↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

tour6

平成28年度 世界文化遺産登録を目指す
「長崎の教会群とキリスト教会関連遺産」
いよいよ登録の機運が高まってきています!

長崎市の北西部
キリシタンの里 外海(そとめ)地区にある
世界遺産候補の教会をはじめ、
明治時代、外海地区を中心に信仰や人々の生業に大きな功績を残した
フランス人宣教師「ド・ロ神父」ゆかりの地などを観光バスでめぐる
【世界遺産候補ツアー「キリシタンの里そとめ」】が10月より、
リニューアル・スタート!

その魅力をご紹介しますヾ(o´∀`o)ノ

長崎駅を出発したバスは、海沿いの景色を楽しみながら、
一路、外海エリアを目指します。

黒崎教会 旅ネットより

車窓から「黒崎教会堂」を見学。
こちらはド・ロ神父の指導により、
信徒たちの手で、計画以来23年もの年月をかけて建設された教会。
映画のロケ地にもたびたび使われています。

◆詳しい情報はこちら↓
http://www.nagasaki-tabinet.com/junrei/1096/

出津教会

【世界遺産候補】出津教会堂(しつきょうかいどう)

さらにバスを走らせ、人気ドライブロードでもある
外海地区に広がる角力灘の絶景を眺めながらたどり着いた先は、
あれっ?
意外にもフランスの片田舎のような雰囲気。

ド・ロ神父が私財を投じて、信者と力をあわせ完成させた出津教会堂は、
外海地方の強い海風に耐えられるように屋根を低くした木造平屋作りになっています。
青い空に、白いしっくいと屋根瓦が映えて美しい!

◆詳しい情報はこちら↓
http://www.nagasaki-tabinet.com/junrei/1094/

出津救助院跡

【世界遺産候補】旧出津救助院
ド・ロ神父は貧しい外海地方の女性の自立を支援するため、
織物、縫物、素麺などの食品加工を行う授産施設「出津救助院」を作りました。
ここは日本の修道院の発祥の地とも言われています。
保存修理工事を終え、現在はド・ロ神父と当時の人々の仕事を体験できる場としても活用されています。

◆詳しい情報はこちら↓
http://www.nagasaki-tabinet.com/junrei/448/

救助院内部

内部は授産施設の様子が一部再現されています。
左に見えるのは、「そうめん」を伸ばす工程の様子。

ハルモニュウム

ド・ロ神父が毎日のミサで使用していた、
およそ125年前のフランス製のオルガン(ハルモニュウム)。
現在もその音色は現役なのだとか。

メリヤス編み部品 ドロ神父が救助院で指導した 計算機など。隣には当時の編み機も展示

お隣にある「ド・ロ神父記念館」では、
神父の足跡をたどる史料がたくさん展示されています。
こちらはド・ロ神父が指導した、メリヤス編みの部品や計算機など。
隣には当時の編み機も展示されていましたよ。
この資料館は、当時は学校や鰯網工場として使われてた建物だそうです。

◆詳しい情報はこちら↓
http://www.nagasaki-tabinet.com/junrei/447/

ヴォスロール地産地消ランチ

お昼はレストラン「ヴォスロール」で地産地消ランチ♪
ド・ロ神父ゆかりの畑で取れた貴重な小麦・野菜などを使って、
外海の女性たちが丁寧に心を込めて作るランチは、
体に「すーっ」と入ってきます。

今日の日替わりメニューはこちら。
自然の甘みがたまらないかぼちゃのスープと
新鮮なバジルで作った自家製ジェノベーゼが特に大人気!
今回のツアーでも、おかわりする人が続出でした☆

店名の「ヴォスロール」は、ド・ロ神父のふるさと、
フランスのヴォスロール地方にちなんで名付けられたんですって(^-^)

◆詳しくはこちら↓
http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-1771/

大野教会堂

【世界遺産候補】大野教会
まるでフランスの田舎にある民家みたい❤
通称「ド・ロ壁」と呼ばれる味わい深~い壁は、
この地域でとれた石を、赤土に石灰を混ぜ、しっくいで固めたもの。
風の強い外海の風土に合わせた工夫なのだそうです。

◆詳しくはこちら↓
http://www.nagasaki-tabinet.com/junrei/1092/

大平作業所

大平作業場跡
細い山道をゆっくりと走って行くと、西洋の要塞のような独特の風景が!
ここは農業振興のため、ド・ロ神父が作った作業場の跡。
レンガを用いた堅牢な作りで、上の大野教会と同じく、
通称ド・ロ壁(かべ)と呼ばれる技術が使われています。
ド・ロ神父はここに馬で通っていたんですって。

バスチャン屋敷跡

バスチャン屋敷跡
伝説の日本人伝道師バスチャン(洗礼名)が隠れ住んでいたといわれる住居の跡。
うっそうとした森の中にひっそりとただずんでおり、禁教時代を偲ぶことができます。

◆詳しくはこちら↓
http://www.nagasaki-tabinet.com/junrei/1093/

遠藤周作記念館

遠藤周作文学館
キリスト教禁教下の外海を舞台にした小説「沈黙」で有名な
作家・遠藤周作の足跡をたどることのできる文学館。

このツアーの見どころであるキリスト教関連施設と併せて訪れることで、
外海地方の世界遺産候補の価値を改めて感じることができます。

◆詳しくはこちら↓
http://www.nagasaki-tabinet.com/junrei/453/

最後は「道の駅 夕陽が丘そとめ」で外海地方のお土産をショッピング!
ド・ロさまパスタやパン、とれたての野菜などが人気です☆
展望所からは角力灘が一望できる絶景!

◆詳しくはこちら↓
http://www.nagasaki-tabinet.com/guide/450/

キリシタンの里 外海(そとめ)地区にある
世界遺産候補の教会や「ド・ロ神父」ゆかりの地などを
観光バスでめぐる
【世界遺産候補ツアー「キリシタンの里そとめ」】、
ぜひ参加してみてはいかがでしょうか☆

お一人での参加も可能ですよ♪

 

【世界遺産候補ツアー「キリシタンの里そとめ」】
旅行代金:おとな8,000円(昼食・入場料含む)
見どころ:黒崎教会(車窓)~出津教会・旧出津救助院・ド・ロ神父記念館
~地産地消ランチ~大野教会堂~大平作業所~バスチャン屋敷跡
~遠藤周作文学館~道の駅 夕陽ヶ丘そとめ(休憩)
実 施 日:毎週土曜日
実施時間:9:40~17:30
募集人員:24名(最小催行人員1名)
発着場所:長崎駅前(大村ボート行きバス発着所前)

◆ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ↓
(有)長崎遊覧トラベル
電話:095-856-0200
http://www.n-yuranbus.com/tour/index6.php

【最新情報】
H28年4月1日~H29年3月31日までの実施延長が決まりました!
(更新日:H28年2月18日)

人気ブログランキングに参加しています!
クリックして応援してしてくださると嬉しいです(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">