↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

1

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

少し間があいてしまいましたが、
長崎県・五島列島の北部 小値賀島の旅シリーズ 最終回です。

⇒ ⇒ 今回の旅の記事一覧はこちら「小値賀島のこと1~4」

 

有名な観光スポットもコンビニもない五島列島のはじっこにもかかわらず、旅人を魅了する小値賀島。
時間が許すならばあまり予定を詰め込まず、人々の生活の息吹と島の空気を感じながら
レンタサイクルや徒歩でぶらりと散策するのがおすすめです。

今回撮影した風景をいくつか紹介します。

3

中心地から少し離れると「牛に注意」の看板が!
朝夕は放牧場に通う牛たちの通勤風景に出会えることも。

2

左)海に向かって立つ「地の神島神社」の鳥居。
3km先の野崎島にある「沖の神島神社」と対をなしています。
なんと700年代(奈良時代)に造られた神社だというから驚きです!

右)赤い砂が火星っぽい(?) 「赤浜海岸」。
小値賀は火山の島なので、このように鉄分を多く含んだ赤い砂が見られるのだとか。

4

およそ450mに渡って美しい緑の松並木が続く「姫の松原」。
マンホールのイラストにも採用されています。

5_MG_7843_小値賀町夜景

島で星を見る。

空気が澄んでいて街の灯りが少ない離島では、
晴れていれば満天の星空を鑑賞することができるらしいと聞き、

星に詳しい地元ガイドさんの解説を聞きながら
ゆったりとリクライニングシートに座って鑑賞できる
「星空ナイトツアー」に参加しました。
「長崎しま旅わくわく乗船券」の体験クーポンが使えます)

この夜はちょうど流星群を観ることができました。

波の音とガイドさんの説明を聞きながら過ごす、星降る夜。

非日常の旅は心を豊かにしてくれます。
あぁ、このまま眠ってしまいそう。

◆おぢか星空ナイトツアー
(「長崎しま旅わくわく乗船券」の体験クーポンが使えます)
https://www.nagasaki-tabinet.com/tour/64790/

 

7

島から帰る日。

朝から海でSUP体験をしたあとは
13:45発の佐世保行き高速船に乗るべく笛吹港ターミナルへ。
(マリンスポーツ「SUP」は夏場のみの営業なので、時期を改めてご紹介します。基本情報はこちら

5

ちょうど港にキッチンカーがいたので、軽く昼食をとることにしました。
椅子と机も準備されているので、座ってゆっくり食べることができます。

6

この日いただいたのは
小値賀産のピーナッツを使ったピーナッツカレー&チーズサンド(500円)と
小値賀産レモンを使ったレモンスカッシュ(500円)。

笛吹港ターミナルのほか島内のいろいろなところで移動販売をしているので、
最新情報はInstagramまたは電話で確認を。

◆キッチンカー flour jams(フラワー ジャムズ)
Instagramアカウント @flourjams / 電話:090-5335-3523

さて、お腹を満たしたところでターミナルから帰りの船に乗り込みます。
(あぁ、帰りたくない・・・。)

8 500島で買ったお土産

こちらは小値賀島で買ったお土産たち。
小値賀の落花生は、コクがあってほんのり甘い。
赤土×潮風×天日干しがその秘密のようです。

スマートなパッケージに入った「落花生とうふ」は友人へのお土産にしました。

8

五島列島のはじっこの 時を紡ぐ小さな島で 築100年を越える古民家に泊まり、
そこに暮らす人々の生活の息吹を感じながら のんびり ゆったり過ごす小値賀の旅は、
最高の「心の贅沢」だったような気がします。

⇒ ⇒ 今回の旅の記事一覧はこちら「小値賀島のこと1~4」

 

【参考情報】

◆おぢか島旅(小値賀町観光公式サイト)

◆私が書いた小値賀のブログ一覧はこちら

◆長崎の「しま」をお得に楽しめる「長崎しま旅 わくわく乗船券」(公式)

◆島の人と触れ合いながら食の体験はいかが?(小値賀島・宇久島)

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">