↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

IMG_2313

タクシーde女子旅①の記事はこちら↓
http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-4040/

轟の滝でマイナスイオンをたっぷり浴びたあとは、
「とどろき紙工房」で
伝統の「湯江紙すき」を体験!

大はしゃぎしながら、
世界でひとつだけの「ハガキ」や「うちわ」作りに挑戦します☆
どんな作品ができるのやら・・・。

IMG_2319

轟の滝が流れる湯江地区では、そのきれいな水を活用して、
幕末から紙漉きが行われてきました。
かつては長崎紙漉き四大産地のひとつに数えられるほど紙作りが盛んでしたが、
安価な西洋紙の普及により、昭和46年に廃絶してしまいます。

その伝統を復活させようと取り組む有志団体が運営する「とどろき紙工房」では、
伝統の「湯江紙すき」を体験することができます☆

教えていただくのは、
とっても穏やかで気さくな三浦先生(写真左)。
まずは作りたい作品にあわせた簾桁(すけた)を選びます。

IMG_2328

これからの季節にぴったりの「うちわ」を作っています❤
(うちわの場合は+300円です)

まずは漉き槽の中に、水・原料・ネリ(植物性の糊)を投入し、まぜまぜ。
それから簾桁に簾をはさみ、1枚1枚漉き上げます。

IMG_2345

漉き槽の中で原料の繊維を均一にしながら漉いていくのですが、
これがなかなか難しい!
「垂直に入れて自分のほうに引き寄せんばよ~」と
三浦先生が助け舟を出してくださいます。

少し慣れてくると、簾桁の上で水が踊る音がとても心地良く感じてきました(´∀`)

IMG_2332

漉いた紙の水分を吸い取るのは、掃除機のような圧搾機。
ゴーッというものすごい音と吸引力に
思わずたじろきます!
これで1/3の厚さにまで絞ることができます。

IMG_2333

圧搾が終わった紙を、乾燥機に貼り付けて乾燥させます。
熱いのでやけどに注意!

IMG_2357

形をそろえて完成!
みんなでにっこり記念撮影。

IMG_2359

こんなハガキもできました。
大満足〜(*≧∀≦*)
久しぶりに、友達にハガキを出そうかな☆

やっぱり女性は手作り体験が大好き☆
みなさん大はしゃぎでした(*≧∀≦*)

そろそろお昼。
お腹がすいてきました(´ρ`)
このあとはお待ちかねのランチタイムです☆
癒しのスポットでいただく体にやさしいメニューだというウワサですが・・・?

この続きは次回ご紹介しますので、お楽しみに☆

IMG_2386

こんな雨の日は特に
ドライバーさんが濡れないようにアテンドしてくれる
タクシーツアーって本当に助かりますね~☆

 

【このツアーについて】
商 品 名:「光と緑と水に出会う旅」~高来のパワースポットで心を癒すツアー〜
旅行行程:諫早駅西口〜轟の滝〜紙すき体験〜昼食(インダインダ)〜高木スイーツ通り〜諫早駅着
旅行代金:6,500円/人(税込)
※旅行代金に含まれるもの:タクシー代、紙すき体験料、昼食代
出 発 日:7月21日(火)、7月28日(火)
※平成27年7月現在。8月以降については下記HPでご確認ください。
http://kosodate-taxi.jp/
出発場所:諫早駅西口
出発時間: 9:30(雨天決行)
到着時間:15:00
定  員:8名(最少催行人数:5名)
※添乗員は同行しません。
※申し込みの締切日は各出発日の7日前となっておりますので、ご注意ください。

【お申込み・お問い合わせ先】
旅行企画・実施:湯江タクシー有限会社/ながさき夢旅タクシー
所在地:〒859-0132長崎県諌早市高来町三部壱397-3
電話:0957-32-2777(電話対応時間9:00〜17:00)
FAX:0957-32-2528
長崎県知事登録旅行業地域-177号 国内旅行業務取扱管理者 内田輝美

※このツアーの他にも、
「親子で楽しむ旅」や「自宅から出発できる旅」など、
タクシーならではのツアーをお手軽な料金で企画しています。

詳しくはこちらをご覧下さい↓
http://kosodate-taxi.jp/(HPからもお申し込みできます)
人気ブログランキングに参加しています!
クリックして応援してしてくださると嬉しいです(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">