↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

1

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

顔ハメ看板…それは全国津々浦々の観光地などに設置された
ユニークな記念写真を撮るための、おもてなしアイテム。

ご当地名物などを描いた薄い板にぽっかりと開いた丸い穴に
「にゅ」っと顔をハメることができるアレです。

旅先で見つけると思わず写真を撮りたくなるけれど、
正直ちょっと、こっ恥ずかしい。
という微妙なやつ…。

と思っていたら、
「顔ハメ看板にハマること」を目的に全国を旅をする
「顔ハメ看板ニスト」の塩谷朋之さんが先日、長崎県庁に来訪。

2 500image2

塩谷さんは、仕事の傍ら全国各地で顔ハメ看板の写真を撮り続け、
ハマった看板の数は2019年現在で4,000枚以上というツワモノ(普段は東京在住の会社員)。

このたび日本初となる各都道府県の顔ハメ看板を紹介していくシリーズ本

その名も【顔ハメ百景】を出版したのだとか !(゚Д゚ノ)ノ

しかも、記念すべきその第一弾は「長崎」!!

ページをめくってみると、
長崎市内や県北・県央・島原半島などの本土地域はもちろん
対馬・壱岐などの離島地域にいたるまで、
長崎県の魅力がユニークな切り口で紹介されています。

3

個人的に気に入ったのはこの2枚。

左)長崎ペンギン水族館で、あえてペンギンではなく
長崎名物の珍味「からすみ」になりきった1枚。
シュールすぎます…。

右)長崎銘菓「クルス」の、ステンドグラスが長崎らしい顔ハメ看板。
こんな可愛らしい看板でもあえて無表情で写真に収まる塩谷氏。
こだわりが感じられます。

4 500image4

長崎県庁で行われた出版記者会見の様子

観光地などを訪れた際は、恥ずかしさを噛み締めつつも
「顔ハメ看板」にハマってみると、新たな旅の楽しみを発見できるかもしれません(^▽^)/

5 500DSC_6462

長崎県内の顔ハメ看板をエリア別に紹介した塩谷さんの新刊はこちら。
巻末にはモデルコースもあり!

【顔ハメ百景 長崎 天領ぶらぶら編】
著者:塩谷朋之
発行所:阿佐ヶ谷書院
発刊日:2019年10月20日
定価:1,000円 + 税

◆「顔ハメ看板ニスト」塩谷朋之さんのTwitterはこちら
https://twitter.com/shioya20

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

| ローマ教皇が長崎をご訪問!!

| ブログテーマ: お知らせ 長崎市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

1-115

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

2019年11月24日(日)、ローマ教皇フランシスコ台下が長崎を訪問されました。
ローマ教皇の訪日および来県は1981年のヨハネ・パウロ2世以来、38年ぶり。
今回の長崎訪問では朝から爆心地公園日本二十六聖人殉教地(西坂公園)を訪問されたあと、
午後からは長崎県営野球場で3万人規模のミサを行いました。

※ 私は県営野球場の観光案内ブース対応をしていたので、ミサ会場の様子を中心にご紹介します。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

38年前にローマ教皇が長崎を訪れた際は大雪だったそうですが、
今回のご訪問は、朝から雷鳴が轟く大雨…。

◆爆心地公園にて

朝の飛行機で東京から長崎に到着されたローマ教皇は、雨が降りしきる中、
爆心地公園で長崎原爆の犠牲者らに祈りを捧げ、核兵器廃絶と平和に関するスピーチを行いました。

《スピーチの全文はこちら(長崎県国際課HP)》

3

4

 

◆日本二十六聖人殉教地(西坂公園)にて

次に日本二十六聖人殉教地(西坂公園)
を訪れたローマ教皇は、雨が降り続く中、キリスト教禁教期に長崎・西坂の地で殉教した二十六人聖人たちに祈りを捧げ、スピーチを行いました。

5
6

 

◆午後は長崎県営野球場で、3万人規模の教皇ミサ

私はこの日、朝から県営野球場の観光案内ブース対応をしていました。

午前中は雷鳴が轟く大雨。
参列者の方々は屋外の野球場で雨に濡れながら長時間待たれていたのですが…。

驚くことにミサが始まる前には天気が一転!!
青空が広がりパーッと太陽の光が射し、汗ばむほどの陽気となりました!!

