| 波佐見中尾山路地裏めぐり

| ブログテーマ: 波佐見町

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

波佐見焼の多くの窯元が残る中尾山。
はさみ観光ボランティアガイドさんの案内で中尾山を散策してきました。

 春の桜陶祭、秋の秋陶めぐりには必ず行っているもののじっくり中尾山を散策するのは初めて♪
中尾山の上にある展望所からスタート☆
null
ここからは中尾山の風景として印象的なレンガ造りの煙突など、中尾山全景を見ることができます。
20131224-IMG_7501.JPG
風情のあるレンガ造りの煙突群は大正時代、石炭窯で使われていたもの。
現在はもう使われていませんが、まちづくり景観資産として残されています。
展望台にある石碑の背面・裏側に注目!なんと焼きものが埋め込まれています。
20131224-IMG_7494.JPG
古いものだと江戸時代、大正時代の陶器もあり、価値が高いそうです。
ちょっと色あせているのが年代ものだそう。

江戸時代から焼きもの作りがはじまった中尾山
大きな登り窯が作られ、「くらわんか碗」や「コンプラ瓶」など、国内だけでなく海外までも、
波佐見からたくさんの焼きものが出荷されていました。
中尾上登窯跡
20131224-IMG_7497.JPG
今はもう廃業してしまった窯元跡にも煙突だけが残っていました。
20131224-IMG_7510.JPG
中尾山交流館にやってきました。
20131224-IMG_7523.JPG
中尾山にある窯元の作品が揃ったギャラリーで、気に入ったものは購入できます。
20131224-IMG_5018.JPG
窯元によって異なりますが、大半の窯元がいつでも見学が可能というわけではありませんので、
中尾山交流館をぜひご利用下さい。

 

中尾山散策、続きはまた明日(^O^)/

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">