↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

15.IMG_9365

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

2018年 世界文化遺産に登録された
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の
全ての構成資産を訪ねる旅シリーズ
五島列島の北部 小値賀(おぢか)町「野崎島の集落跡」編。

地図(おぢかアイランドツーリズムHPより)

世界遺産の島「野崎島」は、本土から西へ約60km離れた「小値賀島」から
さらに町営船に乗り継いで到着するほぼ無人島。

日本とは思えないサバンナのような荒々しい赤土の台地と、
目が覚めるような青い海。
かつて潜伏キリシタンたちが暮らした集落の丘の上では、
荘厳なレンガ造りの「旧野首教会」が訪れる人を静かに迎えてくれます。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

今回、私は長崎市から出発し、佐世保港発(有川経由)の船で行きました。

(※博多など各地からのアクセス方法については、こちらの記事をご覧ください)
http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-10694/

長崎駅前バスターミナル⇒(高速バス)⇒佐世保駅
⇒(徒歩)⇒ 佐世保港⇒(高速船)⇒小値賀港
⇒(町営船)⇒野崎港

以下、私が実際に旅した行程を
タイムスケジュール&詳細画像付きでご紹介します。

これを見れば迷わず小値賀町野崎島の世界遺産へ行けるハズ!!

◆高速バスで長崎駅前から佐世保駅前へ

6:30 長崎駅前バスターミナル 出発
(高速バスで約1時間半/片道1,500円/1日26便)
8:03 佐世保駅前バスターミナル 到着
<詳細はこちら(長崎県営バスHP)>

佐世保駅前バスターミナルに到着。
突き当たりを左に向かい外に出ます。

1-500.佐世保駅前バスターミナルに到着。突き当たりを左折し外に出る-1。

バスターミナルの玄関前から横断歩道を渡ると、右手奥に見えるのが佐世保駅。
徒歩1分ほどであっという間に到着します。

2-500.バスターミナルから佐世保駅に続く横断歩道を渡る-1

佐世保駅の構内をまっすぐ通り抜けます。

3-500.佐世保駅の構内をまっすぐ通り抜ける

構内の床面に敷き詰められている波模様のタイルに沿って直進し、「みなと口」から外に出ます。

4-500.タイルの波模様に沿って直進し、「みなと口」から出る。

◆佐世保駅までのアクセス方法

私が利用した「高速バス(長崎発・福岡発)」のほかに
「JR」、長崎空港からは「乗合タクシー」「西肥バス」があります。

【JRをご利用の方は】

佐世保駅の改札を出て緑の窓口を左へ。
「みなと口」を出て、高架下の横断歩道を渡ると佐世保港です。
<時刻表などはこちら(JR九州HP)>

◆JRをご利用の方は、佐世保駅改札を出て緑の窓口を左へ。「みなと口」を出て直進で港に到着します-1。

 

【長崎空港から乗合ジャンボタクシーをご利用の方は】

佐世保駅みなと口で下車。
高架下の横断歩道を渡ると佐世保港です。
(左奥に見えるレンガの建物が小値賀行きの船が出るターミナル)
(所要時間55分/1,500円/1日13便)
<時刻表などはこちら(空港乗合タクシー協働事業体HP)>

◆長崎空港から乗合ジャンボタクシーをご利用の方は、高架下の横断歩道を渡り、直進で港に到着します-1。

佐世保駅みなと口を出て、高架下を通る横断歩道を渡ると佐世保港です。

5-350.高架下を通る横断歩道を渡り港方面へ。

佐世保港に到着!!色々な建物がありますが、
小値賀行きの船が出るのは左に見える赤レンガ造りの「鯨瀬ターミナル」なので間違えないように注意!!

6-640佐世保港。小値賀行の船が出るのは左の赤レンガの「鯨瀬ターミナル」なので間違えないように注意!!

こちらが小値賀行きの船が出る佐世保港(鯨瀬ターミナル)。

7-1-500.佐世保港(鯨瀬ターミナル)

看板などはありませんが、ここが正面入口です。

7-2-500.佐世保港(鯨瀬ターミナル)

九州商船の窓口で小値賀行きの乗船券を購入します。

8-500.九州商船の窓口で乗船券を購入

8-2-500.今回は「しま」をお得に楽しめる企画乗船券「長崎しま旅わくわく乗船券」を購入しました。通常の往復運賃に+100円支払うだけで「しま」で使える体験クーポンが付いてきます。

◆長崎しま旅 わくわく乗船券

今回は通常の乗船券ではなく、
長崎の「しま」をお得に楽しむことができる企画乗船券
「長崎しま旅 わくわく乗船券」を購入。

往復船賃に100円プラスするだけで「しま」で使える体験クーポンが、
この航路の場合は4,000円分も付いてきます(1,000円×4枚=4,000円)♪
活版印刷でポストカード作りや、星空ナイトツアー、SUPやシーカヤックが体験できます。
私が取材した「観光体験」については後日、別記事で紹介したいと思います。
(「長崎しま旅 わくわく乗船券」の詳細はこちら)

