↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

ガイド

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

2018年に世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」。
訪れてみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

長崎県と熊本県に12の構成資産が点在する同遺産は、キリスト教禁教期の17~19世紀の日本において、厳しい弾圧の中で密かにキリスト教の信仰を守り伝え続けた人々の「歴史(物語)」に世界遺産としての価値があるとされています。

長崎市の大浦天主堂などの有名な教会だけでなく、離島の潜伏キリシタン集落そのものが構成資産になっているものも多く、中には現在「無人島」になっているところも。

17.IMG_9348

五島列島の北部 小値賀町にある無人島 野崎島の集落跡(旧野首教会)

自由に見学するのも良いのですが、

その魅力をより深く体感していただくのにおすすめなのは

「地元ガイドによる案内」。

 

各エリアには潜伏キリシタンや地元の歴史に詳しいガイド団体があり、
個人旅行であっても専任ガイドさんに案内してもらうことができます。

(ひとり旅でもOK!)

 

このたび長崎県では、潜伏キリシタン関連遺産案内のスペシャリストである地元ガイドさんをもっと知り活用してもらおうと、PR動画を作成。

本日3月27日(金)付けで長崎観光ポータルサイト「ながさき旅ネット」に特集ページを公開しました。

世界遺産ガイドのPR動画のほか、
構成資産ごとに案内が可能なガイド団体についてもわかりやすく紹介されているのでぜひご覧ください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

特集ページ:潜伏キリシタンめぐりはガイドと共に


 

 

新型コロナウイルス関連のニュースに不安な毎日をお過ごしの方もいらっしゃると思います。
収束後はぜひ、
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産を
地元ガイドの案内で訪れてみてはいかがでしょうか。
その土地の自然景観、街並み、人々とのふれあいも含めて充実した旅になることでしょう。

 

【私の個人の感想ですが・・・】

先日、世界遺産の構成資産のひとつで島原・天草一揆の舞台である「原城跡」をガイドさんに案内してもらいました。
原城跡は教会などのように建造物もなく、正直なところその価値や魅力を理解しにくいなぁ…と思っていたのですが、現地で地元の歴史に詳しいガイドさんに付きっきりで案内していただいたことで重要なポイントがよく分かったし、さらにガイドブックに載っていない地元の方だから知っている裏話(?)なども伺うことができて大満足!!
その土地に根ざした地元ガイドだからこそ伝えられる「物語」があるんだなぁと思いました。

※近頃、地元ガイドさんの案内で
潜伏キリシタン関連遺産を巡っています。

主な取材レポートはこちら。
旅の参考にしていただけると嬉しいです(随時更新中)。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

◆五島列島 野崎島の集落跡
◆黒島の集落
◆平戸の聖地と集落
◆島原・天草一揆の舞台「原城跡」

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

 

000

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">