↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

11

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

複雑なカタチをした長崎県の10市町にまたがる4つの『半島』。
その『先』にはどんな風景が広がり、どんな人々に出会えるのだろう?
…というわけで、
長崎県内にある『半島の先』を取材してまわる
シリーズ『ながさきのサキへ』いよいよ最終回!!
(記事一覧はこちら)

500地図

◆今回の旅先は「西海市崎戸島」

西彼杵半島の西海岸から橋を渡り大島、
さらにもうひとつ橋を渡って崎戸島へ。
島といっても橋で繋がっているため、
ちょっと思い立ったら車で行くことができる
ほどよく手ごろな「最果ての地」です。

掲載コンテンツ
◆北緯33℃線展望台からの夕日
◆港の小さな食事処「食堂崎戸」
◆崎戸名物「おさかなバス停&ケーキ」
◆喫茶&軽食「者集樹(ものずき)」

640IMG_6166

◆北緯33度線展望台からの夕日

今回の旅のメインとなる目的はこれ!!
360°さえぎるものがなく水平線に沈む太陽は、これぞ「最果ての夕日」の名にふさわしい堂々たる光景。
天気がよければ五島列島や平戸島まで見渡すことができます。
遠くカサブランカやバクダットにまで通じているという北緯33度線。
なんともドラマティックです!!
(現実的なお知らせ:ひとり旅の方でも記念写真が撮れるよう、最近「自撮り台」が設置されました)
https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/60494/

2

◆港の小さな食事処「食堂崎戸」

崎戸島の海の玄関口「崎戸ターミナル」。
その1階にある小さな食堂にお邪魔しました。
大将が歌う威勢の良い炭鉱節と共に出てきたのは「炭鉱うどん(700円)」。

かつて炭鉱のまちとして栄えた崎戸島をイメージしたご当地グルメで、
黒ダイヤに見立てた柔らかな牛ほほ肉がジューシー。
おろしたての生姜とあわせていただくと爽やかさがプラスされてGood!!
スープのベースは優しく上品なかつおだし。

崎戸島らしいメニューといえば「伊勢海老ちゃんぽん(3,800円)」。
伊勢海老ならではの濃厚なスープと3人前はありそうなボリュームにびっくり!!

一番人気があるメニューは、ちゃんぽん麺ととんこつベースの出汁で作った「焼そば(750円)」。
一般的なソース焼きそばとは違い、とろみのあるいわゆる「汁なしちゃんぽん」風なのが長崎らしくて◎。

夫婦が営む港の小さな食堂は、江島・平島に向かう釣り客で賑っていました。

西海市崎戸町蠣浦郷1809 電話0959-35-2335
営業時間:11時~15時、18時~21時 水曜定休 駐車場有(無料)

001

◆崎戸島名物「おさかなバス停&ケーキ」

何ともユーモラスな姿ですが、これ、路線バスの停留所なんです!!
(西海市崎戸町 さいかい交通「蠣ノ浦」バス停待合所)
島内に5基ある魚をモチーフにしたバス停のうちのひとつで、
最近は人気の撮影スポットとしてSNS(instagramなど)で話題になりつつあるんですよ♪
そして、バス停にそっくりなケーキも大人気!!
以前は「さいかい丼」のイベント期間中のみの販売でしたが、
好評につき、常時販売されることになりました(お菓子のいわした)!

詳しい記事はこちら
http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-9700/

500IMG_0803

◆喫茶&軽食「者集樹(ものずき)」

おさかなバス停(「蠣ノ浦」バス停待合所)の横にちらりと見える小さなお店は、崎戸島唯一の喫茶店「者集樹(ものずき)」。
ドアを開けた途端、珈琲の香りが漂います。

mama

崎戸島生まれのママ重松充子さん(74歳)は島の中学を卒業後、大阪に集団就職。
その後、35歳で島に戻り約40年間この喫茶店を営んでいます。

ママがサイフォンでゆっくり淹れる珈琲は、バランスが良く穏やかな味。

「者集樹(ものずき)」というユニークな店名の由来は、
人が集まる大きな樹+田舎で喫茶店なんて「ものずき」という意味をかけているのだとか。

500IMG_0952

創業当時からの人気メニュー「カツカレー(800円)」は
20種類ほどの香辛料で牛肉を数日かけて煮込む本格派。
ルーはフルーティで深い味わい、
カツも甘みがあってジューシー&ボリューミィーです。
珈琲は食事とセットなら200円。

地元の常連さんで賑う店内ですが、ドライブがてら遠方から来る「ものずき」もいるのだとか。
昔ながらの喫茶店は本当に居心地が良くて、つい長居したくなる雰囲気。
次にお邪魔したときには、昭和の昔に流行ったテーブル型ゲーム機で遊んでみようかな。

西海市崎戸町蠣浦1646-4 電話080-6468-7555
営業時間:11時30分~18時 月曜定休 駐車場 無

◆長崎県内にある『半島の先』をめぐる
シリーズ『ながさきのサキへ⇒』。
(記事一覧はこちら)

◆長崎県の半島地域のとっておき情報をお知らせ!
【ながさきの『サキ』へ→】の特集ページはこちら

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

#最果て #端っこ #灯台 #展望台

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">