↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

500★WEBのみ『坂道のアポロン』WEBメイン

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

こんにちは!ともっちです☆
3月10日から大ヒット上映中の映画「坂道のアポロン」。
舞台となった佐世保で、ロケ地マップを片手にロケ地巡りをしてきました!!
(2回シリーズでご紹介します)
(後編はこちら)

↓ ↓ ↓ ↓
ロケ地マップはこちら(映画「坂道のアポロン」佐世保・長崎 特集ページ)

1-500501

JR佐世保駅に到着。
お昼ごはんを食べた後、国道を市役所方向に進みます。
(この日食べたお昼ご飯がとても美味しかったので、後日ブログで紹介します!)

500

三浦町教会

私、この教会を見ると「佐世保に来た~!」っていう実感が湧くんですよね、いつも。
佐世保駅前のシンボル三浦町教会は、
オープニングシーンに出てくる1966年の佐世保の風景として登場。
淡いクリーム色の教会ですが、
第二次世界大戦中はアメリカ軍からの空襲を避けるため、
外壁が黒く塗られていたのだそうです。

500IMG_8132

佐世保市民の台所 戸尾市場・トンネル横丁を楽しみつつ、
裏手の路地へ進みます。(ロケ地ではありません)

まずはじめの目的地、私がこの映画で一番印象に残った
「峰坂(みねのさか)」へ向かいます。

33

戸尾市場の裏手の路地を道なりに進むと、
交差点のひときわ目立つピンクの建物の前に
「平戸往還」の看板が見えてきます。
このあたりは江戸時代に整備された
「平戸往還(平戸街道)」の香りを色濃く残しているエリア。

看板の矢印に従い「峰の坂」の方向へ進みましょう。
右写真のお地蔵さんの右脇から伸びる坂道を登ります。

ここから数百メートル続くのが、
この映画で私が最も印象に残ったロケ地「峰坂」です。

3-500

峰坂(みねのさか)

みなとまち佐世保らしさ満点の、かなり急で細く長い坂道。
両脇には住宅がびっしりと立ち並んでいます。

劇中で通学路の坂道として、登下校シーンで使用された
「あの坂」です。

ちなみに同じく佐世保が舞台となった映画
「69 sixty nine」(妻夫木 聡さん主演/2004年)のロケ地にもなりましたよね~。

映画のシーンを思い浮かべ、(息を切らしながら)一歩ずつ昇ります。

ふぅ・・・。
まだ三月だというのにすっかり汗をかいてしまいましたが、
どこからともなく吹いてくる海風が心地いい(*´∀`*)!!

3 -500(4)

ブーンと下腹に響く音を立て、配達のバイクが私を追い越していきました。

真ん中の階段を挟むように作られた坂道なので、
バイクだけでなく、なんと車も通れます。
(車はタイヤの両輪で階段を挟むように通るようです。スゴカ…)

まだあまり観光地化されておらず、
みなとまち佐世保らしさを感じる「峰坂」は、
いつまでも残しておきたい風景ですね。

4-500 (2)

坂道を歩いてすっかり汗をかいたので、
四ヶ町アーケードに入り、ちょっとひと息。

アーケードの天井は「坂道のアポロン」の垂れ幕やフラッグがずらりと飾られていました!
ロケ地・佐世保のまちは盛り上がっていますね!!

5

アーケードからちょっと出たあたりにある「外国人バー」
劇中では「ジャズバーがある通り」として登場しました。

昼間に訪れたときは左写真のような静かな雰囲気でしたが、
夜には右写真(ロケ時)のようにアメリカ海軍のネイビーたちで賑わうんですって♪
まさしく「ジャスのまち佐世保」らしい雰囲気満点ですね!!

6-500

おまけ。
こちらは佐世保っ子お気に入りの乳酸菌飲料「クールソフト」。
爽快な甘さでロケ中は撮影スタッフたちにも人気だったそうですよ!!
佐世保市内のスーパーなどで販売されているので、ぜひ飲んでみては?

次回はロケ地めぐりレポート(後編)をお届けしますので、お楽しみに!!
(ロケ地に行ったらもう1度映画を見たくなってきました…。)

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

500logo_poster1

2018年3月10日(土)より 大ヒット上映中

(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会  (C)2008 小玉ユキ/小学館
配給:東宝=アスミック・エース

【ストーリー】
医師として病院に勤める西見 薫。
忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。
笑顔で写る三人の高校生。
10年前の夏、二度と戻らない、“特別なあの頃”の写真……
あの夏、転校先の高校で、薫は誰もが恐れる不良、川渕 千太郎と、運命的な出会いを果たす。
二人は音楽で繋がれ、荒っぽい千太郎に、不思議と薫は惹かれていく。
ピアノとドラムでセッションし、千太郎の幼なじみの迎 律子と三人で過ごす日々。
やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。
切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。
しかしそんな幸せな青春は長くは続かず――

知念侑李  中川大志  小松菜奈
真野 恵里菜 / 山下 容莉枝 松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 野間口徹
中村梅雀  ディーン・フジオカ

監督:三木孝浩
脚本:髙橋泉
原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊flowers」FCα刊)
製作幹事:アスミック・エース、東宝
配給:東宝=アスミック・エース
制作プロダクション:アスミック・エース、C&Iエンタテインメント
■公式サイト: http://www.apollon-movie.com/
■公式twitter : @apollonmovie
■公式FB : https://www.facebook.com/apollonmovie

◆ロケ地情報もたっぷり!
映画「坂道のアポロン」佐世保・長崎 特集ページ
◆長崎県の宿の予約はこちらから

【テレビ放送のお知らせ】
あの市川海老蔵さんが、長崎ロケ!!
BSフジ「海老蔵おんせん」3月18日(日)14時30分~15時55分放送です!!
http://www.bsfuji.tv/ebizou/pub/index.html


このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">