↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

2014年6月1日からスタートした、五島列島の下五島と上五島をつなぎ、
長崎の教会群とキリスト教関連遺産の構成資産をめぐる
「五島列島キリシタンクルーズ」

昨日は上五島の若松港を出発し、キリシタン洞窟までをご紹介しました。

奈留港へ到着!
IMG_9027

奈留港ターミナルは初めて訪れましたが、インフォメーションセンターや
お土産店もあって、とってもきれいです!(正直きれいで広くて驚きました!)
個人で奈留島に訪れる際もぜひご利用下さい(^-^)
IMG_9036

ここからは島内をバスで移動します。
(参加人数によってタクシーの場合もあります)
IMG_9037

巡礼ガイドの松尾さん
催行日によってガイドの方も変わりますが、教会やキリシタンの歴史に詳しい
専門のガイドさんが同乗します。
IMG_9043

美しい海がすぐそばにあり、のどかな街並み♪
道行く人が時折バスに向かって会釈したり手を振ってくれたり…
いいなぁ!奈留島(*^-^*)

IMG_9051

奈留島は「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」構成資産である江上天主堂のほかに、
奈留高校の愛唱歌「瞳を閉じて」も有名です。

ユーミンこと松任谷由美さんが作詞・作曲してプレゼントしてくれたもので、
校歌にはなりませんでしたが学校の愛唱歌として今でも歌い継がれています。

江上天主堂は奈留港から車で20分ほどのところにあり、
奈留島の中心部から離れた、静かな岸辺にひっそりと建っています。

江上天主堂を取り囲む木の中に、ハートの模様が見える木を探しています。
IMG_9064

朝の陽射しを浴びた教会はいつもにも増して神聖な雰囲気
周りの木々もキラキラと輝いています。
IMG_9065

教会建築の父とも言われる教会建築第一人者鉄川与助の施工で、
最も完成度が高く、木造教会堂の代表作とも言われています。
IMG_9097

江上天主堂の特徴といえば、木目が手描きされた柱や、ステンドグラスの代わりに
白い花が手描きされた窓ガラス

奈留島には銘木がなかったため、木目を手描きした当時の信徒達の「素晴らしい教会を
造りたい」という気持ちが、今でもきれいに残る木目から伝わります。
IMG_9095

江上天主堂に関してはこちらの記事もご覧ください

通常、江上天主堂内は鍵がかかっていますので、内部の見学は事前に予約が必要です。
個人で見学をご希望の方はNPO法人DONDON奈留事務局へお問い合わせ下さい。
(五島列島キリシタンクルーズ参加の方は必要ありません)

奈留島をあとにして、お隣の久賀島へ向かいます。

五島列島キリシタンクルーズ(上五島発)
期間:2014年6月1日~10月31日の土・日・祝及び8月11日~15日
料金:大人/6,600円、小人/3,300円
催行人数:2名以上
お申込み、旅行企画・実施:五島自動車(株)
電話番号:0959-72-2173(8:30~17:00)
※前日昼12時まで申込可
※料金はしまとく通貨で支払い可

五島列島キリシタンクルーズ(下五島発)はこちらから

今週はちょっと調子が悪いですね・・・
上位を目指して!!クリックをお願いします。

↓↓↓

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">