| 雲仙仁田峠プレミアムナイト2018春期

| ブログテーマ: イベント 雲仙市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

666830aaab4d1d657656950c1bb18453

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

こんにちは!ともっちです☆
夜空を駆ける雲仙ロープウェイに乗って、
満開の「ミヤマキリシマ(ウンゼンツツジ)」のライトアップ、
そして標高1300メートルの高さから「満天の星空」を眺めに行きませんか?

2016年から夏・秋に開催されている
「雲仙仁田峠プレミアムナイト」が、好評につき
「ミヤマキリシマ」が見頃を迎える5月に初開催されますよ!!
(⇒開催日時など詳細はこちら)

「雲仙仁田峠プレミアムナイト」とは、
1956年(昭和31年)仁田峠循環線開通以降
夜間の通行が禁止されている仁田峠に、
地元を知り尽くしたスペシャルガイドの案内で
特別に立ち入ることができるスペシャルツアー。

今回初めてとなる春季開催では、
ロープウェイの眼下に広がるピンク色の花のじゅうたんが、
ライトアップの光に包まれて輝きます!!

ツアーは、5月15日(火)~ 21日(月)の全7日間、
1日2便(①19:00~/②20:00~)の催行。

雲仙温泉街の中心にある島鉄バス雲仙営業所前に集合し、
約2時間のナイトバスツアーの始まり始まり♪

500IMG_7229-1

バスに乗り込み、通常は夜間の立ち入りが禁止されている夜の仁田峠へ向かいます!!

500IMG_8785

例年5月中旬に見頃を迎える色鮮やかなミヤマキリシマ。

今回のスペシャルツアーでは夜間ライトアップされた
幻想的な光景を楽しむことができるのだそうです!!

【参考】4月30日現在の開花状況
◆雲仙地獄(標高680m)見頃
◆宝原(750m)5分咲き
◆池の原(750m)5分咲き
◆仁田峠(1,100m)つぼみ
◆妙見岳・国見岳(1,340m)つぼみ

21

夜空をかけるロープウェイで、いざ妙見岳展望台へ!

毛布を借りてごろんと寝転び……
3・2・1…消灯。

ee13079a4c81d605e23063dcf162f3ab

漆黒の闇に浮かび上がる夜景に感嘆の声!!
1300mの高さから、
手前には島原市街、有明海を挟んで対岸の熊本の夜景まで見渡せます。
天気がよければ鹿児島の桜島や霧島まで見えることもあるのだとか。

都会の華やかな夜景も良いけれど、
オレンジ色の柔らかな光に包まれた夜の輝きを
ゆっくり眺めていると、心が穏やかになってきます。

標高1300mの澄みきった空気の中、
数えきれないほどたくさんの星たちが瞬く妙見岳展望台。
満天の星空に願い事をしてみてはいかがでしょうか☆

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

6a1d61142a1d82308819ba471b19d3f71524099961

【雲仙仁田峠プレミアムナイト2018春期】

○期間:2018年 5月15日㈫ ~ 21日㈪ 全7日間
○時間:①19:00 ②20:00(ツアー所要時間 2時間)
○行程:島鉄バス雲仙営業所 ― 仁田峠循環道路 ― 雲仙ロープウェイ ― 妙見岳展望台 ― 雲仙ロープウェイ ― 島鉄バス雲仙営業所
※限定バスツアーのため、一般の貸切バス・マイカー・タクシーでのご参加はできません。
○料金:おとな 3,000円 / こども(小学生) 1,500円
※小学生未満は無料。但し、貸切バス座席を利用する場合は、こども代金となります。
<旅行代金に含まれるもの>貸切バス乗車代金・当ツアー専属ガイド代金・往復ロープウェイ代金
<旅行代金に含まれないもの>前項のほかは旅行代金に含まれません。
○お問い合わせ:JTB九州 長崎支店 095-824-2400
○インターネット申し込みはこちら

○雲仙の宿の予約はこちらから

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

600つつじ 003

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

こんにちは!ともっちです☆
週末にかけて良いお天気になりそうで、ワクワクしています♪

松浦市にあるツツジの名所「不老山(ふろうさん)総合公園」では、
ただいま「ヒラドツツジ」が見頃を迎えていますよ!!

