↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

500わくわく航空券画像

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

全国的な離島ブームもあいまって
長崎の「しま」は、ただいま人気急上昇中!!

というわけで
長崎の離島をお得に旅することができる「乗船券(⇒詳細はこちら) 」について
このブログで数回にわたりご紹介していますが…

飛行機が対象の「長崎しま旅わくわく航空券」もあるんです!!

◎ 「宿泊」+「飛行機」のパック商品を予約すると【最大8000
円分】の体験クーポンが付くお得なチケット

◎ 対象エリアは「五島」・「壱岐」・「対馬」の3島!!

宿泊予約サイト『じゃらんnet』で「宿泊」+「飛行機」がセットになったパック商品を予約すると、
遊び・体験サイト掲載の体験プランで利用可能な「電子クーポン」がもらえます♪

この夏は、わくわく航空券の特典でもらえる「体験クーポン」を使って、
五島・壱岐・対馬で遊び尽くしましょう!!

 

12

◆五島

世界遺産関連の教会をはじめ、
釣りやアウトドアスポーツの聖地として人気急上昇中の「五島」では、
青い海と空の下での「ゴルフ体験」などがクーポン対象。

https://www.nagasaki-tabinet.com/feature/coupon/air/

壱岐

◆壱岐

150もの神社、280もの古墳がひしめく
ミステリアス・アイランド「壱岐」では、
「伝馬船に乗って小島神社を海上から参拝する体験」などがクーポン対象。

https://www.nagasaki-tabinet.com/feature/coupon/air/

対馬

◆対馬

複雑に入り組んだリアス海岸や原生林など特徴的な自然を満喫できる
国境の島「対馬」では、
波穏やかな浅茅湾での「シーカヤック体験」などがクーポン対象。

https://www.nagasaki-tabinet.com/feature/coupon/air/

 

・・・でも「島」に行くって時間がかかるんじゃない?
と思いますよね??

500IMG_3999

ORCの飛行機でビュンと「ひとっ飛び」!

この3島(五島・壱岐・対馬)へは長崎空港から飛行機に乗り込み
わずか30分ほどのフライトで到着するので、意外とスピーディ♪

例えば東京から五島への旅だと、
羽田空港から長崎空港まで1時間40分、
長崎空港での乗り継ぎ時間は余裕を持って考えても30分、
長崎空港から五島福江空港まで30分、
合計2時間40分で目的地に到着です。

長崎県の離島航路で使用されている飛行機「ダッシュ8」は、39人乗りの小さなプロペラ機。
にっこり笑顔の客室乗務員さんの案内で、高度3000mで楽しむ長崎県の空の旅にGoGo!

500DSC_4412

どの座席からも景色が見えやすいデザインが特徴。
さらに低空で飛行するので、長崎の島々がより近くで楽しめますよ♪

◆長崎空港フライト時刻表
https://nagasaki-airport.jp/flight/timetable/

500長崎館イベント

◆長崎の「しま旅」PRイベント情報

先週の土日、東京にある長崎県のアンテナショップ「日本橋長崎館」で、
長崎空港さんと一緒にPR活動をしてきました♪

7月も同館で長崎の「しま旅」や離島航路に関するPRイベントを予定しているので、
遊びに来てください!!
(詳細は後日、当ブログ、県観光Facebook、同Twitter等でお知らせします)

【今後の予定】
7月 5日(金)・ 6日 (土)長崎県観光ブロガーともっちトークイベント「夏本番☆Go!Go!しま旅」
7月27日(土)・28日(日)長崎空港路線イベントにて「しま旅」をPR

場所:長崎県アンテナショップ「日本橋長崎館」
(東京都中央区日本橋2-1-3アーバンネット日本橋二丁目ビル1階)
https://www.nagasakikan.jp/

◆公式「長崎しま旅わくわく乗船券・航空券」
https://www.nagasaki-tabinet.com/feature/coupon/top/

◆長崎空港フライト時刻表
https://nagasaki-airport.jp/flight/timetable/

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

640

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

近年若い移住者や旅人が増えていることでも話題の五島列島。
地域の人々と連携しつつ、新たな風を運んでくる彼らが営む2つのスポットをご紹介します。
共通するのは「地域に根ざした場にしたい」との想い。

長崎県 五島市 福江島の中心部から車で南下すること20~30分。
富江地区にある小さな図書館「さんごさん」
セレクトショップ&カフェ「te to ba <手と場>」にお邪魔しました。

(前回ご紹介した「ラーメン敏」からは車で2分ほどの距離です)

(五島関連の記事一覧はこちら)

 

