| 旧楠本正隆屋敷

| ブログテーマ: 大村市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

突然ですが、個人的に“古民家”が大好きです。

古民家レストランや、古民家カフェとか聞くと「行きたい!」と飛びつくのはもちろん
旧家など、昔のままで残っている状態の家の見学も好きでして、昔の家って、
なんだか落ち着く・・・(*´∇`*)

ということで行ってきました。大村市の「旧楠本正隆屋敷」
null

楠本正隆(くすもとまさたか)は、大村藩で尊皇攘夷論を掲げ三十七名から構成された
勤王派「大村三十七士」のひとりで、幕末から明治にかけて活躍した政治家です。

明治維新後は、長崎府判事、新潟県令・東京府知事を歴任し、第3・4・5代の衆議院議長を
務めました。

この屋敷は明治3年に建てられたもの
20130625-IMG_5223.JPG

屋敷・庭園がとても良い状態で保存されており、長崎県指定有形文化財・大村市指定史跡に
指定されています。

入口をあがってすぐ目の前の座敷から見る庭園!
20130625-IMG_5216.JPG

今の時期は新緑が美しく、緑がキラキラと輝いていました。
20130625-IMG_5208.JPG

しばらくの間、ぼーっと庭を眺めているだけで癒されます(*゚▽゚*)

御前の間
20130625-IMG_5210.JPG

楠本正隆の肖像画が飾られていました。土間・勝手(台所)を通って離れへ
20130625-IMG_5211.JPG

離れには楠本正隆の落款印や刀などの展示スペース
20130625-IMG_5212.JPG

離れからも庭を望めます。
20130625-IMG_5221.JPG

旧大村藩内に残る武家屋敷の遺構としては、最も形式の残ったものの一つである
この屋敷では、通常の見学の他に、春にはひな祭り、秋の大村城下町灯籠まつりでは
ライトアップされた庭園を眺めながらミニコンサートなど、
風情ある屋敷でのひと時をさらに楽しめる特別イベントが開催されます。

ライトアップされた庭園でのクラシックコンサートとか幻想的で、
また行ってみたくなりました♪

旧楠本正隆屋敷
住所:大村市玖島ニ丁目291-4
電話番号:0957-52-9885
開館時間:9:00〜17:00
定休日:月曜日(月曜日が祝祭日の場合はその翌日)、12月29日〜1月3日
料金:大人/200円、小・中学生/100円

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">