| 文化庁メディア芸術祭 長崎展

| ブログテーマ: 美術館・博物館 長崎市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

640ogp

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

長崎市では、長崎県美術館などウォーターフロントエリアの4会場を回遊しながら
わくわくするような新進気鋭のメディア芸術に触れることのできる
文化庁メディア芸術祭 長崎展
「ワンダリングワールド ~メグル・ココロ・オドル~」が開催中です。

【会期:2020年1月8日(水)~1月19日(日) 】
【入場料・参加費 無料】

長崎での開催は初。
アート、エンターテインメント、アニメーション、漫画の4部門の受賞作品を中心に、
新進気鋭の33作品が展示・上映。
体験型の展示や多彩なワークショップも目白押しです!

長崎県美術館をメイン会場に、
長崎県庁舎、長崎市旧香港上海銀行長崎支店記念館、長崎港松が枝国際ターミナルという
4つの会場で盛りだくさんの展示が行われていますが、

当ブログでは、長崎県庁舎会場をメインにご紹介したいと思います。

長崎県庁舎では、
1階のエントランスホールと8階の展望室が会場になっています。

500キービジュアル@眼鏡橋

◆長崎県が舞台のアニメ2作品上映

1月11日(土)・12日(日)の2日間は、
長崎県が舞台のアニメ2作品が県庁1階大会議室で全話一挙上映!!
見逃した方も何度も見た方もこの機会にぜひご覧ください!

●1月11日(土)13:00~「坂道のアポロン」〔全12話〕佐世保市が舞台
https://mediaarts-nagasaki.com/works/work26.html

●1月12日(日)12:00~「色づく世界の明日から」〔全13話〕長崎市が舞台
https://mediaarts-nagasaki.com/works/work27.html

500IMG_1728

また「坂道のアポロン」は会期中、県庁8階の展望室で原作の漫画が全巻閲覧できますよ!!
1階でのアニメ版の上映と併せて、ソファに座ってゆっくり読みハマってみては?

県庁8階の展望室にはこのほかにも長崎ゆかりのマンガ作品や
メディア芸術祭の第22回マンガ部門受賞作品、
長崎県の「長崎しまの芸術祭」・「描いてみんね!長崎」事業で制作された作品が展示されています。
(全て閲覧可能)
https://mediaarts-nagasaki.com/works/work54.html

500IMG_1688

◆ 【1階】ARまちあるき@長崎

AR技術を活用して風景の移り変わりを見ることができる体験型作品。
長崎の昔の風景写真にタブレット端末をかざすと、現在の風景写真を重ねてみることができます。
長崎の過去と現在が交錯する体験をぜひ!
https://mediaarts-nagasaki.com/works/work09.html

◆【ツアー】ARまちあるき@長崎

1月11日(土)・12(日)・13(祝)・18日(土)・19日(日)の5日間は、
長崎さるくガイドの案内で、上記のタブレット端末を手にAR技術を使って
今と昔の長崎の風景を見比べるまち歩きツアーが行われます。
展示とツアー、あわせて楽しみたいですね!
https://mediaarts-nagasaki.com/works/work10-19.html

500IMG_1697

◆【1階】Unlimited Corridor

VR(バーチャルリアリティ)技術を活用したユニークな装置で不思議な体験を!
上の写真は一見無機質な手すりだけに見えますが、
専用ゴーグルをつけると視界いっぱいに高層ビルの世界が出現!
VRの不思議な世界の中を、ビルから落下しないよう恐る恐る手すりにつかまりながら進み、
遠くにある赤い風船を捕まえるゲームに挑戦しましょう!
(画像では分かりにくいですが、実際に試してみると手に汗握るほどドキドキする体験です...。ぜひ。)
https://mediaarts-nagasaki.com/works/work28.html

500IMG_1714

◆【1階】映像プログラム上映コーナー

長崎県が招聘したフランス人映像アーティスト
ジュスティーヌ・エマール氏が
壱岐で制作した3編の映像作品などを随時上映。

壱岐の前衛書家グウ・ナカヤマ氏が
地元・壱岐高校の男子生徒たちの背中に描くのは、
文字の起源のようなダイナミックで不思議な「象徴」。

ゆっくりと海中に入水していく彼らの姿をフランス人芸術家が
まるで「禊(みそぎ)のように神秘的なイメージで表現しているのが印象的でした。

日本が大好きで今までに15回も来日し
各地で映像作品を制作しているというジュスティーヌ氏は
壱岐についての印象を、
「大陸との国境に位置するクロスカルチャーの島。
日本文明の源であることを物語る歴史遺産の数々は神秘的で興味深い」と語ってくださいました。

