↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

0-500DSCPDC_0002_BURST20180601142351627

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

こんにちは!ともっちです☆
先日、「軍艦島上陸・周遊ツアー」に参加しました!!
梅雨入りしたにも関わらず、この日は絶好のクルーズ日和☆

世界文化遺産「軍艦島(正式名称:端島)」に行くには、
長崎市内に5つある上陸ツアー会社のいずれかに予約する必要があります。
(各ツアー会社の一覧はこちら)
今回私はそのひとつ、「軍艦島コンシェルジュ」のツアーに参加しました。

(※正式名称は端島ですが、
当ブログでは一般的に親しまれている「軍艦島」の名称で表記します。)

500DSC_2182

軍艦島コンシェルジュの上陸ツアーは、1日2便
(午前10:30発 / 午後13;40発)
荒天時を除き、年中無休で毎日催行されています。

発着所は長崎港 常盤(ときわ)ターミナル。
こちらは軍艦島コンシェルジュの専用ターミナルになっています。
(JR長崎駅からは路面電車を利用して約15分)
(アクセス情報はこちら)

ちなみに隣にはファミリーレストランの「ガスト」があるので、
この日は昼食をガストで食べてから軍艦島ツアーに向かいました。

近隣には、ちゃんぽんの元祖といわれる有名中華料理店「四海楼」もあります。

500IMG_5785

12:50 受付開始

13:20頃に受付を済ませ、売店でお土産などを見ながら出港を待ちました。
お洒落なオリジナルグッズやスイーツが勢揃い!
軍艦島のお土産はここでゲットしましょう。

500IMG_5788

13:40 出港

乗船したのは、とってもスタイリッシュなクルーズ船「ジュピター」。
揺れにくい最新の設計になっています。
しかしそれでも船酔いする場合もあるので、トイレが船内に5ヶ所もあるのは嬉しい配慮。

2009年から始まった軍艦島上陸ツアーは、連日国内外から多くの方が乗船しており、
この日はなんと10ヶ国ものお客さんがツアーに参加していました。

500IMG_5798

デッキで潮風に吹かれながらのクルーズは最高です!!

500IMG_5790

船内では、ガイドさんがオリジナルの資料をモニターに映しながら軍艦島の説明をするのですが、
とても分かりやすく、
またガイドさんそれぞれの得意分野が反映されていて興味深い!!

今回ガイドをしていただいた浜口さんは、世界中を旅した経験があり、
インドで象使いの免許を取得したというバイタリティの持ち主。
長崎の歴史を専門に勉強されていた方なので、軍艦島関連のことはもちろん、
長崎の歴史の概要についても楽しく学ぶことができました。

途中、伊王島港に寄航し、お客さんを迎えました(このツアーは伊王島からも乗降可能)。
軍艦島と同様に炭鉱の島であった伊王島は、閉山後、リゾート地として開発が進みました。
2011年には伊王島大橋が開通し、長崎市内から車で40分ほどで行けるようになりました。
(伊王島の観光モデルコースはこちら)

伊王島を通過して10分ほど進むと高島が見えてきました。
高島もかつて炭鉱で栄えた島で、軍艦島と同じく世界文化遺産に登録されている
「高島炭坑 北渓井坑跡」やコバルトブルーの美しいビーチがあるんですよ。

0-500DSCPDC_0002_BURST20180601142351627

さて、長崎港を出港して約40分、いよいよ軍艦島が見えてきました!!
ちょうど逆光だったため、黒い鉛の塊のように見える巨大なシルエットはまさに「軍艦」!!

600_20180603_003046

世界文化遺産「軍艦島(正式名称:端島)」

船で近づき、ぐるりと一周します。
島内に上陸後は、安全と文化財保護の観点から、
指定されたエリアのみを見学することになるので、
この間にさまざまな角度からゆっくりと撮影を楽しみましょう。

軍艦島の大きさは新宿駅とほぼ同じサイズ(0.06㎢)。
そんな小さな島に、
最盛期には約5,300人もの住民がひしめき合うように暮らしていたというから驚きです!
最盛期(昭和34年)の人口密度は東京都の約6倍!
世界一の人口密度だったんですって(この記録は現在も破られていないそうです)!!
しかも炭鉱の現場は24時間稼働の不夜城だったというから
想像を絶するパワフルアイランドだったことでしょう!!

500IMG_5841

小さな島にたくさんの建物群がひしめき合い、独特の景観を作り出しています。
より多くの人が生活できるよう、
1916年には日本初の鉄筋コンクリート造りの高層アパートが建設されました。
作物を育てる場所がなかったため、
アパートの屋上には日本初の「屋上菜園」が設けられていたのだとか。

500IMG_5831

ズームレンズで撮影するとこんな感じ。

500IMG_5836

こちらは「端島神社」の跡。
命がけの炭鉱の仕事に従事したこの島の人々は信仰熱心で、
毎年4月3日に行われた山神祭は、島を挙げて盛大に行われていたそうです。

500IMG_5827

こちらは「端島小中学校」の跡。
鉄筋コンクリート7階建てで、1階から4階までが小学校、5階と7階が中学校、
6階には講堂、図書室、音楽室、7階には理科室などの特別教室があったそうです。
給食を運ぶため、島で唯一のエレベーターもあったのだとか。

世界一の人口密度だった軍艦島は、子どもの数が多く、
毎日賑やかな笑い声が島に響いていたのだそうです。
島には子どもたちのためのプールもありました。
水源のない島のため、真水ではなく海水を使ったプールだったそうです。

500DSC_2141

島のまわりを周遊したあと、船は桟橋に着岸。
いよいよ上陸します!!

続きは次回のブログで ↓ ↓ ↓

http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-9247/

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">