↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

a49dc34c69e5d36482f497b987b279db

こんにちは!ともっちです☆
南島原市に、日本ではここだけ、
世界でもたった3ヶ所だけしか見ることができない
「幻の島」があるのをご存知ですか?

世界遺産候補にもなっている島原の乱(島原・天草一揆)終焉の地「原城跡」。
その沖合い約300mの海にぽっかりと浮かんだ
1km程のひょうたん型の浅瀬が、
その「幻の島」、リソサムニューム礁です。

リソサムニュームとは極めて珍しい植物の一種で、
石灰分を含みサンゴのように礁を作るのですが、

実はなんと、
世界中でもインド洋、イギリス海岸と、ここ南島原市の
3ヶ所でしか見ることのできない
と~っても貴重なものなんですって!!

しかも原城沖のものは
旧暦3月から8月の最干潮時にしか姿を現さないという、
これぞ本物の「幻の島」・・・。

毎年見頃時期にあわせて上陸することができます(^^♪

600DSC_5099

・・・というわけで先日、その「幻の島」に上陸してきました!!

世界遺産候補「原城跡」近くにある浦田漁港から
遊漁船に乗り、いざ出港!!!

600DSC_5111

15分ほどで現場へ到着。
「このあたりの方言では【白州(しらす)】って呼ぶとよ~」と教えてくれたのは、
小さな頃からリソサムニューム礁で遊んでいたという漁師さん。

コンペイトウのような薄紅色の石灰藻が集まった白州。
上陸後は砂とも小石とも違う
ジャリジャリという独特の感覚を足裏に楽しみながら、
しばし散策を楽しみましょう♪

600DSC_5117

紫の花びらみたいなものが、生きているリソサムニューム。
白いのは天寿をまっとうしたものだそうです。
コンペイトウみたいで可愛いヘ(゚∀゚*)

1

潮が引いた白洲では、ほかにもイソギンチャクや海老、ワカメなど
たくさんの海の生き物たちに出会うことができます☆

右上の黄色い輪ゴムのような生物は「アメフラシ」という生物なんですって!
(だからこの日は雨だったのか!)

500DSC_5122

「天草四郎は海の上を歩くことができた」という伝説は、
実はこの白州(リソサムニューム礁)の上を歩いたのではないかという説もあるんですって!

(天草四郎気分で白州を歩く、同行スタッフN山氏)

600DSC_5133

リソサムニューム礁から
世界遺産候補にもなっている島原の乱(島原・天草一揆)終焉の地「原城跡」
までの距離はわずか300m。

三方を海に囲まれ、難攻不落の名城といわれた「原城跡」
海上の様々な角度からじっくりと見学できる貴重なポイントでもあります!!

日本ではここだけ、世界でもたった3ヶ所だけしか見ることができない
「幻の島」に、
ぜひ上陸してみてはいかがでしょうか?

(取材時は残念ながら雨でしたが、
お天気が良ければ太陽の下にキラキラと輝く、美しい白州を満喫できるはず!!)

〈2017年 今後の上陸ツアースケジュール〉
5月25日(木)・26日(金)・27日(土)・28日(日)
6月23日(金)・24日(土)・25日(日)・26日(月)
7月23日(日)・24日(月)

料金:2,500円(税込)/人 ※最小催行人員2名
所要時間:60~90分
※ゴム草履、雨靴など、濡れても良い履物がおすすめです。

【申し込み・お問い合わせ先】
原城温泉 真砂
住 所:〒859-2414 長崎県南島原市南有馬町丁133
電話番号:0957-85-3155
交通アクセス:長崎空港から車で約95分、島原市内から車で約45分

上陸ツアーのあとは、船の発着所近くの
原城温泉 真砂でリフレッシュするのがおすすめ。
美しい雲仙の山並みや、有明海に広がる天草島の山並みまで
一望できますよ~(p゚∀゚q)  ※大人500円・小中学生200円

5fd162b6d6b45d2db7b8a60cc3f5dfad

◆次回のブログでは島原の乱(島原・天草一揆) 終焉の地
「原城跡」をご紹介します!!
http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-7330/

 

【映画「坂道のアポロン」エキストラ募集中!】

人気漫画「坂道のアポロン」(原作:小玉ユキ)の実写映画化が決定!
舞台は長崎県佐世保市。
映画の撮影に伴い、エキストラを6月まで募集しております。
「アオハライド」 「くちびるに歌を」の三木孝浩監督の最新作ですよ♪
ふるってご応募ください!

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">