| 堂崎教会

| ブログテーマ: 五島市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

こんにちは!ともっちです☆
五島取材2日目の朝、
五島を代表する教会のひとつ、堂崎教会に行ってきました。
(前回のブログはこちら)

500IMG_0914

迫害を避けるため江戸中期から五島各地に移り住んだキリシタンたちは、
地区のお寺の檀家となって仏教徒を装い、
ひそかにキリスト教の信仰を守ったといわれています。

堂崎教会は、明治に入りキリスト教の禁教令が解かれて以降の五島における拠点として、
重要な役割を果たした協会です(現在の建物は1908年築)。

昭和52(1977)年から教会の内部はキリシタン資料館になっており、
布教時代から迫害を経て復活に至る信仰の歴史が貴重な資料ととにも展示されています。

30分くらいは時間をかけてじっくりと見学するのがおすすめです。

IMG_0917

すぐ隣には堂崎の浜・・・ここは海辺に建つ教会です。
潮風が心地良い(´∀`*)

IMG_0965

陸路が整備されていなかった頃、
信徒たちは各地区から小舟に乗り合ってミサに集まっていました。

皆、早く着きたい一心で競い合って舟を漕ぎ、
そして浜に着くと、ミサにあずかるための晴れ着に着替えることもあったそうです。

ミサ開始30分前。
シスターが吹く「ホラ貝の音」が鳴り響き、ミサの始まりを告げていたんですって。

IMG_0924

赤レンガ造りの美しく重厚な堂崎教会は、
五島のほかの同型教会のモデルになったそうです。
現在の建物は1908年にペルー神父が新築したもの。
施行は野原与吉棟梁と、
当時、彼のもとで修行中であった後の教会建築の名工・鉄川与助です。

1

左)五島キリシタン復活の礎となったマルマン神父(左)とペルー神父(右)
右)日本26聖人のひとり聖ヨハネ五島(五島出身)の像。
内陣にはその聖骨が安置されています。

教会を出たあとは、カフェでちょっとひと休み。
次回は堂崎教会近くにある「巡礼カフェOratio(おらしょ)」をご紹介します♪

【堂崎教会】
所在地:〒853-0053長崎県五島市奥浦町堂崎2019
電 話:0959-73-0705
アクセス:福江港、福江空港からいずれも車で15分
詳しくは「ながさき旅ネット」で↓
http://www.nagasaki-tabinet.com/junrei/332/

◆五島市の宿の予約はこちらから↓↓↓
「ながさき旅ネット」宿・ホテル比較&検索(五島市)

 

【熊本地震災害義援金の募集について】

長崎県では、熊本地震災害で被災された方々の支援の一つとして、
長崎県庁、各振興局などに募金箱を設置しております。
募金していただいたお金については、長崎県が日本赤十字社を通じて被災地へ寄付いたします。
長崎県も同じ九州の一員として被災地の支援を行ってまいりますので、よろしくお願いします。
募金箱の設置箇所および義援金受入口座(日本赤十字社が開設)は下記のリンク先をご参照ください。
https://www.pref.nagasaki.jp/press-contents/244999/

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">