1

フランス人映像アーティスト ジュスティーヌ・エマール氏(写真左)。
彼女の作品は会期中、長崎県美術館の2階 講座室でも見ることができます。

◆【長崎県美術館2階 講座室】Co(AI)xistence(写真右)

メディア芸術祭アート部門の優秀賞を受賞した
人工知能ロボットを用いた映像インスタレーション作品。
人間と人工知能ロボットの動きが相互に作用することで成立するコミュニケーションが、
両者の共生の可能性を感じさせてくれます。
畳に座り、リラックスして鑑賞してみましょう。

ちなみに人間役で出演しているのは俳優の森山未来氏。
ジュスティーヌ氏の友人なのだそうです。
https://mediaarts-nagasaki.com/works/work55.html

文化庁メディア芸術祭 長崎展は
長崎県美術館をメインに長崎県庁舎など4つの会場で
1月19日(日)まで開催されています。

長崎のウォーターフロントエリアにある各会場を回遊しながら、
心おどる新たな世界を楽しんでみてはいかがでしょうか。

【文化庁メディア芸術祭 長崎展】

会期:2020年1月8日(水)~1月19日(日)
場所:長崎県美術館〔メイン会場〕、長崎県庁舎
長崎市旧香港上海銀行長崎支店記念館、長崎港松ヶ枝国際ターミナル
入場料:無料
公式サイト:https://mediaarts-nagasaki.com/

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

| 西山神社の元日桜

| ブログテーマ: 長崎市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

DSC_0036-01

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

新年あけましておめでとうございます!
今日から仕事はじめです(^▽^)/

 

お正月休みは長崎市の
諏訪神社松森神社西山神社の三社に初詣に行ってきました。

西山神社では「元日桜」が咲いていましたよ!

こちらの寒桜は、長崎県内で一番早く
正月頃から咲き始めるので「元日桜」と呼ばれています。

500DSC_0037-01

今年は暖冬のせいか、例年よりも開花が早いような…。

とは言ってもまだまだつぼみが多いので、見頃はこれから。

2020年も「長崎11社スタンプラリー」の加盟神社(チェックポイント)になっているので、
スタンプ台紙を片手に参詣する人の姿も多く見られましたよ。
(台紙は各加盟神社で配布しています)

DSC_4297

ちなみに西山神社の下には長崎特産「ざぼん」の原木(4代目)があります。
1667年唐船によってジャワから持ち込まれた種子が成長したものらしいのですが、
長崎の歴史の深さを感じますね~。

500DSC_0065

冬の陽だまりの中、のんびりと昼寝をしている猫たちにも出逢いました。
このあたりは車が入らない階段道だからか、人よりも猫に遭う数が多いくらいです。

本年も長崎県観光ブログ「Go!Go!ともっち」を、 どうぞよろしくお願いいたします(^▽^)/

【西山神社(妙見宮)】
場所:長崎市西山本町8-18 / 電話:095-823-1378
アクセス:諏訪神社電停・バス停から徒歩10分
基本情報はこちら
https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/227/

 

crus-bag-set

【プレゼント付きアンケートのお知らせ】

長崎県観光ポールサイト「ながさき旅ネット」では、旅先での食に関するアンケートを実施しています。
アンケートにお答えいただいた方の中から抽選で10名の方に長崎生まれのちょっと珍しい焼き菓子「クルス」と限定商品のトートバッグをセットにしてプレゼントいたします。
簡単なアンケートですので、ぜひご協力をお願いします。

■応募ページ
https://www.nagasaki-tabinet.com/feature/research/top/

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

8ff5944bd0f265612be0db44d474c29e

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

2020年1月24日(金)~2月9日(日)に開催される長崎の冬の一大風物詩
「2020長崎ランタンフェスティバル」。

期間中に2回行われる「皇帝パレート」は、
毎年長崎ゆかりの有名人が皇后・皇帝役として出演することで話題ですが…

2020年の皇帝・皇后役が決定しました!!

180636912_3612008115506048_2997188351364169728_n

◆2月1日(土)

皇帝役 2019年度ロマン長崎 苑田大誠さん (20)
皇后役 女優 宮﨑香蓮さん (26)

280636912_3612008115506048_2997188351364169728_n

◆2月8日(土)

皇帝役 THE RAMPAGE from EXILE TRIBE 浦川翔平さん (22)
皇后役 2019年度ロマン長崎 小谷花恵さん (20)

 

皇帝パレードは期間中2回行われます。

2月1日(土)14時~16時30分
2月8日(土)14時~16時30分

14:00に中央公園をスタート。
皇帝・皇后の神輿を中心に、総勢約150名が豪華な中国衣装を身にまとい、市街地を練り歩きます(ゴールは16:00湊公園)!!

