| 長崎のチャイナタウン【唐人屋敷】

| ブログテーマ: イベント 長崎市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

中秋節

昨日のブログでご紹介した9月のイベント「長崎中華街 中秋節」。
http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-4256/

お腹いっぱいになったあとは、
メイン会場の新地中華街からちょっと足を伸ばして、
唐人屋敷エリア」の散策がオススメです!

鎖国時代の外国人隔離居住区といえば「出島」が有名ですが、
唐人屋敷」は、いわば中国版の「出島」。

それまで長崎のまちなかで自由に活動していた中国人たちを、
密貿易などの防止のため、江戸時代179年間、隔離して住まわせた地域です。
当時の唐人屋敷は塀で囲まれ、さらに周囲は堀や竹矢来で囲まれて、
人の出入りが厳重に制限されていたそうです。

当時を偲ばせる個性的な4つのお堂や、レトロな市場。
まち全体が懐かしく、独特の魅力を放つエリアです。

02.IMG_5085

唐人屋敷へのイントロダクションとして、
かつての唐人屋敷の入口部分に新しくできた「唐人屋敷象徴門・大門」を通って、
唐人屋敷エリアへ、出発!

03.IMG_5089

レトロな市場の坂道を登っていくと、お堂が見えてきます。
「土神堂(どじんどう)」です。

04.IMG_5098

05.IMG_5097

門と橋、中国らしい丸い窓が美しいお堂の中には、農業・商売の神様が祀られています。
唐人屋敷の中では一番最初につくられたお堂で、
江戸時代には、この前の広場で龍踊りのルーツとなる「唐人踊り」が行われていたんですって☆

08.館内市場

右手にはかつての銭湯、左手には「土神堂(どじんどう)」の屋根。
風情ある階段道を登り、平成27年4月にオープンした「蔵の資料館」へ。

10.IMG_5114

ここでは唐人貿易や唐人屋敷の生活のことがわかりやすく展示されています。
明治期の蔵を活用した資料館なんですよ。

12.唐人屋敷の堀

近くには、「唐人屋敷時代の堀」も残っています。

15.IMG_5121

航海安全の女神「媽祖(まそ)さま」を祀る「天后堂(てんこうどう)」
かつて唐人たちは、唐船で季節風にのり、海を渡ってやってきました。
その航海の安全を祈るため、媽祖像を船内にまつり、
日本に着くと、唐人屋敷内の天后堂へお運びしました。
この様子は、現在のランタンフェスティバルで、「媽祖行列」として再現されています。

17.IMG_5130

観音菩薩や関帝を祀る「観音堂」
入口のアーチ型の石門は唐人屋敷時代のものといわれています。
保育園の敷地にもなっていて、子どもたちが遊ぶ姿も見られます。

20.IMG_5142

車の入らない細い路地が多い唐人屋敷エリアは、猫が多い地域としても有名です。
昼下がりのベンチでは、猫が大あくびしていますね~。
長崎には、しっぽが曲がった「尾曲がり猫」が多いといわれています。
一説によると、東南アジア方面からの貿易船に乗って来た猫には、
しっぽが曲がった種類の猫が多く、
それが長崎のまちに住み着いたのではないかといわれているそうです☆
国際貿易港であった長崎らしいエピソードですよね!

25.IMG_5148

いちだんと立派なこの建物は「福建会館」
明治に入り唐人屋敷が解体されたあと、華僑の人々によって建てられたシンボル的なお堂です。

27.IMG_5152

このお堂には、2体の媽祖さまがまつられていて、
長崎の冬の一大イベント「ランタンフェスティバル」の「媽祖行列」では、
小さい方の媽祖さまを、寺町の興福寺までお運びします。

24.IMG_1466

また、中国革命の父と呼ばれる孫文の銅像もあります。

長崎中秋節 食べ歩き博覧祭にお出かけの際には、
ぜひ
唐人屋敷エリアにも足を伸ばして、

かつての唐人街の香りと懐かしい日本情緒がミックスした
独特の魅力を味わってみてはいかがでしょうか☆

唐人屋敷についてのアクセス・地図などはこちら↓
http://www.nagasaki-tabinet.com/guide/112/
http://www.nagasaki-tabinet.com/guide/90/

人気ブログランキングに参加しています!
クリックして応援してしてくださると嬉しいです(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">