2

1

満を持してローマ教皇が入場されると、会場からは

「パパ様~!!!!」

という大歓声が湧き起こります。

ローマ教皇は専用車「パパモービル」に乗って笑顔で手を振りながら場内をまわり、ミサに臨まれました。

11

祭壇には長崎原爆で倒壊した浦上天主堂から見つかった「被爆マリア像」(写真右手)も。

ミサ終了後、参列者の方々が晴れ晴れとした明るい表情で会場をあとにされていたのが印象的でした。

8

この日、私たち県の観光振興課はミサ会場の入口に案内ブースを設け、
国内外からお越しになった参列者の方々に観光案内をさせていただきました。

ミサの当日や翌日は、今回ローマ教皇が訪問された爆心地公園や日本二十六聖人殉教地(西坂公園)、
「日本の聖母マリア像展」が開催中(12/7まで)の長崎歴史文化博物館などを訪れる方も多かったようです。
また五島列島や平戸など、世界遺産に登録された潜伏キリシタンに関連する地域への問い合わせもありました。

私たちのお隣には「オフィシャルグッズコーナー」。
限定グッズが人気を集めていました。

松尾補佐撮影-500

ミサ会場の入口には、ローマ教皇と一緒に写真を撮れるフォトコーナーも。
(うっかりツーショット写真を撮り忘れたのが悔やまれます)

10-111

長崎での全行程を終えたローマ教皇は、
長崎空港から専用機で次の訪問地である広島へと飛び発たれました。

私自身はキリスト教徒ではありません。
ですが、長崎県民として、日本国民として
ローマ教皇が長崎から発信してくださった核兵器廃絶と平和のメッセージを、今一度かみ締めたいと思います。
《爆心地公園での核兵器廃絶に関するスピーチの全文はこちら(長崎県国際課HP)》

 

【関連情報】

◆長崎県観光ポータルサイト「ながさき旅ネット」では、ローマ教皇の来日を記念し、
特集ページ【長崎から平和を願う~世界遺産と祈りの旅】を公開中です。ぜひご覧ください。
https://www.nagasaki-tabinet.com/feature/20191124/top/

 

長崎歴史文化博物館で開催中の「日本の聖母マリア像展」では、ローマ教皇がご覧になったマリア観音像とロザリオのほか東京国立博物館所蔵の貴重な資料など58点が展示されてます(2019年12月7日まで/無料)
http://www.nmhc.jp/

 

長崎原爆資料館では、爆心地公園での式典で使用したロウソク台(バチカン製/教皇の紋章入り)や直筆のメッセージをはじめ、ローマ教皇関連の品々が展示されています(2020年3月末まで/無料)
https://nabmuseum.jp/

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

| 波佐見皿山器替まつり

| ブログテーマ: イベント 波佐見町

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

波佐見皿山器替まつり2019

(チラシのダウンロードはこちらをクリック)波佐見皿山器替まつり

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

早いもので明日から12月。
というわけで、師走におすすめのイベントをご紹介します。

12月7日(土)~8日(日)に波佐見町で開催される
「波佐見皿山器替まつり(はさみさらやま きがえまつり)」は、

家庭で使わなくなったり、欠けてしまった器を持参すると、
その器と交換で、
お好きな新しい器を50%OFFで購入できる師走恒例のお祭り(各店お1人様につき1個)。

家庭から持参した器は、建築関係の骨材としてリサイクルされるのだとか。

新たな器に「器替えて(きがえて)」新鮮な気持ちで新年を迎えることができ、
なおかつエコにも繋がる師走におすすめのイベントです。

8日(日)には県指定無形民俗文化財「皿山人形浄瑠璃」の公演もありますよ。
(13:30皿山人形浄瑠璃会館にて)

 

【第15回 波佐見皿山器替まつり】
◆会場:〒859-3727 長崎県東彼杵郡波佐見町皿山郷周辺
◆期間:2019年12月7日(土)~12月8日(日)
◆時 間:9:30~17:00
◆駐車場:無料完備(チラシ参照)
◆交通アクセス:
< 自家用車 > 西九州自動車道 波佐見・有田ICから車で10分
< 路線バス > 佐世保バスターミナルから西肥バス 嬉野方面行きに乗車、「皿山バス停」下車すぐ
◆問い合わせ先:
波佐見町役場 商工振興課 電話:0956-85-2162
aiyu(アイユー)電話:0956-85-2600
基本情報はこちら
(チラシのダウンロードはこちらをクリック)

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

1

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

少し間があいてしまいましたが、
長崎県・五島列島の北部 小値賀島の旅シリーズ 最終回です。

⇒ ⇒ 今回の旅の記事一覧はこちら「小値賀島のこと1~4」

 

有名な観光スポットもコンビニもない五島列島のはじっこにもかかわらず、旅人を魅了する小値賀島。
時間が許すならばあまり予定を詰め込まず、人々の生活の息吹と島の空気を感じながら
レンタサイクルや徒歩でぶらりと散策するのがおすすめです。

今回撮影した風景をいくつか紹介します。

3

中心地から少し離れると「牛に注意」の看板が!
朝夕は放牧場に通う牛たちの通勤風景に出会えることも。

2

左)海に向かって立つ「地の神島神社」の鳥居。
3km先の野崎島にある「沖の神島神社」と対をなしています。
なんと700年代(奈良時代)に造られた神社だというから驚きです!