まるで色鮮やかな絨毯みたいでしょ?

5月6日(日)まで、
11万本のつつじが咲き誇る「不老山花と光のフェスタ」が華やかに開催中です。

標高288mの山頂から広がるのは、360度の大パノラマ!!
深呼吸すると空気が美味しい!!

つつじが有名な公園ですが、
実は桜やしゃくなげ、紫陽花なども植えられていて、
四季折々の花々を愛でることができます。

つつじ 002圧縮

不老山の山肌に、ぎっしりと咲き誇る色鮮やかなつつじたち。

子供広場

子ども広場には、アスレチックができる大型遊具などがたくさんあるので、
大人から子どもまで一日中楽しめますよ♪

ポカポカ陽気の休日、ご家族やお友達と出かけてみてはいかがでしょうか。

【不老山花と光のフェスタ】
開催期間:2018年4月14日(土)~2018年5月6日(日)
所在地:長崎県松浦市志佐町高野免不老山総合公園
電話番号:0956-72-1111 (松浦市観光物産課)
https://www.nagasaki-tabinet.com/event/33/

600棚田夕景1

【土谷棚田】

つつじを楽しんだあとは、ちょっと足を伸ばして
この時期ならでは絶景を見にいきませんか?

不老山総合公園から車で50分ほど。
伊万里湾大橋と福島大橋を渡り、
福島の西海岸へと車を走らせたどり着く
日本の棚田百選「土谷(どや)棚田」。

先日訪れたときは、ちょうど田植えが終わったばかり。
約400枚の水田が夕陽に照らされ、その神々しさと言ったら…!!

言葉を失うほどの美しさでした。

四季折々に美しいのですが、
毎年4月末から5月初旬にかけて行われる田植えの時期には
大勢のカメラ愛好家が撮影に訪れます。

image70KYMUE9

また、毎年9月に行われる「土谷棚田の火祭り」では、
夕日が沈む棚田にろうそくが灯り、幻想的な風景を見ることができるんですって!

遠くても、わざわざ訪れたい絶景です。

【土谷棚田】
所在地:〒848-0405 長崎県松浦市福島町土谷免
電話番号:0956-72-1111 (松浦市観光物産課)
https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/625/

◆近くの宿の予約はこちらから

◆ながさき旅ネット 2018GW県内イベント情報

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

| 雪浦ウィーク 2018

| ブログテーマ: イベント 西海市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

600DSC_5269

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

こんにちは!ともっちです☆
もうすぐゴールデンウィークですね!!

西海市雪浦では、今年も「雪浦ウィーク」が開催されます。
(長崎駅から無料送迎バスも運行!!)

雪浦ウィークとは、
海・山・川にめぐまれた自然豊かな西海市大瀬戸町「雪浦」で、
このまちをこよなく愛し、ここに暮らし、またここで活動する人々によって、
毎年5月のGW期間中に開催される地域回遊型イベントです。

期間中は雪浦での暮らし、生産、創作、趣味の場が一般開放されますので、
マップを見ながら、ぶらりと気の向くままに訪ねてみましょう。

訪れる側、迎える側、双方がともに楽しめる
「顔の見える交流」がこのイベントの最大の魅力。
リピーターも多く、今年で20回目を迎える長寿イベントなんですよ。

60020180329_yukinoura-week_map

マップを眺めると、47ヶ所もの会場(開放スポット)が!!

しかし…
「全部コンプリートしよう!」「たくさん周ろう」
などと意気込むのは、おすすめできません。

500DSC_5286

なぜなら・・・
一軒一軒があまりに居心地がよく、
地域の方々との語らいがあまりに楽しく、
ついつい長居してしまうのです!!

500DSC_5281

雪浦育ちの野菜たち。
生産者の方と直接話せる機会もあるかも。

500DSC_5280

暖かみを感じる手作り雑貨も並びます。

500DSC_5265-1

ほくほくの焼き芋で体の芯からハッピーに!!

