↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

こんにちは!ともっちです☆
神々の島 壱岐シリーズ10回目。
パワースポット編は今日で一旦おしまいです。
(⇒前回のブログ「塞神社」はこちら)
(次回以降はグルメ・宿・体験メニューなどを紹介予定)

古事記の国生み神話によると、
壱岐は日本で5番目に生まれた島
別名は「天一柱(あめのひとつばしら)」。

(天比登都柱の字を充てることも)

古事記以前の世界観では、壱岐から柱伝いに天上世界へ行くことができると
考えられていたとも推測されているんですって!!

壱岐誕生神話によると、昔々、壱岐はあちこちへ動いてしまう【生き島】だったため、
流されないようにと八本の柱を立て、綱で繋ぎとめていたのだそうです。
壱岐には現在も、その八本すべての柱が残っているのだとか!!!

なんとも不思議な話ですよね。

で、どんな姿で残っているのかと言えば・・・
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
・・・猿・・・???

500IMG_5823

【猿岩】〒811-5103 長崎県壱岐市郷ノ浦町新田触870
交通アクセス:郷ノ浦港から車で約20分

壱岐島の西側、郷ノ浦町 黒崎半島の先端にそびえる
壱岐を代表する観光地のひとつ「猿岩」は、
国生み伝説の「八本柱」のひとつだったんですね~!!
(神様のデザインセンス、素敵(^^♪)

しかし、全国津々浦々、動物に似ている岩はありますが、
いや、これは猿すぎるでしょ!
まつ毛までリアルなお猿さんにそっくりです!
(高さ約45m/玄武岩)

500 1100a7d69c57045cc501bd365fb89121

このようにラブラブ写真を撮ると恋愛がうまくいくそうですよ~☆

さらに、もうひとつご紹介。

500IMG_5483

【左京鼻】〒811-5326長崎県壱岐市芦辺町諸吉本村触1512
交通アクセス:芦辺港から車で約15分

猿岩の反対側、壱岐島の東側にある芦辺町八幡半島の先端の海から
ニョキニョキと突き出てた柱の束みたいな奇岩、左京鼻。
これも国生み伝説の「八本柱」のひとつなんですって!

500IMG_5485-1

左京鼻の周りには気持ちの良い草原が広がっており、
人気の景勝地のひとつになっています(曇り空だったのが残念)。

500IMG_5489

海岸線は約1kmにもおよぶダイナミックな海蝕崖。
思わず足がすくんじゃう~!!

古事記の国生み神話に登場する伝説の「八本柱」は、
猿岩や左京鼻だけでなく、壱岐島にその全てが残っているというから驚きです。

島内のいたるところに神話に基づいた伝説が残る
パワースポットアイランド壱岐。
なんてミステリアスで奥深いんでしょうね~☆

10回に渡ってお届けしている【神々の島 壱岐シリーズ】ですが、
神社などのパワースポット編は今日で一旦おしまい。
次回以降はグルメ・宿・体験メニューなどを紹介予定ですので、お楽しみに♪
(次回ブログ⇒うに屋のあまごころ壱場

周辺の宿の予約はこちらから

神々の島 壱岐シリーズ (⇒前回のブログ「塞神社」はこちら)

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">