500IMG_8645-11

◆さんごさん

かつてサンゴ漁で栄えた富江地区の中心にあるのは、
サンゴのように色鮮やかな壁板が特徴的な「さんごさん」。

東京在住で五島列島にゆかりのある鳥巣智行さん夫妻が
築85年ほどの古民家を改修し、2016年に始めた小さな私設図書館です。

500IMG_8651

「人生の3冊」

本棚にずらりと並ぶのは、
農家、主婦、マンガ家から大学教授まで多様な
本好きたちから寄贈された「人生の3冊」。
現在までにおよそ150人の人生を変えた400~500冊ほどの本たちが壁面を彩ります。

500IMG_8658

500IMG_8662

表紙をめくると、本を寄贈した人からのメッセージが。

また、小さな図書館はまちの交流拠点でもあります。
本を読むも良し、
コーヒーやお茶で休憩するも良し、
ここで出合った地元の人や旅人とおしゃべりするも良し。
ゆったりと自由に過ごすことができます。
(ときどきイベントが開かれたりもするのだとか)

500IMG_8660

さんごさんを形づくるのは、昔から富江地区やこの古民家にあったものたち。
中心にあるのは、古い木材を活かした机。
キッチンにはサンゴの端材を配して、かつてサンゴ漁で栄えた富江らしく。

湊町にただよう潮の香りを楽しみながら、畳にごろんと寝転んで読書するのも一興。

 

500IMG_8682

◆ CORAL COFFEE

さんごさんの一角には、神奈川県から移住してきた館長の大島さんが営む
コーヒースタンドが併設されています。
屋号は珊瑚という意味の「CORAL COFFEE(コーラル コーヒー)」。
店内で生豆から自家焙煎したコーヒーを、テイクアウトでいただくことができます。
(もちろん「さんごさん」の店内でイートインもOK)

一杯ずつ愛おしむように丁寧に淹れられたアイスコーヒーは、
香り高く、すっきりと味わい深く、喉を潤してくれました。

【さんごさん / CORAL COFFEE】
〒853-0201 長崎県五島市富江町富江280-4
https://sangosan.net/

500IMG_8603-1

◆ te to ba <手と場>

「さんごさん」の近くには、こんなお洒落なお店も。

約5年前に東京から移住してきたポー麻梨絵さん(元 五島市地域おこし協力隊)が営む
セレクトショップ&カフェです。

500IMG_8612

築140年の古民家を地域の人々と連携して改修したという趣ある店内には、
五島列島各地のものを中心に、
長崎県内外や海外から輸入したフェアトレード商品まで、
「意味のあるこだわりの商品」が並びます。

空間を形づくっているのは、前出の「さんごさん」と同様、
富江地区やこの建物に昔からあるものたち。
古い木材は机に、漁業のまち富江らしさあふれる大漁旗はクッションカバーに生まれ変わり、
再び光を浴びはじめています。

【te to ba <手と場>】
〒853-0201 長崎県五島市富江町富江323-5
https://www.tetoba.net/

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

| ラーメン敏の絶品「えび塩ラーメン」

| ブログテーマ: グルメ 五島市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

500DSC_5174

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

昨日のブログに引き続き、五島列島の旅レポートです。
(⇒関連記事一覧はこちら)

長崎県五島市富江町。
食べた人が皆、口を揃えて絶賛する人気店「ラーメン敏」に行ってきました。

500IMG_8683

福江港ターミナルや五島空港から20~30分ほど南下すると、
海沿いに富江神社の一ノ鳥居が見えてきます。
(昔は舟で参拝に訪れていたのでしょうね。このロケーション、「島」らしくて好き。)
(近くには人気キャンプ場「さんさん富江キャンプ村」も)

500IMG_8684

「ラーメン敏」は、海沿いにある一ノ鳥居の道路を挟んだ向かい側、
二ノ鳥居をくぐった右手奥にあります。
写真右に見えるのは五島バス「宮下」バス停。
※福江港からのバスのダイヤはこちら
※富江神社の情報はこちら

500-

赤で囲んだ部分にあるとても小さなお店なので、見逃し注意!!
手前には数台停められる駐車場があります。

500IMG_8669

店頭にはいつも行列ができているのですが、
取材時は10分ほどの待ち時間入店できました(ラッキー♪)。

店内はカウンター9席のみ!!
約20年間 変わらない味で愛されているラーメン店です。

500DSC_5175

看板メニュー「えび塩ラーメン(750円)」

少しとろみのある透き通った塩スープを一口啜ると、
胡椒が舌をピリリと刺激します。
塩とにんにくチップでさっと炒めた
プリプリの海老とシャキシャキのチンゲンサイが
コシのある麺に絡み、
シンプルな中にも深い旨みのある逸品!!