500DSC_5268

まちのいたるところで音楽イベントも開かれます。
こちらは昨年、童心窯の庭で演奏されていたフォークミュージシャンさん。

ほくほくの焼き芋を頬張りながら耳を傾けていたのですが、
思わず涙がこぼれるほど心に染みるライブでした。

500DSC_5276

まちの人たちが手作りした看板とマップをたよりに、
あちこち寄り道して、心に響いた場所に長居して、おしゃべりして。

そんなところがこのイベントの醍醐味なのかもしれません。

500DSC_5297

地域の交流拠点「ゆきや」では、
ペルー料理、ベジタリアン料理、オーガニックドリンクの販売もあります。
テイクアウトもできるので、
写真左奥に見えている神社の石段に座ってのんびり楽しむのもおすすめ。
(こちらの神社、「村の鎮守」の雰囲気があって本当に素敵なんですよ!!)

そんな雪浦ウィーク、
「行きたいけど車がなくて・・・」
という話をよく耳にするのですが・・・

◆JR長崎駅~雪浦間に往復無料の送迎バスが運行します!
これは嬉しいですね!
(詳しくはこちら⇒ http://www.yukinoura.net/topics/2784/ )

600DSC_5311-1

そして更に、会場の雪浦から、
約15万枚ものレコードコレクションを有する
「音浴博物館」までも往復無料の送迎バスが運行!
ちょっと足を伸ばして
アナログの音世界にじっくりと身を委ねてみてはいかがでしょうか。

600DSC_5319

 

ちなみに私、今年はこの無料送迎バスに乗って、
5月3日~4日にかけてお邪魔する予定です!!

イベント初日に合わせてオープンするゲストハウス「森田屋」に泊まって、
雪浦に暮らす人々の日常に、
少しだけ寄り添わせていただきたいと思います。

創作や趣味の場にお邪魔したり、
キレイな海でマリンスポーツを楽しんだり。
ちょっと足を伸ばして、「音浴博物館」にも立ち寄る予定。
(見かけたら声をかけてくださいね!)

今年のゴールデンウィークは
「ゆっくり続いて20回目」の雪浦ウィークに、
ぶらりと出かけてみてはいかがでしょうか。

【第20回 雪浦ウィーク】
開催期間:2018年5月2日(水)~2018年5月5日(土)
会場:長崎県西海市大瀬戸町 雪浦地区一円
交通アクセス:「雪浦」バス停下車すぐ(無料送迎バスあり)、駐車場あり
公式HP:http://www.yukinoura.net

こちらでも最新情報が日々更新されているので要チェックですよ~!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

◆西海市の旬な情報は「Saikaiブログ」で(西海市公式)
http://www.city.saikai.nagasaki.jp/sightseeing/blog/
◆西海市の“活きた情報”を、市民目線から日々発信する地域ウェブメディア「ばりぐっど」
https://varygood.jp/

◆ながさき旅ネット 2018GW県内イベント情報
https://www.nagasaki-tabinet.com/course/60889/

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

| 三川内焼窯元はまぜん祭り

| ブログテーマ: イベント 佐世保市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

600IMG_0032

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

こんにちは!ともっちです☆
もうすぐゴールデンウィークですね!!

長崎県内の2つの焼き物の里「波佐見」と「三川内」では、
今年もゴールデンウィーク期間中、恒例の焼き物まつりが開催されます。

今日ご紹介するのは、佐世保市三川内町で開催される
「三川内焼窯元はまぜん祭り」。

三川内焼は、かつて平戸藩の御用窯として発展し、
江戸幕府や朝廷への献上品として用いられた繊細・優美な白磁器です。

三川内焼窯元はまぜん祭りは、
三川内の窯元が集まる皿山を舞台に、
風情のある町並みを味わいながら、
窯元巡りを楽しむことができるイベントです。

60013133353_742969792507122_5846233404406358668_n

私のおすすめは古い窯場で行われる「プチ器・豆皿展」。
1,000種類の豆皿に加え、ぐい飲みなど、
直径11cm以下の「豆サイズ」の器たちが展示・販売されます!
ひんやりとした古い窯場は、風情があって素敵なんですよ~♪

