↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

九州最後の炭鉱の島「池島」
今は閉山した池島炭鉱内を元炭鉱マンの案内で見学できる「池島炭鉱さるく」が
“大人の社会科見学”として注目を集めています。
IMG_3349
午前コースに参加すると坑道内を歩いた後、昼食タイムがあります。
持参でもかまいませんが(島内の調達はできません)
懐かしさが容器からにじみ出ている「池島炭鉱弁当」を
オプションで注文することができます!(ツアー申込時に要予約)

池島炭鉱弁当/800円(お茶付き)
IMG_3302

このアルミの容器、いいでしょ(*^m^*)(残念ながら容器の持ち帰りはできません)
コンパクトに見えますが、中が意外に深くてたっぷりご飯が入っていますので
男性でもお腹いっぱいになったそうですよ。

そして、年明け2015年1月8日から、坑内探検ツアーの後に
島内観光オプションコースが登場します!

もっと池島を知りたい方にオススメ\(^▽^)/

池島に残るアパート群
かつては炭鉱で働く人、そして家族が住んでいました。
IMG_3252

変わったデザインのアパート
高層階は、1階からではなく途中の階から上れるようになっているそうで、
とても便利な造りになっています。

今はほぼ空き家のアパート群・・・(一部、現在でも公舎として利用している建物もあるそうです)
当時の暮らしの様子を再現した部屋をオプションコースで見学することが
できるようになりました!
IMG_3264

この扉をぎぎーっと開けると・・・
IMG_3275

昭和の香りが漂う室内
IMG_3279

キッチンは割と広いですね。
IMG_3280

すりガラスの窓の先にあるベランダに階段が!
IMG_3296

この階段を上ると・・・けっこう怖くてびびりました(;´Д`)
IMG_3284

アパートの屋上に!ここも柵が無くて怖い!しかし、島内を一望できる開放的な空間!
IMG_3287
このオプション観光コースは池島炭鉱さるくにご参加された方への特別コースです。
このコースのみの見学は受付けておりませんので、ご了承ください。

午前コース、午後コースの違い、そして池島から長崎へ向かう船の時間帯によって
オプションコースが分かれておりますので、ご予約時にご相談ください。

池島炭鉱さるく
問い合わせ・申込:長崎国際観光コンベンション協会
電話番号:095-811-0369
※池島島内観光オプションコースは2015年1月8日開始です。

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">