↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

500IMG_0228

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

もうすぐ長崎くんち。
長崎歴史文化博物館では、毎年恒例の「くんち展」が開催されています。
【2019年9月21日(土)から10月20日(日)まで】

今年は長崎くんちが始まって三八五年を迎えるのを記念し、
例年と比べて2倍のスペースに、約70点のくんち関連資料が展示されています。

今年(2019年)の踊り町ゆかりの資料のほか、
江戸時代の御神輿、くんちの様子を描いた屏風や絵巻、衣装などがずらり。

500IMG_0229

◆住吉神の御神輿

長崎くんちの御神輿の中で現存する最古のもの(1676年製)。
展示室の中心に設置されているので、ぐるりと365℃ 鑑賞することができます。
どっしりとした風格と繊細な意匠をぜひ間近で!

500IMG_0230

◆諏訪祭礼図屏風

長崎の老舗料亭「富貴楼」が旧蔵していたもの。
正面左側にオランダ人、正面右側に唐人がくんちを鑑賞している姿を見ることができます。
(平成30年度 新収蔵資料)

【今年の踊町コーナーも充実】

750IMG_0233

500IMG_0239

500IMG_0235

◆龍踊り関連

龍(じゃ)踊りを奉納する町は4ヶ町ありますが、
今年は最も古くから龍踊りを奉納しているといわれる
「籠町(かごまち)」が踊町(おどりちょう/演し物を奉納する当番の町)にあたります。

今回のくんち展では
江戸時代後期に本籠町(現在の籠町)の傘鉾に使われていた
豪華な長崎刺繍が施された垂れのほか、
玉使いの衣装(制作年代不詳)、
江戸時代に唐人屋敷で龍踊りが行われている様子を描いた絵図(江戸後期/川原慶賀作)なども展示されています。

500IMG_0241

◆江戸町の衣装

2019年の踊町である江戸町が奉納する演し物は現在「オランダ船」ですが、
明治初めから昭和9年にかけての江戸町は「陸軍兵隊」を奉納しており、
その際に子どもが着用した衣装と考えられるそうです。
ちなみに江戸時代は「オランダ兵隊」が奉納されていたのだとか。
時代に合わせた演し物の変遷が興味深いですね。

会場にはそのほか、今年の踊り町を中心とした
くんちの古写真がたくさん展示されています。
知っている人が写っているかも?

期間は10月20日(日)まで。
10月7・8・9日に行われる長崎くんちの前に、
予習がてら観覧してみてはいかがでしょうか。

500IMG_0261

【くんち三八五年展】
会期:2019年9月21日(土)~10月20日(日)
会 場: 長崎歴史文化博物館 3階企画展示室 第4室
(〒850-0007 長崎市立山1丁目1-1)
時 間: 8:30~19:00(最終入館30分前)
観覧料: 「収蔵品展 学芸員のイチ推し!」のチケットでご覧いただけます。
(一般1,000円・前売800円)
※高校生以下無料
※長崎れきぶん友の会会員は無料
公式WEBサイト: http://www.nmhc.jp/

◎「学芸員のイチ推し!」展、常設展示室とあわせて観覧できます
◎関連講演会・イベント多数

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">