| 名水百選「島原湧水群&轟渓流」

| ブログテーマ: 島原市 諫早市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

こんにちは!ともっちです☆
豊かな水に恵まれた私たちの国・日本。

今日のブログ「GO!GO!ともっち」では、
長崎県内で環境省の「昭和の名水百選」に選ばれている
島原湧水群(島原市)」と「轟渓流(諫早市)」の魅力をご紹介します!

 

◆島原湧水群 (島原市)◆

水の都・島原。
城下町島原は古くから湧水に恵まれ、
50ケ所を超える湧水ポイントが点在しています。

IMG_1218 - コピー

「水が透明すぎて、泳いでいる鯉がまるで空を飛んでいるように見える!」
などとインターネット等で話題を呼び、外国人観光客も増加中の【湧水庭園 四明荘】は、
明治後期に豊かな湧水を利用して作られた日本邸宅(国登録有形文化財(建造物))。

1日約1,000トンの湧水量を誇る池にゆったりと泳ぐ鯉・・・。
四季それぞれに魅力的な四明荘は、何度でも訪れたくなる特別な場所です☆

IMG_5231

城下町に点在する湧水スポットで、おいしい水を飲みながら散策するのが
島原の楽しみ方。
なんと商店街のアーケードにも湧水スポットがあるんですよ!

クセがなくって、ヒンヤリ美味しいヾ(o´∀`o)ノ
スポットごとに風味・成分が違うので、飲み比べもおすすめです♪

IMG_1918

こちらは湧水仕立ての名物スイーツ「かんざらし」。
琥珀色の甘いシロップに浮かぶ白玉団子は、つるんと懐かしい甘さ❤
水の都・島原ならではの美味しさです。

IMG_2066

そして数ある湧水のなかでも、ひときわ人々の生活に溶け込んでいるのが
「浜の川湧水」

住宅街の曲がりくねった路地を奥へ進むと、
子どもたちが水遊びをしている場面に遭遇することも!

浜の川湧水の共同洗い場は、
上流から順に1番の食品用~4番の洗濯用まで用途が決められており、
現在でもそのルールが守られているんですよ☆

豊かな湧水に鯉が泳ぐ「名水百選」の城下町・島原を、
ぶらり旅してみてはいかがでしょうか☆

 
 

◆轟渓流 (諫早市)◆

多良岳の深い森の中に大小30もの滝が連なる
諫早市「轟渓流(とどろきけいりゅう)」は、
透明感溢れる水と自然が作り出す、ダイナミックで美しい景観が魅力です。

IMG_1346

「ザー」っと轟音を立てながら流れ落ちる「轟の滝」
幻想的なエメラルドグリーンの滝つぼ!
深呼吸してマイナスイオンをチャージしましょう(´∀`)!

山開き法要

しなやかに流れる「楊柳(ようりゅう)の滝」の前では、
毎年ゴールデン・ウィーク頃に山開きの法要が行われます。
力強い太鼓と般若心経の響きが流れ落ちる滝の音と合わさり、神聖な気持ちに・・・。
ときには虹がかかることもあるんですよ!

IMG_1284

名水百選に選ばれている轟渓流の水は、
透明度が高く、とっても清らかでくせのない美味しさです。
遠くから水を汲みに来る人も多いんですよ♪

IMG_1409

轟渓流の周囲に広がる森林も、林野庁の「水源の森百選」に選定されています。
小鳥や樹木たちの声を聞きながら「観音の滝」周辺をトレッキングするのもオススメ!

マイナスイオンたっぷりの轟渓流は、
「アウトドア派」にも「癒されたい派」にも人気のスポット。
気分爽快!リフレッシュできること間違いなしですよヾ(o´∀`o)ノ

 

【お知らせ】

3/13(日)まで、環境省の「名水百選 選抜総選挙」がWebページ上で開催されています!
長崎県からエントリーしているのは今回ご紹介した2つの名水。

「観光地としてすばらしい名水部門」⇒島原湧水群(島原市)
https://www.eeel.go.jp/water-project/meisui/election/sightseeing.php

「景観がすばらしい名水部門」   ⇒轟渓流(諫早市)
https://www.eeel.go.jp/water-project/meisui/election/view.php

それぞれに”清き”一票をお願いいたしますヾ(o´∀`o)ノ

 

人気ブログランキングに参加しています!
クリックして応援してしてくださると嬉しいです(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">