好きな長崎の定番みやげ「南蛮おるごおる」(クッキー)。
異国情緒あふれるパッケージは田川憲の作品です。

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