| 亀山社中記念館「特別企画展」

| ブログテーマ: 長崎市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

長崎市、風頭公園の坂本龍馬之像
20131112-IMG_0124.JPG
ながさき龍馬くんが全国のイベントに出かけると「なんで長崎なのに龍馬なの?」と
いまだに言われることがありますが・・・(苦笑)

1864年勝海舟に同行して初めて長崎に来た坂本龍馬はその後、1865年に長崎で
日本初の貿易商社「亀山社中」を創設しました。

「亀山社中」は海運業を中心とした商業活動を行ったほか、政治活動にも参加し
薩長同盟にも大きな役割を果たしたそうです。後に「海援隊」と改称されました。

龍馬が訪れたときはすでに開港していた長崎。この地で外国の帆船や蒸気船、外国人居留地、
長崎で成熟した西洋文明に出会ったことが、その後の龍馬に大きな影響を与えたと思われ
長崎は龍馬の希望の地とも言われています!

★龍馬と長崎についてより詳しく知りたい方は
ながさき旅ネット「龍馬塾」

そして、亀山社中跡にある建物を当時の姿により近い形で復元したのが「長崎市亀山社中記念館」
20131112-IMG_1.JPG
館内には坂本龍馬が着ていた紋服(複製)や龍馬が履いていたというブーツの再現品をはじめ、
書簡や写真など、亀山社中や幕末期の長崎に関する資料が展示されています。
20131112-IMG_7541.JPG
11月1日(金)〜平成26年2月14日(金)まで長崎と坂本龍馬をつなぐエピソードとして人気が高い
「いろは丸事件」をテーマにした企画展を開催中!

書簡(三吉慎蔵あて)(複製)(功山寺所有、下関市立長府博物館管理)をはじめ、
いろは丸絵図のパネル展示などの資料をご覧いただけます。
また、通常入り口から覗くことしかできない中二階へも企画展期間中は特別に入ることが可能!
20131112-IMG_2.JPG
坂本龍馬や海援隊士が身をひそめたかもしれない空間・・・ファンにはたまりませんね〜(≧∇≦)

そして、11月15日は龍馬の命日ですが11月15日(金)〜11月24日(日)までの期間
血痕の付いた掛軸<複製>を特別展示いたします!

龍馬は1867年11月15日、京都の近江屋に中岡慎太郎と一緒にいるところを襲われ、暗殺され、
そのとき部屋にあった掛軸の下部に血痕が付着しています。
長崎ではなかなかお目にかかれない品物です!

この機会にぜひ長崎市亀山社中記念館へお出かけ下さい。

長崎市亀山社中記念館
住所:長崎市伊良林2丁目7番24号
電話番号:095−823−3400
開館時間:9:00〜17:00
休館日:年中無休
入館料:一般/300円、高校生/200円
小・中学生/150円
企画展:11月1日(金)〜平成26年2月14日(金)
特別展示:11月15日(金)〜11月24日(日)

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">