↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

IMG_2372

女性って、とっても欲ばりな生き物なんです。
旅をするなら気の合う仲間と
「楽しくおしゃべり」しながらが必須☆

仕事に家事に慌しい毎日だし、
今の気分は「パワースポットで癒されたい」。
で、
その土地ならではの体験をして(手作りが良いな❤)、
美味しいものを食べて(キレイになれるヘルシー料理が嬉しいな❤)、
お土産だって買いたいし(もちろんスイーツも!)。

パワースポットは歩きたいけど、
お店や駅までは送り迎えしてほしいな~。

・・・女性たちのそんなワガママを
ぜ~んぶ聞いてくれるタクシーツアーが新登場!
さっそく体験してきましたよヾ(@^▽^@)ノ

IMG_2296

提案するのは長崎県諫早市高来町の湯江タクシー。
男性社会のタクシー業界にはめずらしく、
代表取締役は女性。

以前から「子育てタクシー」など、
女性ならではのきめ細やかな視点で
「かゆいところに手が届く」サービスを展開する
地域密着型のタクシー会社です。

豊かな自然に包まれた長崎県諫早市高来町。
今回参加したのは、
「光と緑と水に出会う旅」~高来のパワースポットで心を癒すツアー~。
ご一緒したのは、
長崎ウーマンズ・ウォークラリー実行委員会のパワフルな女性たち。
雨が降っても、なんのその☆

IMG_2294

スタート地点の諫早駅からタクシーに乗り込み
いざ出発!

IMG_1346

【マイナスイオンたっぷりのパワースポット「轟の滝」で癒される!】

多良岳の深い森の中に大小30もの滝が連なる「轟の滝」。
その代表格の「轟の滝(落差12m)」は、
エメラルドグリーンの滝つぼが美しい!
昨年はサントリーのイメージ映像のロケも行われたそうです。
マイナスイオンを浴びて、深呼吸(´∀`)

IMG_2302

「耳鳴り岩」(写真右側)。
岩の手前にある足跡マークの位置に立つと、
滝の音がまるでステレオのように反響して聞こえるんです!
なんとも不思議な感覚が心地良い!

IMG_2310

名水100選にも選ばれている「轟の滝」の水は、
透明度が高く、とっても清らかでくせのない美味しさ☆
ペットボトルに汲んで持ち帰ります。
女性たちは準備がいいですね(笑)

「轟の滝」についての詳しい情報はこちら
http://www.nagasaki-tabinet.com/guide/484/

IMG_2345

このあとは、伝統の「湯江紙すき」を体験!
大はしゃぎしながら、
世界でひとつだけのハガキ作りに挑戦!
どんな作品ができるのやら・・・。

女性たちの旅はまだまだ続きます!
この続きは次回ご紹介しますので、お楽しみに☆

 

【このツアーについて】
商 品 名:「光と緑と水に出会う旅」~高来のパワースポットで心を癒すツアー〜
旅行行程:諫早駅西口〜轟の滝〜紙すき体験〜昼食(インダインダ)〜高木スイーツ通り〜諫早駅着
旅行代金:6,500円/人(税込)
※旅行代金に含まれるもの:タクシー代、紙すき体験料、昼食代
出 発 日:7月21日(火)、7月28日(火)
※平成27年7月現在。8月以降については下記HPでご確認ください。
http://kosodate-taxi.jp/
出発場所:諫早駅西口
出発時間: 9:30(雨天決行)
到着時間:15:00
定  員:8名(最少催行人数:5名)
※添乗員は同行しません。
※申し込みの締切日は各出発日の7日前となっておりますので、ご注意ください。

 

【お申込み・お問い合わせ先】
旅行企画・実施:湯江タクシー有限会社/ながさき夢旅タクシー
所在地:〒859-0132長崎県諌早市高来町三部壱397-3
電話:0957-32-2777(電話対応時間9:00〜17:00)
FAX:0957-32-2528
長崎県知事登録旅行業地域-177号 国内旅行業務取扱管理者 内田輝美

※このツアーの他にも、
「親子で楽しむ旅」や「自宅から出発できる旅」など、
タクシーならではのツアーをお手軽な料金で企画しています。

詳しくはこちらをご覧下さい↓
http://kosodate-taxi.jp/(HPからもお申し込みできます)

 

人気ブログランキングに参加しています!
クリックして応援してしてくださると嬉しいです(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">