↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

1

こんにちは!ともっちです☆

10月21日(土)・11月11日(土)の2日間、
世界遺産「軍艦島」&坑内探検ができる九州最後の炭鉱「池島」、
この2島を1日で満喫できる待望のツアーが催行決定!

今までなかったこの組み合わせだけでもワクワクするのに、
ナビゲーターは林修先生の人気テレビ番組の監修も行った
「軍艦島伝道師」黒沢永紀 氏!!

・産業廃墟映像製作ユニット「オープロジェクト」メンバーとして多数の映像作品を製作
・著述家(「軍艦島全景」「池島全景」「東京ディープツアー」「昭和モダン建築案内」など)
・作曲家

と、多方面で活躍なさっているダンディなお方です(東京在住)☆

50022050933_1043466492457449_1458519258774243543_o-1

先日関係者向けに行われたモニターツアーを取材したので、
その魅力を詳しくご紹介します!

2

◆9:00 長崎港近くにある軍艦島デジタルミュージアムに集合

館内を見学してまずは事前学習。
全長約30mの大型壁面マッピング「軍艦島シンフォニー」をはじめ、
最新技術のVR (バーチャルリアリティー)で
立ち入り禁止エリアの軍艦島内部をリアルに疑似体験できるコーナー、
昭和感あふれる懐かしい住居を再現したコーナーなど
軍艦島を身近に感じることができる人気スポットです。

3

◆10:15 長崎港(常盤ターミナル)を出港

船内では黒沢さんが独自のユニークな視点で、
軍艦島と池島について熱く語ります!

オリジナルの説明資料は
今まで見たこともないユニークな視点で作られていて目からウロコ!

視点が変われば産業の歴史はこんなに面白いんだ~!!
軍艦島や池島への愛を感じるなぁ~。
もっと話しを聞きたい!!

と興奮しているうちに…

おぉ!軍艦島が見えてきました!

50022046023_1043466085790823_4930893621981683281_n

◆10:45 軍艦島周遊

世界遺産「軍艦島」をあらゆる角度で軍艦島をじっくりと見学・撮影ができるよう、
遠景・近景など時間をかけてゆっくりと周遊します。
フォトジェニックな撮影ポイントを教えてくれるのも嬉しい♪

軍艦島の大きさは新宿駅とほぼ同じサイズ(0.06㎢)。
そんな小さな島に5,000人以上もの住民がひしめくように暮らしていたというから驚きです!
最盛期(昭和34年)の人口密度は東京都の6倍!
世界一の人口密度だったんですって(この記録は現在も破られていないそうです)!!
しかも24時間稼働の不夜城だったというから
想像を絶するパワフルアイランドだったんでしょうね~。

4

◆11:45 池島港に到着

通常、池島行きの定期航路は
長崎市内中心部から車で一時間ほどかかる港から出港なので、
長崎港からひとっ飛びで行けるなんて画期的です!

島内散策の前に、まずは腹ごしらえ。
島で唯一の食堂「かあちゃんの店」で、
手作り感たっぷりの温かいちゃんぽんをいただきます(メニューは変わる可能性あり)♪

5

◆11:50~15:45 池島散策&坑内探検ツアー

完全な廃墟となっている軍艦島とは違い、
今世紀の始めまで稼働していた九州最後の炭鉱「池島」には
現在も150人ほどの人々が暮らしており、
国内で唯一、海底坑道、石炭の生産システム、炭鉱アパートなど、
炭鉱社会の全てが残っています。

で、何が凄いって、それらの一部を実際に体験・見学できるってこと!!

NHKの人気番組「ぶらタモリ」でタモリさんも体験した
トロッコ列車に乗っての坑内探検はテンションあがりますよ~☆
採掘用の重機を実際に動かす迫力満点の体験もできちゃいます!!

6

ツタの絡まる炭鉱アパート跡。
廃屋には、カセットテープとレトロなパチンコ台が無造作に放置されていました。

60022104680_1043466302457468_5141083722953503869_o

旧ソ連のスターリン様式にも似た独特のデザインの炭鉱アパート群は8階建て!!
もちろんエレベータはなしですが、4階部分が渡り廊下で繋がっています。

60022104389_1043466402457458_8896640616716168030_o

第二立坑と蟇島

◆15:50 興奮冷めやらぬ中、池島港を出港
名物の池島饅頭を頬張りながらツアーの感想を語りあっているうちに
◆16:40長崎港に到着・解散

帝国時代からの日本の産業の縮図【軍艦島】と、
ハイテクノロジーを駆使し、
つい今世紀の始めまで稼働していた九州最後の炭鉱【池島】。

この対照的な2つの炭鉱の島を1日で巡りながら【徹底比較】。
経済、労働問題、そして生活史など
あらゆる角度から日本の歴史を再考し「味わう」ことのできる
プレミアムなツアーです。

黒沢氏独自のユニークな切り口で展開するガイドは、目からウロコの面白さ!!

産業の歴史は、視点を変えるとこんなに面白い!!

チラシのダウンロードはこちら

チラシのダウンロードはこちら

 

【黒沢永紀がナビゲートする 軍艦島&池島散策ワンディツアー】
◆催行日:2017年10月21日(土)・11月11日(土)9:00~16:40
◆集合場所:軍艦島デジタルミュージアム(長崎市常盤町)
◆料金:大人(中高生以上)9,500円/小学生7,500円
(ミュージアム入館料、船代、坑内探検ツアー代、昼食、おやつ付き)
◆ご予約・お問い合わせ先:軍艦島コンシェルジュ
http://www.gunkanjima-concierge.com/

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">