| 岩合光昭写真展 どうぶつ家族

| ブログテーマ: 美術館・博物館

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

長崎県美術館で開催中!
「岩合光昭写真展 どうぶつ家族」
null
長崎では昨年、「ねこ」写真展が開催され、大変好評だったのが記憶に新しい
動物写真家・岩合光昭氏の写真展♪

去年は「ねこ」に特化したものでしたが、今年は
 ・「どうぶつ家族」
 ・上野、和歌山、中国で撮影した「ぱんだ」
 ・「ねこ」
と、動物写真が251点展示され、盛りだくさんの写真展です\(^▽^)/

通常は、「ねこ」「ぱんだ」など単独のテーマで開催されることが多いそうですが、
長崎県美術館の写真展では3つのテーマの写真を一同に鑑賞することができ、
大変見ごたえがある写真展になっています。

写真家・岩合光昭氏
20130827-7_iwagou.jpg
               ⓒHideko Iwago

動物にかなりの時間密着し、カメラを動物の前で構えても自分が何もしないと
安心させてから撮影するそうです。

動物の個性をよくわかって撮影しているので、まるでドキュメンタリーのワンシーンを
切り取ったかのような写真に出合えます。
20130827-2_lion.jpg
   セレンゲティ国立公園・タンザニア ⓒMitsuaki Iwago

1枚1枚の写真には、その写真を撮影したときの状況のコメントが記されています。
20130827-IMG_6119.JPG

例えば左の写真にはこんなコメントがありました。
20130827-IMG_6118.JPG
長い時間密着しているからこそ、その親子の置かれている状況がわかる写真です。
20130827-IMG_6130.JPG

カンガルーの親子の写真にはこんなコメントが
20130827-IMG_6129.JPG
厳しい環境の中で、子どもを思いやる母親の様子が見事に撮影されています。

じゃれたり、取っ組みあったり、いろんな表情が愛らしい「ぱんだ」
20130827-IMG_6133.JPG

長崎で撮影された「ねこ」
20130827-IMG_6142.JPG

長崎のまちは「ねこ」がよく似合う!!
20130827-5_nagasakineko.jpg
      長崎県     ⓒMitsuaki Iwago

生命の循環・つながりをテーマに、その場所、その瞬間でしか出会えない
一瞬を切り取った写真ばかりです。
特に「どうぶつ家族」の写真は親子で見てほしい!
20130827-IMG_6127.JPG

親が子どもに、子どもが親に・・・家族で過ごすことの素晴らしさを
動物達の写真から感じることができるでしょう。

「岩合光昭写真展 どうぶつ家族」は9月1日(日)までの開催です。
尚、先日紹介した長崎歴史文化博物館で開催中の「恐竜展2013」の観覧券提示で
当日券が前売料金に割引されますので、合わせて観覧をお楽しみ下さい♪

岩合光昭写真展 どうぶつ家族
期間:2013年8月10日(土)〜9月1日(日)
開催地:長崎県美術館
電話番号:095-833-2110
料金:一般・大学生/800円、中・高校生/500円、小学生以下/無料

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">