400IMG_8670

長崎県民が選んだおすすめグルメ店100を紹介する
「ながさき県民おすすめ!グルメセレクション」にも認定されています。

 

【 ラーメン敏 】

◆所在地:〒853-0202 長崎県五島市富江町松尾680
◆電話:0959-86-2845
◆営業時間:
11:00~14:00(ラストオーダー13:40まで)
17:00~20:00(ラストオーダー19:30まで)
◆定休日:火曜日・月1回水曜日(不定)

◆交通アクセス:
福江港・五島空港から車で20~30分
五島バス「宮下」バス停徒歩2分
※福江港行きのバスは1時間に1本ほどあります。
バスの最新ダイヤはこちら「五島バス(福江-大浜-小泊-小牧-富江)線」
「さんさん富江キャンプ村」から車で5分

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

| 山本二三美術館

| ブログテーマ: 五島市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

500IMG_8765

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

昨日に引き続き、長崎県 五島列島の旅レポートです。
(⇒ 前回の記事「お殿様は亀がお好き?福江城 五島氏庭園」はこちら)

五島市 福江島の武家屋敷通りの一角にある「山本二三(やまもとにぞう)美術館」を訪れました。

『天空の城ラピュタ』『火垂るの墓』『もののけ姫』『時をかける少女』等、
数々の名作アニメーションで美術監督を務めた長崎県五島市出身のアニメーション映画・美術家
山本二三氏の作品を展示する美術館です。

2018年7月のオープン以来ずっと気になっていたのですが、ようやく伺うことができました♪

武家屋敷を活用した歴史を感じる静かな空間でゆっくり作品を鑑賞でき、タイミングが良ければ、
スタッフから作品製作に関するエピソードを聞くことができるとあって、
遠くは北海道や富山県からもファンが訪れるのだとか!

今年1月には「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」に認定。
アニメツーリズム公式のご朱印スタンプも押すことができます。

50035162124_207264413421199_209235658311467008_o

約150年前の幕末期に建てられた武家屋敷(松園邸)の落ち着いた雰囲気の中、
ゆっくりと作品を鑑賞することができます。

こちらは山本二三氏が描いたアニメーションの背景画を展示するコーナー。
おなじみの有名作品も多く、「あ~これ!懐かしい!」などと同行者と話が弾みます♪

ダイナミックな構図を繊細で優しいタッチで描く作品の数々は本当に美しく、
しばし時間を忘れてしまいそう。

さらに奥の部屋には、五島の雄大な自然を見て育った二三氏が描いた
五島の風景絵画約50点が展示されています。

500IMG_8762

落ちる~!!!

館内の展示の多くは撮影禁止ですが、
こちらの「天空の城ラピュタ」の背景壁画などいくつかのコーナーは写真撮影OK。
キャラクターになりきって撮影してみました♪
SNSなどにアップしたいですね。

500IMG_8764

床一面に描かれているのは五島列島。
雲をイメージしたソファに座ると、
空から五島列島を俯瞰しているようなファンタスティックな気分に!
またこのコーナーでは、ゆっくりと短編アニメを見ることもできます。
(写真撮影OK)

50035265091_207265176754456_6367444910747942912_o

こちらは山本二三氏のアトリエを再現した部屋。
モニターには二三氏がどのように絵を描いているかが映し出されています。
(写真撮影OK)

歴史ある静かな武家屋敷で作品をゆっくり味わえる「山本二三美術館」は、
五島の新たな文化・観光スポットとして要注目です♪

50034584552_203200203827620_4019754622125080576_o

【 五島の雲 山本二三美術館 】
所在地:〒853-0017長崎県五島市武家屋敷2-2-7
電 話:0959-76-3923
料 金:
一般400円 / 団体(5人以上)320円 / 五島観光歴史資料館との共通観覧券 500円
高・中・小学生 200円/団体 160円
高・中・小学生(五島市内) 100円
小学生未満 無料
開館時間:9:00~18:00
休館日:月曜、年末年始(12/29~1/3)
https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/64487/

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

1.500-1

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

亀がたくさん…!?

長崎県 五島列島 福江島(五島市)の中心部にある、「福江城(石田城)址」に行ってきました。

近ごろの五島列島といえば、
2018年に世界遺産登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が注目されていますが、
最大の島である「福江島(五島市)」は、
かつて福江藩1万5,000石の城下町として栄えた列島の中心地。
江戸時代の福江藩は、五島列島全域(小値賀島を除く)を統治していたのだそうです。

福江島では、話題のカトリック教会とあわせて「和の風情」を楽しむのもおすすめ。

(⇒五島の記事一覧はこちら)

2.500IMG_3483

国指定名勝「福江城(石田城)五島氏庭園・隠殿屋敷」

福江城(石田城)址の敷地の一郭にあるお殿様の隠居屋敷(隠殿)と庭園が修復・復元され、
平成28年から一般公開されています。
(五島家第30代盛成公の隠居所として造られたもの)

3.500IMG_8697

五島氏庭園・心字が池

庭園は京都の僧「全正」作の林泉回遊式庭園。

…といっても、いわゆる純日本風の庭園ではないところが興味深いのです!!

