| 神々の島 壱岐 「爾自神社」

| ブログテーマ: パワースポット 壱岐市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

こんにちは!ともっちです☆
神々の島 壱岐シリーズ 8回目。
(⇒前回のブログ「男獄神社・女獄神社」はこちら)

方位磁石の針が正常に動かないパワースポットがまだあると聞き、
さらに鬱蒼とした山道へ車を走らせます。

離合できないほどの細い山道を曲がったところに現れたのは、
神功皇后伝説の巨石がご神体の「爾自(にじ)神社」
こぢんまりとしたお社ですが、壱岐に24社ある式内社のひとつです。

500IMG_3995

本殿の裏手にある「東風石」と呼ばれる巨石には
「神功皇后が三韓出兵の際にこの石に順風祈願を行うと、
石が真っ二つに割れて爽やかな東風が吹き出し、無事に渡海することができた」
という伝説が残っているんですって!!
(横幅3.4m/高さ2.7m/周囲11.5m)

ご祭神は「風の神」シナツヒコノカミなど9柱。
航海安全、大漁祈願、厄除け祈願、健康祈願、豊作祈願などに霊験あらたか。

1

というわけで、
さっそく東風石にスマホの方位磁石を近づけてみると・・・
なんと、割れ目のところで画面が真っ暗になり
「調整」の表示が・・・。
こんなの初めて~!!
石から話したら写真左のような正常な表示に戻りますが、
近づけると再び写真右のような真っ暗の表示に。
相当強い磁場があるのだと考えられます!!

500IMG_3992

東風石のパワーを貰うべく、ツーショット撮影。
石の上部に光があふれ出して神々しいでしょ?

ちなみに江戸時代、平戸藩は朝鮮通信使の接待を勝本浦で行いましたが、
風待ちで逗留が続くと藩の財政が逼迫するため、
必死でこの東風石に順風を祈願したというエピソードも残っています。
東風石前に寄進された石灯篭は、
お伊勢参りの道中の安全祈願と成就の献納だそうです。

(⇒前回のブログ「男獄神社・女獄神社」はこちら)
(⇒次回のブログ「塞神社」はこちら)

【爾自神社(にじじんじゃ)】
所在地: 〒811-5107 長崎県壱岐市郷ノ浦町有安触979
電 話:0920-47-3700 (壱岐市観光連盟)
交通アクセス: 郷ノ浦港から車で20分
基本情報は「ながさき旅ネット」で↓
https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/60684/

周辺の宿の予約はこちらから

神々の島 壱岐シリーズ (⇒前回のブログはこちら)

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">