↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

五島列島の北端「長崎県小値賀(おぢか)町」のまちなかを、
不定期シリーズでご紹介する3回目。

国の重要文化的景観にも選定されている笛吹郷は、
江戸時代、捕鯨基地として栄えたまち。
明治・大正期に建てられた伝統的な木造家屋や石垣・石塀が多く残っていて、
それらが織り成す独特の景観がとても魅力的です☆

IMG_5022 (2)

漁業集落特有の、迷路のように細く入り組んだ路地。
弁柄(べんがら)色の家屋と、
庇(ひさし)を支える豪華な「持ち送り」がとても味わい深い一角。
これぞ、私がずっと見たいと願っていた小値賀の風景です!

IMG_5024

歴史民俗資料館の近くには、こんな豪華な持ち送りもありました。
かつて鯨漁で栄えた小値賀を象徴するようです。
鯉の滝登りの意匠が華やか!

IMG_5025

こちらは竹の子掘りでしょうか。
ひとつひとつ見ごたえがあります。

IMG_5008

再び、ぶらり。

IMG_5014

路地の先に見えてきたのは、築100年を超える
「商家 尼忠東店(あまちゅうとうてん)」
小値賀を代表する商家「尼崎家」の本家跡です。

IMG_3794

現在はリノベーションされ、
地域の人も観光客もゆったりと過ごせる交流スペースとして活用されています。
観光パンフレットやトイレも完備。
和室の縁側に座ってのんびり囲碁を指すのもよし、お弁当を食べるも良し☆

場  所:長崎県北松浦郡小値賀町笛吹郷1668および1670-1
開館時間:8:30~18:00
閉 館 日:毎週月曜日
利 用 料:無料
※ 飲食物の持ち込み可/飲酒・喫煙は禁止
(問)小値賀町教育委員会 電話:0959-56-3838

IMG_3839

あれっ?行き止まり?
すると親切な島のおじいさんが声をかけてくれ・・・

次回「おぢか日和④」に続きます・・・。

IMG_5011

ここは日常の喧騒を離れて、ゆっくりとした時間を過ごすことができる島。
小値賀を旅するには、あれこれ計画を詰め込まずに、
ゆったりと気の向くままに過ごすのがおすすめです。

小値賀ってどうやって行くの?アクセス方法などはこちら↓
http://ojikajima.jp/access

 

人気ブログランキングに参加しています!
クリックして応援してしてくださると嬉しいです(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">