右)赤い砂が火星っぽい(?) 「赤浜海岸」。
小値賀は火山の島なので、このように鉄分を多く含んだ赤い砂が見られるのだとか。

4

およそ450mに渡って美しい緑の松並木が続く「姫の松原」。
マンホールのイラストにも採用されています。

5_MG_7843_小値賀町夜景

島で星を見る。

空気が澄んでいて街の灯りが少ない離島では、
晴れていれば満天の星空を鑑賞することができるらしいと聞き、

星に詳しい地元ガイドさんの解説を聞きながら
ゆったりとリクライニングシートに座って鑑賞できる
「星空ナイトツアー」に参加しました。
「長崎しま旅わくわく乗船券」の体験クーポンが使えます)

この夜はちょうど流星群を観ることができました。

波の音とガイドさんの説明を聞きながら過ごす、星降る夜。

非日常の旅は心を豊かにしてくれます。
あぁ、このまま眠ってしまいそう。

◆おぢか星空ナイトツアー
(「長崎しま旅わくわく乗船券」の体験クーポンが使えます)
https://www.nagasaki-tabinet.com/tour/64790/

 

7

島から帰る日。

朝から海でSUP体験をしたあとは
13:45発の佐世保行き高速船に乗るべく笛吹港ターミナルへ。
(マリンスポーツ「SUP」は夏場のみの営業なので、時期を改めてご紹介します。基本情報はこちら

5

ちょうど港にキッチンカーがいたので、軽く昼食をとることにしました。
椅子と机も準備されているので、座ってゆっくり食べることができます。

6

この日いただいたのは
小値賀産のピーナッツを使ったピーナッツカレー&チーズサンド(500円)と
小値賀産レモンを使ったレモンスカッシュ(500円)。

笛吹港ターミナルのほか島内のいろいろなところで移動販売をしているので、
最新情報はInstagramまたは電話で確認を。

◆キッチンカー flour jams(フラワー ジャムズ)
Instagramアカウント @flourjams / 電話:090-5335-3523

さて、お腹を満たしたところでターミナルから帰りの船に乗り込みます。
(あぁ、帰りたくない・・・。)

8 500島で買ったお土産

こちらは小値賀島で買ったお土産たち。
小値賀の落花生は、コクがあってほんのり甘い。
赤土×潮風×天日干しがその秘密のようです。

スマートなパッケージに入った「落花生とうふ」は友人へのお土産にしました。

8

五島列島のはじっこの 時を紡ぐ小さな島で 築100年を越える古民家に泊まり、
そこに暮らす人々の生活の息吹を感じながら のんびり ゆったり過ごす小値賀の旅は、
最高の「心の贅沢」だったような気がします。

⇒ ⇒ 今回の旅の記事一覧はこちら「小値賀島のこと1~4」

 

【参考情報】

◆おぢか島旅(小値賀町観光公式サイト)

◆私が書いた小値賀のブログ一覧はこちら

◆長崎の「しま」をお得に楽しめる「長崎しま旅 わくわく乗船券」(公式)

◆島の人と触れ合いながら食の体験はいかが?(小値賀島・宇久島)

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

| 2019年 紅葉情報

| ブログテーマ: 長崎市 雲仙市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

紅葉シーズン真っ盛り!!
というわけで今日のブログでは、長崎県内の紅葉の名所の中から、これから見ごろの本番を迎えるスポットを2つご紹介します。

FB_IMG_1574396567368

◆心田庵(長崎市)

長崎市の中心部で楽しめる紅葉といえばこちら。
心田庵は江戸時代、長崎貿易に関わる仕事をしていた唐通事 何兆晋(がちょうしん)が建てた別荘で、彼の亡き後は、長崎奉行所の迎賓館としても使用されていた由緒あるスポットです。
日本庭園と茅葺建物に紅葉が映えて、心がホッとする美しさ。
一般公開期間中は毎日、お抹茶とお菓子のサービス(税込500円)もありますよ。

公開期間:2019年11月22日(金)~12月8日(日)
所在地:長崎市片淵2丁目18番18号

取材レポートはこちら(2015年秋)
http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-4447/
基本情報はこちら
https://www.nagasaki-tabinet.com/event/61084/

三十路苑

◆三十路苑(雲仙市)

雲仙岳の麓に広がる約8,000坪の敷地(私有地)を彩る圧巻の紅葉。
広大な敷地で鮮やかな紅葉を楽しむことができます。
仁田峠や雲仙温泉街の紅葉は盛りをすぎましたが、標高の低い三十路苑の紅葉はこれからが本番。
雲仙や小浜の温泉とセットで秋の休日を満喫してみては?

公開期間:2019年11月17日(日)~12月1日(日)
所在地: 長崎県雲仙市小浜町南木指

取材レポートはこちら(2017年秋)
http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-8286/
基本情報はこちら
https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/51513/

「ながさき旅ネット」では、県内の紅葉情報をたくさん紹介しているので、
ぜひチェックしてください。
【紅葉特集!秋の絶景を満喫】https://www.nagasaki-tabinet.com/course/62273/

今しか見ることのできない秋の風景を愛でに
出かけてみてはいかがでしょうか。

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