| 雲仙湯せんぺい

| ブログテーマ: 雲仙市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。
+゚☆゚+。★。+「スイーツデー」の金曜日。+゚☆゚+。★。

今年最後のスイーツデーに紹介するものは
昔から知っていたけど、今更ながら見直したよ!
というスイーツ
雲仙名物「湯せんぺい」
20081226-DSC_0175.JPG
きっかけは「じゃがりんアイス」を食べたときです。
アイスと湯せんぺいのコラボレーションが新鮮で
それ以来、自宅でもアイスと一緒に湯せんぺいを添えて
食べることにハマってます♪(* ̄ー ̄)v
自分でも焼いてみたらどお?と言われ
湯せんぺい手焼き体験にチャレンジ☆
雲仙に一軒だけの手焼き湯せんぺいの店
「遠江屋(とおとみや)」
20081226-IMG_0054.JPG
焼き方をさらっと教えてもらいますが・・・
さらっとじゃわからないぞ(-_-;)
20081226-DSC_0161.JPG
師匠!私、一人でできるでしょうか・・・
「ちゃんと指示しますから大丈夫ですよ(^^)」
不安な気持ちでとりあえずスタート!
まずは湯せんぺいのタネを型に入れます。
20081226-DSC_0166.JPG
タネを入れたらすぐに型のふたをしめます。
するとじゅわじゅわじゅわーっとタネがはみ出してきました。
20081226-IMG_0066.JPG
ひえ〜!多く入れすぎちゃったかなぁ・・・(><)
いやいや、これで大丈夫なんだそうです。
焼き方には順序があり、今タネを入れた鉄板は
一番左に置いて、一番右のは焼き上がりのもの。
10枚の鉄板を左から右に順番に移動させながら
焼いていきます。
20081226-DSC_0165.JPG
重いなぁ。なんとこの型、一つ3?あるそうです!
できた!ともっち作 手焼き湯せんぺい
思ったよりもきれいにできた☆(自画自賛)
20081226-DSC_0159.JPG
通常は切り落とされるミミの部分のファンも多く、
ここだけを予約して買いに来られる方もいるそうですよ!
私もミミ部分はせっかくなので切り落とさず
焼きたての湯せんぺいを大好きなアイスと一緒に
いただきま〜す♪
20081226-IMG_0074.JPG
湯せんぺいとアイスのコラボレーションも
ぜひお試しあれ♪
【湯せんぺい本舗 遠江屋】
住所:雲仙市小浜町雲仙317
電話:0957-73-2155
営業時間:8:30〜22:00
定休日:不定休
手焼き湯せんぺい/50円(1枚)
※手焼き体験は春(3・4・5月)秋(9・10・11月)
前日までの要予約(体験料金:1000円/1人)

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

雲仙湯せんぺい」への5件のフィードバック

  1. しろ

    湯せんべいとアイス、なかなか通な組み合わせだな
    ともっちも腕上げたな(w

    返信
  2. tomocchi

    しろさんへ☆
    お!腕上がったでしょうか(^^)
    ナイスな組み合わせですよ〜♪
    コメントは一つ削除しましたよ。
    こういうときって焦りますよね(^^;)

    返信
  3. Fan

    雲仙の湯センベイですか!!懐かしい。。。小学校の時に雲仙に修学旅行に行った時お土産に買った懐かしい記憶が有りますヨ。ともっちさんは今年はこれで終わり?ですか?
    お疲れ様でした、毎回充実した内容でとても楽しく拝見しました、来年も素敵な取材を御願いします。良いお年をお迎え下さい。

    返信
  4. tomocchi

    Fanさんへ☆
    こちらこそ!
    いつも暖かいコメント、懐かしい思い出話などを
    教えて下さって、ありがとうございました♪
    お正月は帰省されるのでしょうか?
    どうぞよいお年を。
    えー、この記事で終わりと思いきや・・・
    2008年ダイジェスト版をお送りします☆

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">