| 世界遺産候補をめぐろう!

| ブログテーマ: イベント 平戸市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

2014年9月17日、外務省において世界遺産条約関係省庁連絡会議が開催され、
長崎の教会群とキリスト教関連遺産」について、9月末までに推薦書(暫定版)を
ユネスコ世界遺産センターへ提出することが決定されたことを受け、
ますます注目を集めている長崎の教会群

世界遺産になる前の今が先取りのチャンスv(‘▽^*)

行楽の秋!涼しい秋風の中、歩いて世界遺産候補をめぐってみませんか?

毎回大好評!駅長おすすめのJR九州ウォーキングで
世界遺産候補であるキリスト教関連遺産を、平戸-島原-長崎と
3地区を歴史に沿ってめぐるコースが企画されています。

第一弾は「平戸」今週末9月27日(土)の開催です。

長崎のキリシタンの歴史は、1550年にイエズス会宣教師フランシスコ・ザビエルが、
鹿児島から平戸を訪れ布教をおこなったことにはじまります。

構成資産の一つ「田平天主堂
IMG_5771

「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」について調べると、必ず名前が出てくるのが
鉄川与助氏。教会建築の父と言われ、仏教徒ながら教会建築の第一人者で
長崎では50あまりの教会堂の建設に関わり、構成資産の教会堂のほとんどを
設計しています。

田平天主堂は鉄川与助が設計・施工した最後のレンガ造教会堂で、信徒達も関わった
荘厳な赤レンガづくり、中に入ると目を奪われる色鮮やかなステンドグラスは
1階はイタリア製、2階はドイツ製という異なるデザインで、ステンドグラスに
光が差し込む様は息を飲む美しさです。

田平地区を後にし、平戸大橋を渡って平戸島へ
Exif2671[1]

平戸を代表する景色と言えば「寺院と教会の見える風景
IMG_6744

一番奥に見えるのは「平戸ザビエル記念教会堂
IMG_5759

そして平戸オランダ商館
_MG_5306[1]

平戸を代表するスポットをめぐった後は、珍しいうで湯・あし湯でひとやすみ
BP29_01[1]

当日は松浦鉄道西田平駅に集合。
JR佐世保駅より~西田平駅まで有料シャトルバスも運行しております。

参加費無料、予約申し込み不要です。

みなさま、世界遺産候補と秋の平戸路を歩きましょう♪

JR九州ウォーキング ~伝播と信仰 田平天主堂と平戸の街を巡る~
開催日:2014年9月27日(土)
受付・スタート:松浦鉄道西田平駅
問い合わせ:平戸観光協会
電話番号:0950-23-8600

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">