庭園に配されているのは、南国ムード溢れる亜熱帯植物や五島のシンボル「鬼岳」の溶岩で作られた庭石・築山。
また、「心」という文字の形を模して作ったといわれる「心字が池」の周囲をぐるりと散策してみると気になることが…。

4.kame

「たくさんの『亀』に見られている気がする…」。

それもそのはず(?)、
この庭園を作らせたお殿様(盛成公)はことのほか
「亀」がお好きだったそうで、
庭園の池のいたるところに「亀に似た石」が配されているのだとか。
文化財の専門家が調査したところによると、
心字が池には「36もの亀頭(に似た石)」が確認できたんですって!

どおりで…(笑)

5.kugikakusi

「亀」は子孫繁栄・長寿の象徴で、とても縁起の良いモチーフ。

屋敷内にある「亀の間」には、
欄間や柱の釘隠しなど、たくさんの亀のモチーフが配されています。

6.500IMG_8753

【亀の間】
客間として使われた10畳の座敷と5畳の次の間。
当時の様子が忠実に復元されています。
ちなみに壁紙は「氷割れに雪華」という柄らしいのですが、
どことなく亀の甲羅に似ているような…。

7.500IMG_8738

【梅の間】
こちらは主人の居間として造られた8畳の座敷。
部屋一面を彩る藍染×金箔が施された梅の壁紙が、伝統の中にもモダンさを感じる室内です。

8.

梅の間では、壁紙や釘隠し、欄間の彫刻にまで全て「ねじり梅」の紋が配されています。
お洒落ですよね!!

9.500IMG_8749-1

このお屋敷には数十年前まで
五島家の先代(34代当主)の奥様がお住まいになられていたそうです。
琉球から輿入れした奥様は94歳まで長生きされ、
しばしば近所をお散歩されることもあったのだとか。
地域の人たちからは「お姫様」と呼ばれ親しまれていたそうです。

10.500IMG_0656

初夏には部屋の縁側からも、池一面に清らかな蓮の花を楽しむことができます。
(2016年7月初旬撮影)

11.500IMG_0736

ちなみに、福江城(石田城)の本丸跡は
現在、長崎県立五島高校になっているので、
朝夕は通学する初々しい高校生の姿を見かけることも。
(毎日お城に登城するって何だかワクワクしそうですね)

二の丸跡には、お城の形をした五島観光歴史資料館や、文化会館、図書館などが立ち並んでいます。
(⇒取材記事はこちら)

近ごろの五島列島といえば、
2018年に世界遺産登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が注目されていますが、
最大の島である「福江島(五島市)」は、かつて福江藩1万5,000石の城下町として栄えた列島の中心地。
福江島では世界遺産関連のカトリック教会とあわせて「福江城(石田城)五島氏庭園・隠殿屋敷」や武家屋敷など城下町の風情を楽しんでみてはいかがでしょうか。

そうそう昨年、武家屋敷のひとつが改装され、
あの「大人気アニメ」に関係する注目スポットになっているというのですが…。

次回のブログで詳しくご紹介します!!
お楽しみに!!

※追記:6/6アップしました!
天空の城ラピュタなどの美術監督【山本二三美術館】
http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-10497/

 

【福江城(石田城)五島氏庭園・隠殿屋敷】
所在地:〒853-0018 長崎県五島市池田町1-7
電 話:0959-72-3519 (管理事務所)
開園時間:9:00~17:00(12/1~12/26、2/1~3/31は16:30閉園)
休園日・期間:火・水、8/9、中秋の日、12/27~1/31 ※臨時休園あり
入園料:大人800円、小人(10歳~17歳)400円
※9歳以下は無料(ただし大人同伴の場合)
駐車場:無料・普通車8台可。
アクセス:福江港から車で5分、徒歩8分 福江空港から車で10分
https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/62639/

12.500五島 福江城 保育園前のハートストーン

【おまけ】

今回取材したお屋敷と五島高校の間あたり、文化保育園前にある石垣に
「ハート型の石(ハートストーン)」を発見!
築城年代からして、おそらく意図的に作られたものではなさそう。
なんだかハッピーな気分になりました♪

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