| 諫早 うなぎ料理

| ブログテーマ: グルメ

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

江戸時代から伝統がある諫早のうなぎ料理。
今日は「鰻のシューバーガー」に引き続き、
創業明治16年「うなぎ割烹 北御門(きたみかど)」さんの
鰻料理をご紹介します!
「脂ののり具合、タレののり具合などが、
ちょうどいい大きさの鰻を使い、 
生から一気に、600〜700度で焼き上げて、
蒲焼にしています。
 最後に軽く蒸しの行程が入っているので、
フワッと柔らかくなるんですよ」と
ご案内していただいた北御門さんに、
教えていただきました!
私が食べたのは、「梅御膳(¥1380)」(鰻4枚)

20070109-IMG_0998.JPG
赤い器が特徴
20070109-IMG_1002.JPG

蒲焼は、京都で作られる楽焼の器に
盛り付けされています。
この器は、2重底になっていて、
底にお湯が入っているので
鰻がほどよく蒸されてふっくら!
しかも冷めにくいんだそうです。

20070109-IMG_1001.JPG

食べてみると
表面は香ばしく、中はホクホク(^ー^)タレは、甘口☆
薄めに味付けされていて、あっさりとしています!
味・量と共に、女性にピッタリかもしれません!
口の中でとけるような食感をお楽しみいただけますよ。
さらに、石焼ひつまぶし(¥2040)や、うなぎ饅頭(¥530)、
鰻のシューバーガー(¥350)などなど
面白いメニューがあります!
幅広いジャンルで鰻料理を楽しめるのも嬉しいですね♪
他の地域とは、違う食感の
鰻料理を召し上がってみてはいかがでしょうか・・・?
「うなぎ割烹 北御門」
住所:諫早市八天町4-3
電話:0957-22-0167
駐車場:有

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">