8日のみ、活水中学高等学校吹奏楽部による中国衣装を着たマーチングも行われますよ!

その他、長崎ランタンフェスティバルの情報は
このブログでも随時紹介していきますので、お楽しみに!

それでは皆様、良いお年をお迎えくださいヽ(´▽`)/

【2020長崎ランタンフェスティバル】
開催期間:2020年1月24日(金)~2月9日(日)
点灯時間:期間中17:00~22:00まで点灯(点灯式の日のみ18:00~22:00、金曜・土曜は23:00まで)
会場:長崎市新地中華街、観光通りアーケード、中央公園 他
問い合わせ先:095-822-8888 (長崎市コールセンターあじさいコール)
詳しく⇒https://www.nagasaki-tabinet.com/feature/lp2_03/nagasaki_lantern/

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

IMG_1528

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

大村市にある「ミライon図書館」「大村市歴史資料館」を訪れたあとは、
近くの食事処でランチタイム。
約450年前、日本初のキリシタン大名として知られる大村純忠が賓客をもてなした献立を
現代風にアレンジした「純忠御膳」をいただきました!

市内10店舗の飲食店でいただける大村の新グルメで、各店が工夫をこらしたメニューを提供しています。

今回私がお邪魔したのは、ミライonから徒歩1分のところにある「お食事処 四季菜」

こちらで提供される「純忠御膳」1,650円(税込)は、
大村純忠が開いた貿易港・長崎から大村を通り北九州の小倉まで繋がる「長崎街道(シュガーロード)」をイメージし、大村の伝統的な郷土料理を中心に構成された特別メニュー。

中でも、大村ならではの郷土料理3品を紹介します。

500IMG_1540

◆大村産のピーナッツを使った「煮ごみ」

小学校の給食でも出される大村の定番メニュー。
大村ではピーナッツは酒のおつまみではなく、おかずなのだとか。
ほんのり優しい甘みの煮込み料理です。

500IMG_1536

◆さつまいもの「つきあげ」

さつまいもペーストに甘めの衣をつけてカラリと揚げた伝統スイーツ。
熱々ほくほくでいただくと何個でも食べられそうなほど美味しいんです!
(あまりの美味しさに、家族へのお土産にテイクアウトしました)

500IMG_1533

◆戦国時代の大村藩ゆかりの「大村寿司」

具だくさんで甘くて彩り豊かな大村名物の横綱。
おめでたい席にぴったりのメニューです。

それぞれ伝統的な調理方法で作られていて美味しいのはもちろんなのですが、
共通して言えることは…

「甘い」!!!

そう、別名シュガーロードといわれる長崎街道沿いに伝わる料理やお菓子は、
全体的に砂糖が多く使われており、「甘い」んです。

なぜ「甘い」のかというと…。

鎖国期、日本で唯一西洋との貿易窓口であった長崎・出島に荷揚げされた「砂糖」は、
長崎から諫早~大村~佐賀を通って小倉へと繋がる「長崎街道」を運ばれ、
京都・大坂、江戸など全国へと運ばれて行ったから。

当時、砂糖は貴重だったので、砂糖をふんだんに使った料理はとても贅沢なものだったんですね~。

ちなみに「甘さが足りないこと」を古い長崎弁では「長崎が遠か」と言うんですよ♪

大村にお出かけの際は、戦国~江戸時代の長崎・大村に思いを馳せながら
「純忠御膳」を召し上がってみてはいかがでしょうか。

【お食事処 四季菜】
◆所在地:長崎県大村市東本町35-1
◆電 話:0957-53-0283
◆営業時間:
火水木金 昼11時~14時半、夜17時~20時半(O.S.)
土日祭日 昼11時~夜20時半(O.S.)
◆定休日:月曜
※純忠御膳は前日までにご予約していただくと確実です。
◆駐車場あり(大型バスは要予約)

◆「純忠御膳」各店のメニューが記載されたリーフレットはこちらからご覧いただけます。
(大村観光コンベンション協会HP)
https://www.e-oomura.jp/news/info/20191111-2985.html

◆関連記事
【大村・ミライon図書館】
http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-11067/