さて、乗船案内の放送が流れたので小値賀方面行きの高速船に乗船。
(有川・小値賀・宇久平の順に泊まります)

9-500.小値賀行きの高速船に乗船。「びっぐあーす」または「シークイーン」。

佐世保港から小値賀港までの高速船は1日3便。
九州商船の「シークイーン」と「びっぐあーす」の2隻が同ルートを交互に運行されています。
<詳細はこちら(九州商船HP)> 

8:40 佐世保港(鯨瀬ターミナル)出港
(九州商船の高速船で1時間25分)
10:50 小値賀港(笛吹ターミナル)到着

10.500IMG_9141

船内は椅子席のほか、ごろ寝できるスペースもあり。
船酔いしやすい方はごろ寝がおすすめです。

11.-0IMG_9144

青い海と空を眺めながら島でのプランを考えているうちに
小値賀島に到着!!
1時間25分の船旅って結構あっという間でした。
いざ上陸!!

12.-500IMG_9149

小値賀港(笛吹ターミナル)

1.500DSC_5788

小値賀島に到着したら、
まずはターミナル内にある「おぢかアイランドツーリズム」の窓口へ。

「世界遺産 野崎島の集落跡」を訪れるには事前連絡が必要なのですが、その受付はもちろん、
小値賀観光全般についてワンストップで相談・手配を請け負う、とても頼れる観光協会です。
ツアーに参加される方は荷物を預かってもらえますよ。
コインロッカーもあり。
(逆光で写真が暗くてすみません!)

「小値賀島」から世界遺産の島「野崎島」に渡航するには
小値賀港から町営船に乗り換え20分。
ターミナルを出てまっすぐ3分ほど歩くと、
小値賀列島内の二次離島に向かう町営船「はまゆう」の
小さな待合所(大島六島野崎方面待合所)があるので、ここで船が来るまで待って乗船。
野崎港から旧野首教会までは港から徒歩30分ほどで到着します。

(詳しくは次回のブログで)

個人で行くこともできますが、
今回私は小値賀港に到着後、ターミナル内にある観光協会
「おぢかアイランドツーリズム」で世界遺産ツアーの受付を済ませ、参加しました。

キリシタン物語1

地元を知り尽くしたガイドさんの案内で巡るので、
世界遺産や野崎島についてより深く知ることができるのはもちろん、
ほぼ無人島である野崎島を安心して旅することができるのでオススメです(^▽^)/

今回私が参加したツアーはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
◆【五島列島キリシタン物語(野崎島ガイドツアー編)】
世界遺産をたずねる小値賀港発着の個人型日帰りツアー。
出発日:毎週土・日(2019年4月~9月)※10月以降も実施予定
料金:大人(中学生以上)/3,980円 子供/2,980円
集合10:30 小値賀港 ~解散16:30
基本情報はこちら 

◆(参考)上五島から海上タクシーで行く世界遺産ツアーもあります【長崎めぐり旅】
次回、世界遺産ガイドツアーのレポートをアップしますので、お楽しみに♪

野崎島に渡航する際の注意点なども詳しく掲載予定ですので、ぜひご覧ください。

 

【関連リンク一覧】

◆各交通期間の時刻表リンク
(長崎~佐世保 高速バス 時刻表)
(JR時刻表)
(長崎空港~佐世保駅 乗合タクシー 時刻表)
(長崎空港~佐世保駅 高速バス 時刻表)
(佐世保港~小値賀港 九州商船 時刻表)
(博多港~小値賀港 野母商船 時刻表)
(有川港~津和崎港~小値賀港 時刻表)
(小値賀港~野崎港 町営船 時刻表)

◆おぢかアイランドツーリズム
小値賀観光全般についてワンストップで相談・手配を請け負う観光協会。
「世界遺産 野崎島の集落跡」を訪れるための事前連絡やガイド手配もこちら。

◆世界遺産エリア内の教会見学の「事前連絡」について
(長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンターHP)

◆【五島列島キリシタン物語(野崎島ガイドツアー編)】
今回私が参加した野崎島への日帰りツアー

◆【長崎めぐり旅】
五島列島有川港発 海上タクシーでめぐる野崎島への日帰りツアー

◆長崎しま旅わくわく乗船券(体験クーポンが付いたお得な企画乗船券)

◆Amazonや書店で好評発売中「長崎の世界遺産めぐりハンドブック」

◆【県公式】長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

◆【県公式】長崎観光ポータルサイト「ながさき旅ネット」

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">