↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

IMG_2196

こんにちは!ともっちです☆
長崎を代表する観光地のひとつ「グラバー園」に、
「2つの新たな楽しみ方」があるとの情報を入手し、
さっそく取材に行ってきました!

onseiguide1

【新たな楽しみ方① 音声ガイド】
「ガイドマップ」と「しゃべるペン」を使って、
グラバー園をより深く、楽しく回れるサービスが平成26年秋からスタート。
レンタル料は500円(税込)
日・英・中・韓の4カ国語対応です。

さっそく使ってみましょう。

IMG_2139

音声ペンをマップに「ピピッ♪」とタッチ!

私が感じた音声ガイドの一番の魅力は、
自分のペースで「見て、聞いて、感じる」ことができる点☆
ガイドさんがいなくても、
好きな場所、好きなタイミングで、
何度でも案内を聞くことができます(^-^)

4カ国語対応なので、外国人観光客にも人気なのだそうですよ。

IMG_2198

旧グラバー住宅前に咲くアガパンサスの花。
紫陽花が終わりかけのこの時期、
アガパンサスの優しく爽やかな花に癒されます。

【新たな楽しみ方② 対岸の世界遺産候補まで見える!】
世界遺産への登録が勧告された「明治日本の産業革命遺産」
グラバー園内にある「旧グラバー住宅」(写真)も、
日本に西洋技術を伝えた拠点として、
世界遺産候補の構成資産のひとつになっています。

が、今回ご紹介するグラバー園の楽しみ方はこれだけではありません!

長崎港が見渡せるグラバー園からは、
対岸にある非公開の世界遺産候補
「ジャイアント・カンチレバークレーン」
等を望むことができるんです!

IMG_2183

取材時は曇りで見えにくかったのですが、
晴れた日に長崎港の別のアングルから撮影したのが下の写真。

image

ドーンと真正面に見えるT字型の薄緑色のものが
世界遺産候補「ジャイアント・カンチレバークレーン」です。
約100年も前にイギリスで作られた日本初の最新式電動クレーンで、
それが何と現役で活躍中なのだとか!

長崎港をはさんで対岸にある三菱長崎造船所内には
4つの世界遺産候補があるのですが、
そのうち3つは「非公開」。
それがグラバー園から真正面に望めるとは、かなりナイスな情報です!

グラバー園には何度も行ったことがあったけれど、
今回は「2つの新たな楽しみ方」も加わり、特に新鮮に感じました。

初めての方はもちろん、
「あの有名なグラバー園?行ったことあるよ」
という方も、
ぜひ訪れてみてください。
視点が変わり、
改めてグラバー園の魅力を味わえると思いますよ(^-^)

BP12_01[2]

【夏の夜間開園「グラバーナイト」のお知らせ】
夜間の幻想的なライトアップで、
昼間とは一味違ったグラバー園の魅力を楽しむことができますよ(^-^)
もちろん長崎の夜景もバッチリ味わえます。
・期間:7月17日(金)~10月9日(金)
・開園時間8:00~21:30 [最終入園受付21:10]
(通常の閉園時間18:00[最終入園受付17:40]を延長)
「グラバーナイト」についての詳しい情報はこちら↓
http://www.glover-garden.jp/glovers_night.html

◆「ビアガーデン」も開催!夏の夜はビールで乾杯( ゚v^ )
・期間:7月17日(金)~9月30日(水)

◆グラバー園から見る「花火」は超おすすめです!!!
「ながさきみなとまつり」
・日時:7月25日(土)・26日(日)20:20~
2日間合計で1万発の花火が長崎の夜を彩ります☆
「ながさきみなとまつり」についての詳しい情報はこちら↓
http://www.minatomatsuri.com/

【グラバー園】
住所:長崎市南山手町8番1号
電話番号:095-822-8223
詳しい情報はこちらをご覧下さい↓
http://www.nagasaki-tabinet.com/detail/index_101.html

人気ブログランキングに参加しています!
クリックして応援してしてくださると嬉しいです(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">