↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

チラシ

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

こんにちは!ともっちです☆
長崎空港がある長崎県の中心部、大村市で催行されている
キリシタン巡礼観光周遊バスツアーを取材してきました。

500IMG_9257

設定日は2月末までの日曜・祝日、
13:00に大村公園観光案内所を出発し、
15:40に帰着する約2時間40分のコース。
事前予約しておけば、長崎空港から乗り降りすることも可能です。

大村藩主 大村純忠といえば、日本初のキリシタン大名。
長崎港を開港し、繁栄の基礎を築いた人物として有名です。
純忠の時代、大村藩(現在の西海・外海・東彼杵などを含む)は、
領民の全員がカトリック信徒であり、
キリシタン信仰の中心的な役割を果たしていました。

2018年夏の世界文化遺産登録を目指す「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」

かつてキリシタン信仰の重要拠点であったにも関わらず、
現在の大村市内に世界遺産の構成資産候補はありません。
なぜなら、キリスト教が繁栄を極めた土地だからこそ
禁教の時代になると非常に激しい弾圧が行われ、
関連の文物は徹底的に破壊されたからです。

長崎県内の他の地域のように潜伏して信仰を続けることすら不可能であったため、
明治以降にキリスト教の信仰が自由になった後にも、
組織的な信仰が復活したり教会が建設されたりすることはほとんどなく、
目に見えるものは「何も残っていない」のです。

しかし大村市内各地には、かつてキリシタンたちが命がけで信仰に生き、
為政者の弾圧によって殉教した跡地などが大切に保存管理されています。

つまり、世界遺産候補「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を理解するうえで、
大村におけるキリシタンの歴史を理解することはとても重要なのです。

目に見えるものが「何も残っていない」。
だからこそ、地元ガイドの案内でめぐるツアーがおすすめです。

500IMG_9249

まずは大村市内を一望できる琴平スカイパークへ。

500IMG_9265

大村純忠終焉の居館跡(坂口館跡)

公園内には日本初のキリシタン大名 大村純忠の功績が、
パネル等でわかりやすく展示されています。
隠居した純忠は晩年、この地で信仰に明け暮れた日々を過ごしたのだそうです。

大村家家臣の居宅であったこちらの館で臨終を迎えた大村純忠ですが、
当時カトリック教会であった現在の宝生寺で葬儀が行われたという記録を最後に、
その遺骨は行方不明。
どこに埋葬されたのかという記録は全く残っていないのだそうです。

この終焉の地も「茅葺屋根だった」ということ以外、
建物の図面などの記録は残されておらず、イメージで再現されたもの。

後で訪れる大村藩の墓所「本経寺」にも、
あの有名なキリシタン大名 大村純忠のお墓はありません。

なぜでしょう?
1587年に大村純忠が死去したあとの大村藩はキリスト教を徹底的に弾圧していくからです。
同年、豊臣秀吉により「バテレン追放令」が発布。
日本はキリスト教禁教の時代に入ります。

500IMG_9278

同居館跡の裏手に残る「館の川」と呼ばれる泉。

ここ水は大村純忠が生きた時代から干ばつなどの際も枯れることがないのだとか。
石垣なども当時のまま。
このあたりに大村家家臣の屋敷があったのではないかと考えられているのだそうです。

500IMG_9302

このあとは、1657年に大村藩郡村地方を中心に603人もの潜伏キリシタンが捕らえられた
「郡崩れ(こおりくずれ)」ゆかりの殉教地を車窓から見学します。

写真の「放虎原殉教地」は、打ち首となった406人のうち131人が処刑された場所。
その様子を描いた銅版のレリーフが建っています。

1

「獄門所跡(右)」、「首塚跡(左)」なども車窓から巡礼。

500IMG_9315

最後は大村家の歴代藩主の墓所がある「本経寺」を約30分間見学。

しかし前述のとおり、こちらには、
あの有名なキリシタン大名 大村純忠のお墓はありません。

この寺は、もとは仏教寺院でしたが、
キリスト教の繁栄期には寺院が破壊され教会が建てられました。
そして後にキリスト教が禁じられると教会が破壊され再び仏教寺院が建てられた場所。

大村藩はキリスト教から仏教に改宗したことを世間に知らしめるため、
歴代藩主の墓をひときわ巨大で豪華なものにしていきます。

500IMG_9333

大村家の墓はひとつひとつが巨大かつ豪華で、多くの様式があるのが特徴。

藩主の墓石は写真右手に見える「石霊屋(いしたまや)」の中に大切に収められています。
また左手に見える円筒形の塔身の上に笠と相輪のある「宝塔」は、奥方など女性のお墓。
手前に見える石灯篭たちは家臣を現しているのだそうです。

このあとバスは出発地である大村公園観光案内所前に向かいます。
希望の方は長崎空港で降車することも可能です。

日本初のキリシタン大名 大村純忠ゆかりの地、
そして多くのキリシタンたちが殉教した地を巡礼する
約2時間40分のバスツアー。
世界文化遺産候補「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」への
理解を深めてみてはいかがでしょうか。

 

【キリシタン巡礼観光コース】

○設定日
2018年1月14日(日)、21日(日)、28日(日)
2月4日(日)、11日(日)、12日(祝)、18日(日)、25日(日)

○行程(約2時間40分)
大村公園観光案内所前13:00発=(長崎空港13:15)=
琴平スカイパーク(13:30~13:50)=大村純忠終焉の居館跡(14:00~14:15)=
放虎原殉教地(車窓)=獄門所跡(車窓)=首塚跡(車窓)=
本経寺(15:00~15:30)=大村公園観光案内所前(15:40)=(長崎空港15:55)

○料金: 大人/1,000円、高校・大学生/700円、小・中学生/500円

○お問合せ・お申込み
(一社)大村市観光コンベンション協会
電話:0957-52-3605
http://www.e-oomura.jp/

※3月の毎週日曜は【野岳観光コース】を実施(料金同額)。
大村公園観光案内所13時発 ⇒ 15時35分着(約2時間35分)

◆長崎県の宿の予約はこちらから


このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">