33

この古い窯場の前では
三川内焼の器を使ってコーヒーとスイーツが楽しめる
「窯カフェ」も開催されます☆

また、三川内山公民館では
100円~スタートの「オークション」(11時/15時)や、
器を選べる「お楽しみ袋」もありますよ。

迷路のような細い路地に点在する窯元を訪ねながら、
春の三川内を、ゆっくりと巡ってみませんか。

60013124740_742969849173783_8918287206635416001_n (2)

【三川内焼窯元はまぜん祭り】
開催期間:2018年5月1日(火)~5月5日(土・祝)
会場:長崎県佐世保市三川内本町 三川内皿山一帯
電話:0956-30-8311 (三川内陶磁器工業協同組合)
公式HP:http://mikawachi-utsuwa.net/links/hamazen/

◆関連記事「波佐見陶器まつり」
http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-9028/
◆2018ゴールデンウィークイベント情報(ながさき旅ネット)
https://www.nagasaki-tabinet.com/course/60889/
◆近くの宿の予約はこちらから
http://stay.nagasaki-tabinet.com/dom/s/?pf=42&rg=r10&ar=4204
◆日本遺産「日本磁器のふるさと 肥前~百花繚乱のやきもの散歩~」
https://japan-heritage.bunka.go.jp/ja/stories/story037/

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

| 波佐見陶器まつり

| ブログテーマ: イベント 波佐見町

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

500DSC_5244

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

こんにちは!ともっちです☆
もうすぐゴールデンウィークですね!!

長崎県内の2つの焼き物の里「波佐見」と「三川内」では、
今年もGW期間中、恒例の焼き物まつりが開催されます。

今日ご紹介する「波佐見陶器まつり」は長崎県内最大規模!
町内約130の窯元・商社が出店し、毎年多くのやきものファンで賑うイベントです。
伝統を守りながらも、オシャレでモダンなデザインの波佐見焼は特に若い女性に大人気!

通常の3~4割引での販売もあるほか、
出店者と対話しながらの器探しは陶器まつりならではのお楽しみです❤
大型テント内での販売なので、雨天時も安心してお買物が楽しめるのも嬉しいですね。

500DSC_5230

ロクロ体験や絵付け体験もあるので、
ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

成形していくのは力加減が難しいけれど、
伝統工芸士の方が優しくサポートしてくださるので大丈夫。
冷んやりとしたヌルヌルの生地が不思議な触感で心地良いですよ☆

500DSC_5208

古くから愛される日常使いの器はもちろん、
オシャレでモダンなデザインの器も勢揃い!
日常を楽しくするお気に入りの器を見つけてみてはいかがでしょうか☆
(次回のブログでは「三川内焼窯元はまぜん祭り」をご紹介します)

【波佐見陶器まつり】
開催期間:2018年4月29日(日)~2018年5月5日(土)
会場:長崎県波佐見町井石郷
<本会場>やきもの公園広場 <第2会場>波佐見・有田インター広場
電話:0956-85-2214 (波佐見陶器まつり協会)

500DSC_5189

◆アクセス:
有田駅⇔大型バス駐車場(本会場裏)において無料シャトルバスが運行します。
9時~17時(30分に1便)
公設駐車場(500円)約2500台。
大型バス約40台(予約不要、駐車料金1,200円/台・日)

◆2018ゴールデンウィークイベント情報(ながさき旅ネット)
https://www.nagasaki-tabinet.com/course/60889/
◆近くの宿の予約はこちらから
http://stay.nagasaki-tabinet.com/dom/s/?pf=42&rg=r10&ar=4204
◆日本遺産「日本磁器のふるさと 肥前~百花繚乱のやきもの散歩~」
https://japan-heritage.bunka.go.jp/ja/stories/story037/

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