| 【壱岐】ひきとおし鍋

| ブログテーマ: 壱岐市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

壱岐・対馬を訪れた際、あまりにたくさんの観光地を
まわったため紹介が遅れています。
本当にごめんなさい(≧≦)
すこし間が空いてしまいましたが、
壱岐のおいしい食情報のご紹介
グルメコーナー「デリシャス壱岐」
(思いつきでコーナーを作ってしまいました・笑)
今回ご紹介するのは「ひきとおし鍋」
20090313-IMG_1662.JPG
ウニや壱岐牛のイメージが強いので、
「へぇ〜鍋料理もあるんだ」と意外な感じですよね(^-^)
「ひきとおし」とは
「お客様を座敷に引き通す(お連れする)」という意味があり、
壱岐の家庭のおもてなし料理です。
メインは地鶏で、鶏ガラスープに醤油や砂糖で
甘めの味付けがされており
ゴボウ、白菜、椎茸、エノキなどの野菜類が入っています。
長崎の人は甘めの味付けを好むので、
県外の方はちょっと甘いかな?と思うかもしれませんね。
私にはこの甘さが落ち着く味なんですが・・・
そして大きくて弾力がある壱岐の豆腐「壱州豆腐」も
入っていますよ!
この通り!箸でつかんでも崩れないv(‘▽^*)
20090313-IMG_1673.JPG
お鍋っていいですよね〜(´▽`) あったまるし、
鍋を囲んで食事をすると和やかな気分にもなるし♪
でも鍋って最後の“シメ”が楽しみだったりしませんか!?
私が鍋をするときのシメは「ちゃんぽん麺」が主で
鍋によっては「五島うどん」を入れたりしますが
この「ひきとおし鍋」は「そうめん」がシメ☆
20090313-IMG_1679.JPG
シメがそうめんの鍋は初めていただきましたが
お出汁が麺とよく絡まり、よく合います!
つるつるっと食べられるのもいいですね〜♪
ちなみになぜそうめんがシメなのかを聞きましたが、
「昔からそうめんって決まってるから・・・」だそうです(^^;)
今回の「ひきとおし鍋」は壱岐市石田町の
「割烹聚楽 (かっぽうじゅらく)」でいただきました♪
20090313-IMG_1680.JPG
ごちそうさまでした☆
【割烹聚楽】
住所:壱岐市石田町印通寺浦207
電話番号:0920-44-8088
ひきとおし鍋/1,500円(1人前)
※お店に行かれる際に事前予約をお願いします。

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

【壱岐】ひきとおし鍋」への6件のフィードバック

  1. じもてぃーの

    こんにちは。
    めんそーれ、おいでやす!
    は壱岐ではないですが、
    寒い時はひきとおしに限りますね。
    お帰りはいつでしょうか?
    冬の壱岐、堪能して下さい(^ω^;)

    返信
  2. Fan

    ひきとおし鍋美味しそうですね!!確かに長崎の鍋料理って余り聞かないですネ。最後のソーメンは多分「温麺」から来ているのかも?長崎の実家でも普通に暖かいウドンの代わりにソーメンを入れて食べてましたヨ、暖かい御汁で作った温麺(ソーメン)も結構美味しいですヨ。

    返信
  3. 雲仙荘 料理長 金澤

    確かに、最後の締めの鍋のスープは、野菜などの出汁が良く出てとても美味しいものになりますね(^^)
     煮麺(にゅうめん)にして食べるとまた美味いでしょうね(>。<;)
     後は、半熟玉子で閉じて食べると一層美味しくなりそうな一品ですね(^^)
      一度お試しあれ!

    返信
  4. tomocchi

    じもてぃーのさんへ☆
    こんにちは♪
    コメントありがとうございます。
    寒い時はひきとおし!!
    少し甘めのスープがおいしいですね〜(^^)
    夏もいいけど、冬の壱岐もいいものですね。

    返信
  5. tomocchi

    Fanさんへ☆
    Fanさんのお宅でも鍋のシメに素麺を
    入れていましたか(^▽^)
    私は夏に素麺をこれでもかっというくらい
    たくさん食べますが、今回温麺(ソーメン)もおいしいなぁ〜♪と発見でした☆

    返信
  6. tomocchi

    雲仙荘料理長金澤さんへ☆
    さすが!
    料理長さんらしく、素敵なアドバイスを
    ありがとうございます。
    甘めの味付けのスープなので
    卵を入れると合いそう!!
    あ〜、また食べたくなってきました(^O^)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">