| 鳥居はなんと「鯨の骨」!海童神社

| ブログテーマ: 新上五島町

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

こんにちは!ともっちです。
平成28年熊本地震において被災された皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。

かつて捕鯨で栄えた長崎県新上五島町。
有川港ターミナル近くにある海童神社のニの鳥居は、
なんと鯨の骨なんですヽ(゚Д゚;)ノ!!

NPS1622

現在の鳥居は3代目で、
昭和48年に捕獲したナガスクジラのあご骨が使われているそうです。
小山に見えますが、ここはかつて有川港に浮かぶ小島だったんですって!

1無題

神社の起こりは江戸時代、3年続けて決まった日に海で溺れ死ぬ人があったため、
神社の信託により石祠を建てて龍神さまを祀り、
即席の「にわか芝居」などを奉納したことに由来するそうです。

今でも毎年7月の第4日曜日に「十七日祭り」が行われ、
寸劇や踊りが賑やかに行われます。

場所は有川港ターミナルから2~3分ほど。
ぜひ、鯨のあご骨を触りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか☆

 

【海童神社】
所在地:〒857-4211 長崎県南松浦郡新上五島町有川郷
問い合わせ番号:0959-42-0964 (新上五島町観光物産協会)
アクセス情報などは「ながさき旅ネット」で↓
http://www.nagasaki-tabinet.com/guide/715/

◆ 周辺の宿の予約はこちら↓
http://stay.nagasaki-tabinet.com/dom/s/?sd=&cp=2&rn=1&rg=r10&pf=42&ar=&rt=&pn=&px=&mc=&kw=%E4%B8%8A%E4%BA%94%E5%B3%B6&kd=

◆ 新上五島町の観光・グルメ情報(過去のともっちブログ)はこちらから↓
http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/category/cate24/

 

【周辺おすすめ情報】

nn

<鯨賓館ミュージアム>
有川港ターミナルに併設されている上五島の捕鯨の歴史を今に伝える鯨の資料館。
入口の門は海童神社の鳥居と同じく鯨の骨がモチーフ!
ミンク鯨の骨格標本や実物大模型の展示のほか、
江戸時代から近代に至る鯨業の歴史などを、パネルや映像で紹介しています。

◆詳しくは「ながさき旅ネット」で↓
http://www.nagasaki-tabinet.com/guide/732/

IMG_4876

<五島うどんの里>
上五島の代表的な特産品「五島手延うどん」の魅力を満喫できるスポット。
お食事処やお土産ショップも併設。
電気自動車の急速充電器や観光案内所もあるので旅の休憩にどうぞ☆

◆詳しくは「ながさき旅ネット」で↓
http://www.nagasaki-tabinet.com/guide/944/

 

募金箱 県庁ロビー【熊本地震災害義援金の募集について】

平成28年4月14日から発生した熊本県熊本地方を震源とする地震により、
熊本県を中心に大きな被害が発生しております。
長崎県でも同様に地震が発生しておりますが、
幸いなことに、現在のところ大きな被害は出ていないようです。

長崎県では、被災者の方々の支援の一つとして、
長崎県庁ロビー、各振興局、長崎県アンテナショップ「日本橋 長崎館」に募金箱を設置しております。
募金していただいたお金については、長崎県が日本赤十字社を通じて被災地へ寄付いたします。
長崎県も同じ九州の一員として被災地の支援を行ってまいりますので、よろしくお願いします。

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

鳥居はなんと「鯨の骨」!海童神社」への2件のフィードバック

  1. 俺サクラ

    俺の子供のころ夏休みによくセミ取りに行きました。ラジオ体操を済ませて、昔は近くに肥えダメがあって姉が落ちて大変でした(^_^;)

    返信
    1. ともっち 投稿作成者

      俺サクラ様 
      コメントありがとうございます。
      いろいろな意味で思い出の場所なのですね…ヽ(´▽`)/

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">