↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

IMG_2284

こんにちは!ともっちです☆
平戸シリーズ最終回(8回目)。
やっぱりお土産を買って帰らなくっちゃ!
というわけで、夕暮れ時、
平戸中心部で約250年続く老舗菓子店「熊屋」さんの暖簾をくぐりました。

IMG_2564

熊屋さんの看板商品は平戸銘菓「牛蒡餅(ごぼうもち)」。

日持ちのする通常の牛蒡餅もありますが、
写真は昔ながらの製法で手づくりされた「本牛蒡餅」です。

人気商品のため、売り切れ必至!
めぐり合ったら絶対買うことをおすすめします。

ちなみに先日、長崎市内のデパートで開催された県産品まつりで
数量限定販売されていましたが、すごい行列でした!

防腐剤などを一切使用していないため日持ちはしませんが、そこがまた魅力。

牛蒡餅は、平戸藩の藩主 鎮信公を始祖とする武家茶道「鎮信流」のお茶菓子として
江戸時代から代々受け継がれてきたもの。
一般の人々も慶事・法事の際に牛蒡餅を「お配り菓子」に使うという風習があるのだそうです。
平戸だけに昔のままの姿で残る伝統菓子なんですって☆

IMG_2289

写真の商品は昔ながらの牛蒡餅(左から2番目)のほか、
桜や黒ゴマ味など5種類が入った「彩りあわせ」
見た目にも美しいですよね~☆

モチモチ・ぷるるん❤
この弾力と、素朴な甘さが堪りません ❤❤❤

熊屋さんの牛蒡餅は、昔ながらの手造り。
厳選した米を挽いて粉にし、充分に蒸して搗きあげ、砂糖を加えて作られているそうです。
トッピングされた芥子の実のプチプチ感がアクセント♪

ユニークな名前の由来は、昔は黒砂糖のみを使用していて、
お茶席で牛蒡そっくりの長いままの牛蒡餅を、亭主がお客さんの人数にあわせ、
カットして提供していたからなんですって。

IMG_2287

そしてもうひとつのオススメは、
8代目のとっておき「ブリュレ・カスポール」

400年前にポルトガル人が伝えた平戸銘菓「カスポール」が、
ふんわり美味しく進化を遂げたスイーツです!
おいしそうな焼き目がついた黄金色のブリュレ・カスポールは、
口に含むと、ふわっとなめらかな舌ざわり。
バター&はちみつのジュワっと濃厚な甘さが堪らん美味しさでしたよ~!
個包装なのでお土産にも配りやすいです。

店内はイートインも可能。
お好きな和菓子・ケーキ+250円でドリンクをつけることができるので、
町あるき途中の休憩タイムにもおすすめですよ☆

<熊屋>
所在地:〒859-5117長崎県平戸市魚ノ棚町324
電 話:0950-22-2046
公式HP:http://www.hirado-kumaya.jp/

 

お得情報【平戸へ乗り割りキャンペーン】(~平成29年2月28日(火)まで)
レンタカー・公共交通機関に乗って、平戸に泊まって 現金キャッシュバック!

◆長崎県の宿の予約はこちらから↓
ながさき旅ネット 宿・ホテル比較&検索(平戸市)

 

【熊本地震災害義援金の募集について】

長崎県では、熊本地震災害で被災された方々の支援の一つとして、
長崎県庁、各振興局などに募金箱を設置しております。
募金していただいたお金については、長崎県が日本赤十字社を通じて被災地へ寄付いたします。
長崎県も同じ九州の一員として被災地の支援を行ってまいりますので、よろしくお願いします。
募金箱の設置箇所および義援金受入口座(日本赤十字社が開設)は下記のリンク先をご参照ください。
https://www.pref.nagasaki.jp/press-contents/244999/

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">