| 伝統の撥ね木搾り「吉田屋」

| ブログテーマ: 南島原市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

いよいよ明日、2月23日(土)24日(日)
南島原市有家(ありえ)町にて
ありえ一店逸品蔵巡り」が開催されま〜す(^ー^* )
「ありえ一店逸品蔵めぐり」は、有家町内の蔵を持つ製造所、
5カ所を“壱之蔵”から“五之蔵”と名付け、
各蔵で作られている自慢の逸品の紹介・販売と
伝統ある蔵を見学することができますd(*⌒▽⌒*)b
昨日紹介した五之蔵「ふるせ」に続き、
今日は壱之蔵「吉田屋」にやってきました♪
20080222-IMG_8282.JPG
ここは大正6年創業の造り酒屋さん!
「ありえ一店逸品蔵めぐり」期間に蔵開きが行われ
なんと新酒の試飲ができます(=^〜^)o
日本でもわずかな酒蔵しか行ってない伝統の技術
「撥ね木搾り(はねぎしぼり)」が行われている「吉田屋」
(あっ!日本酒だから行われているのは日本だけか(;^_^A)
とっても効率の悪い、手間のかかる手法だそうですが、
手間のかかる子ほどかわいく育つといいますよね!
「吉田屋」の日本酒は高く評価されています☆
この「撥ね木」と呼ばれる大きな木を使用して
伝統的手法「撥ね木搾り」が行われます。
20080222-IMG_8224.JPG
撥ね木搾りの方法について説明をしてもらいましたが・・・
20080222-IMG_8219.JPG
仕組みがよくわからずおろおろ;・・)
20080222-IMG_8221.JPG
これがこうなってこうでこうで・・・そして日本酒が絞れる!
うーん・・・詳しくはコチラをご覧ください!!
2月23日(土)24日(日)「ありえ一店逸品蔵めぐり」期間
「吉田屋」では、
☆新酒の試飲
☆粕汁100杯無料配布
☆庭園開放、ひな飾り
などが行われます。
特にひな飾りは「押絵雛(おしえびな)」と言われる
一般の人形飾りではなく、紙に布をはりつけて作った
昔のお雛様(ここのはなんと大正6年製!)を
見ることができます!
蔵めぐりでは他にも、以前紹介した
変わりダネ「しょうゆソフトクリーム」w( ̄0 ̄;)wが売ってある
「喜代屋商店」など、5つの蔵や蔵周辺の商店で、
逸品の紹介と、蔵めぐりを楽しんでいただく
イベントをご用意しています(o^∇^o)ノ
有家町のまち歩きをしながら、蔵めぐりをして
各店自慢の逸品に触れてみてはいかがでしょうか☆
ありえ一店逸品蔵巡りホームページ
吉田屋
住所:南島原市有家町山川785 (地図
電話番号:0957-82-2032
【ありえ一店逸品蔵めぐりについてのお問い合わせ】
問い合わせ先:南島原市商工会有家支所
電話番号:0957-82-2431
■関連記事
八千代喫茶店(2008年4月18日掲載)

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

伝統の撥ね木搾り「吉田屋」」への4件のフィードバック

  1. fan

    新酒ですか!!良いですね。
    そろそろ新酒に季節ですね、毎年今頃が楽しみです、取材で飲める?!なんて羨ましいですネ。

    返信
  2. にゃん

    新酒の試飲ぜひ行きたいんですが、車なんで・・・・
    誰かお酒嫌いな人で運転できる人募集します♪

    返信
  3. tomocchi

    fanさん☆こんにちは!
    蔵開きのときに新酒が振る舞われるので、その前にいった私は飲めなかったんですよ〜。
    新酒を持ってお花見とかいいかもですね☆

    返信
  4. tomocchi

    にゃんさん☆こんにちは!
    にゃんさんはお酒大好きですか?
    それなら誰か飲めないドライバーさんを連れて行かなきゃですね(^^;)
    私はあまり飲めないので、飲める人が羨ましかったりします。
    お酒が飲めるなら日本酒利き酒などやってみたいものです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">