| 秘境!奥雲仙で草木染め体験

| ブログテーマ: 体験型観光 雲仙市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

みなさん、『奥雲仙』をご存知ですか?
null

雲仙市国見町田代原(たしろばる)
九千部岳のふもとに位置する奥雲仙は、高原の一角にわずか数軒の集落が残り、
手付かずの自然がそのまま残っている場所
20121023-IMG_4849.JPG

知る人ぞ知る秘境
20121023-IMG_4832.JPG

でも実際行ってみたら、「秘境だからあまり広めたくない!」というわけではなく、
「自然を愛する方ならどなたでも遊びに来てください」とオープンな場所でした(^^;)

「奥雲仙」では、初めての人でも気軽に奥雲仙の自然に触れ合うことができる
自然体験プログラムがご用意されています。

まずは、草木染めにチャレンジ☆
奥雲仙の集落内にあった栗の木
20121023-IMG_4793.JPG

この栗が草木染めの元!
20121023-IMG_4789.JPG

講師はアメリカ・シカゴ出身のアンドリュー先生!
20121023-IMG_4815.JPG

アンドリュー先生、たまたま縁あって奥雲仙での自然体験プログラムの
サポートをしています。
メインは「森林浴で英会話レッスン」を受け持っています。
↑こちら、修学旅行生などに大変好評なレッスン♪

今回私は、草木染め初体験でしたが、アメリカでは子供達が遊びとして
小さな頃からよくやっているそうです。

普通の輪ゴムを絹の布に結びつけて、結び目で模様を作ります。
きつくしめたり何重にも結ぶことで、様々な模様が生まれます。
20121023-IMG_4813.JPG
ゴムをほどくまで、どんな模様ができるかわからないので、出来上がりがドキドキ!

栗の渋皮を煮出したらすごい色になりました。
20121023-IMG_4822.JPG

栗の渋皮を煮出した液に15分ほど浸したら、ミョウバンを入れたお湯の中に浸けます。
染めた色を定着させるためにミョウバンを使うんだそうです。
20121023-IMG_4848.JPG

15分ほど、ミョウバン液に浸けた後、冷水で洗うと・・・できたー\(^▽^)/
20121023-IMG_4873.JPG

ほら!いろんな模様ができているでしょう!
20121023-IMG_4875.JPG

ゴムの結び具合で、多様な模様が生まれます。
今回は栗の収穫時期だったため、栗を使いましたが、
季節によって、ヨモギやタマネギなどで草木染め体験ができます。
左がタマネギ・右はヨモギの草木染め!こんなに美しい色になるんですよ。
20121023-IMG_4804.JPG

さて、お腹も空いてきた頃ですし、奥雲仙で採れたものを使った田舎料理を
昼食でいただきましょう(^▽^)/
続きはまた明日♪

奥雲仙自然村
住所:雲仙市国見町土黒庚2323番地田代原
電話番号:0957-78-3521
草木染め体験/3,000円

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

秘境!奥雲仙で草木染め体験」への2件のフィードバック

  1. 松?忠明

    すごい!ともっち♡
    奥雲仙の魅力がダイレクトに伝わってきます。
    この紹介に負けずに頑張りますね。☺

    返信
  2. tomocchi

    松?忠明 様
    奥雲仙取材ではお世話になりありがとうございました!
    奥雲仙は紅葉の時期になりましたか^^

    返信

松?忠明 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">