| バチカン美術館の名宝!

| ブログテーマ: 美術館・博物館

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

長崎歴史文化博物館で開催されている特別企画展「バチカンの名宝とキリシタン文化」
昨日からレポートをお届けしています♪

今回の企画展では長崎のキリスト教史を語る上で欠かせない歴史的史料が満載!
長崎どころか、なんと日本初公開の作品もあります。
※特別に許可をいただいて撮影しております。

歓迎!織田信長様!ようこそ長崎へ\(*^▽^*)/
20081209-IMG_9945.JPG
国指定重要文化財「織田信長像」は長崎初公開!写真は複製ですが、元旦からはオリジナルが
公開されます。オリジナルの「織田信長像」は1月1日から12日までの2週間弱だけの公開です!
この機会に信長公に会いに行きましょう(^-^*)/

歴史の授業で習ったという方も多いのではないでしょうか。
江戸時代、キリスト教信者を発見するために使われた「踏み絵」も展示されています。
20081209-IMG_9958.JPG

こちらも国指定重要文化財!
また、日本では聖母信仰が広まったこともあり、聖母像やマリア観音など、
聖母信仰に関連する展示も数多くあります。
20081209-IMG_9965.JPG

そしてこちらが日本初公開ヽ(〃^▽^〃)ノ
バチカン美術館から「列福式」特別出品 フラ・アンジェリコ作「聖母子像」
20081209-IMG_9985.JPG
まるで金色の糸を紡いで作ったかのようなとても繊細な印象を受けました。
20081209-IMG_9996.JPG
この絵はバチカン美術館の数ある名宝の中でも、最も価値のあるものの一つと言われています。
バチカンからこの絵を運ぶときにはSPが付き添い、運搬車の前後をパトカーでガードし、
さらに運ぶためだけに信号をノンストップにするなど驚くほど厳重なセキュリティ対策が
敷かれたそうです。

そしてよ〜く見るとわかるのですが、この絵はキャンパスではなく木の板に描かれた板絵で、
ルネサンス初期およそ570年も前の作品なので経年劣化しています。
日本はヨーロッパに比べ湿度が高いため、湿気によってゆがみがでる危険性も
考えられるのですが・・・
それでも長崎で開催される「列福式」の関連企画展ならどうぞ!ということで
バチカン美術館が特別に貸し出してくれたそうです。
日本に来ること自体が奇跡的なことであり、おそらくもう日本に来ることはないだろうと
言われています。※残念ながら長崎以外で巡回展は行われません(>_<)

長崎で見逃したらバチカンまではるばる見にいくしかないですよ!

紹介した以外にも全部で250点もの貴重な史料・作品が展示されていますので
この機会にぜひ長崎歴史文化博物館へ足をお運びください♪

特別企画展「バチカンの名宝とキリシタン文化」

開催期間:2008年11月1日〜2009年1月12日
料金:大人/1,000円、小・中・高生/600円

長崎歴史文化博物館
住な所:長崎市立山1丁目1番1号
電話番号:095-818-8366
開館時間:8:30〜19:00
休館日:第3火曜日

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

バチカン美術館の名宝!」への2件のフィードバック

  1. ゆい

    こんにちは♪こちらは雨が降っています
    とっても貴重な物を拝見出来て嬉しいです
    長崎の地で実物を見るのも何か厳かな気持ちになるのでしょうか…
    「初」という言葉に弱い私^^;
    バチカンは行った事ありますが美術館までは行けませんでした
    信長像のオリジナルも見てみたいし…
    お正月も開いてるんですね〜

    返信
  2. tomocchi

    ゆいさん、こんにちは〜(*゚▽゚)ノ
    私も同じく“初”とか“限定”とかいう言葉に
    とっても弱いのです(笑)
    ゆいさんはバチカンに行かれたんですね!
    バチカン美術館は入場待ちの行列が名物なほど人が並ぶみたいですね〜。
    今回の展示を見て、バチカン美術館でどんな風に展示されているのか、見てみたい気もしました。
    ちなみに長崎歴史文化博物館は年末年始
    大晦日、正月三が日も開館しています☆
    すぐ近くに長崎くんちの舞台である諏訪神社があるので
    初詣帰りに立ち寄ることができます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">