【大村市歴史資料館】
http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-11079/

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

0

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

大村市の「ミライon」は、ミライon図書館と大村市歴史資料館との複合施設。
今回のブログでは資料館の方をご紹介します。
( ⇒ ミライon図書館についての記事はこちら)

大村の歴史といえば、私はやはり初代キリシタン大名の大村純忠や天正遣欧少年使節など、
ヨーロッパと繋がっていた大航海時代が気になります。

こちらの資料館はその時代を中心に、本物の歴史資料だけでなく、
シアターや模型などを交えた展示で大村の歴史を楽しく学ぶことができるのが特徴。

従来の資料館のおよそ2倍のスペースに、
シアター、常設展示室、企画展示室の3つの展示室があります。

◆シアター
3方向の壁面を使った臨場感あふれるシアターで、2本のプログラムが常設で上映されています。

TRIM_20191224_175100_000001

【1】チームラボ監修 デジタル絵巻「南蛮屏風図 天正遣欧少年使節」

(上映時間:ミニ映画の上映以外の時間帯)

大航海時代の長崎港などでの南蛮貿易の様子を描いた「南蛮屏風図」をモチーフに、
歴史を楽しく学べるデジタルコンテンツ。
監修は世界的に評価の高い話題の映像制作集団「チームラボ」です。
(以前、大村公園や大村ボートで行われたアートイベントも盛況でしたね)

画面をよく見ると…
織田信長、豊臣秀吉、大村純忠など歴史上の有名人が闊歩しているではありませんか!

しかも画像をタッチすると、喋る!動く!(人物だけかと思いきや、動物たちも)
歴史上の人物は時代劇風の日本語で、宣教師はポルトガル語で、象は迫力満点鳴き声で「パオーン」。

500TRIM_20191224_175100_000148

また、スマホやタブレットを使って遊ぶコンテンツもあります。
天正遣欧使節のひとりを選んで、
スクリーンに「シュッ」と投げ込むと、選んだ少年に命が吹き込まれ、作品世界に降臨!
少年を4人揃えて作品中で「イベント」にチャレンジしてみましょう。

無題0

服や色などをカスタマイズすることもできます。

楽しく遊ぶことで歴史に触れられるって良いですね!
これ、相当ハマります(笑)ずっと遊んでいたいほど。

 

IMG_1468

【2】グローバルシアタームービー「遥かなる天正遣欧少年使節」

(上映時間:毎時00分/30分から 8分間)

バチカンでロケを行った美しいミニ映画。
天正遣欧少年使節のローマへの旅を、映像・資料を交えて紹介しています。
見どころは少年使節が実際にローマ教皇に謁見を行った「帝王の間」。
今回特別に撮影が許可され、見ごたえある映像となっています。

IMG_1488

◆「常設展示室」

大村藩領の歴史を、古代から近代まで体系的に知ることができます。
見どころは大村藩が世界と交わった「キリシタン時代」と「幕末」。
模型や映像なども交えて子どもや初心者でもわかりやすい展示になっています。

1

メダリオン「無原罪の聖母」(長崎県指定有形文化財)は、
禁教初期の1639(寛永16)年に亡くなった大村藩の重臣の墓から発見された
禁教期の貴重なキリシタン資料。

ポルトガルと日本の技術が融合したエキゾチックな「南蛮漆器」も(展示替えの可能性あり)。

 

◆「企画展示室」

2020年1月11日からは初めての企画展となる「新収蔵品展」が開催。
坂本龍馬の書状や大村藩主が所蔵していた万国人物図など計49点が展示される予定。

ミライonは、図書館と歴史資料館の一体型施設なので、
大村藩の歴史についてもっと知りたくなったら
本で調べたり、郷土関連資料を閲覧することができるのも魅力的ですね。

プライベートでゆっくり学びに行こうっと。

 

【大村市歴史資料館】
〒856-0831 長崎県大村市東本町481(ミライon内)
TEL: 0957-48-5050
●開館時間 10:00~18:00
●休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)/年末年始(12/28~1/5)
毎月の末日(土日祝日の場合は翌日)/特別整理期間(10日間以内)
●入館無料 ●駐車場あり(ミライon図書館と併用)
http://www.omura-dejihaku.jp/odal/index.php

【近くのおすすめグルメ情報】

大村の歴史に触れたあとは、近くの食事処でランチタイム。
約450年前の大村純忠邸の献立からセレクトし現代風にアレンジされた、
「純忠御膳」をいただきました!

⇒ ⇒ ⇒ 「純忠御膳」のレポート記事はこちら

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