↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

こんにちは!ともっちです☆
前回のブログでは【軍艦島ツアー】をご紹介しましたが、
今回は、この春 軍艦島デジタルミュージアムに登場した、
最新のデジタル技術で軍艦島を体感できる「MR(複合現実)ホロレンズ」設備をご紹介します。
博物館でのホロレンズを使用してのMR常設展示は国内初なんですって!

5000

ヘルメットにヘッドライト、首にはタオルという炭鉱員ファッションに身を包んだら、
ホロレンズを頭に装着して準備完了。

炭鉱員になりきってゲームを楽しみながらミュージアム館内館内をめぐると、
バーチャルな空間と現実が融合した世界観を楽しむことができます。
(ワイヤレスなので自由に動くことができますよ)

500IMG_0991

手に持ったリモコンを操作すると「つかむ、離す、投げる」などの動作ができます。

各種設定を済ませたら、ゲームスタート!
【軍艦島のガンショーくん~かがやくブラックダイヤモンドを探せ~】

3500

案内役は公式キャラクター「ガンショーくん」。
どんどん進んでいくと、あら不思議(゜ロ゜;ノ)ノ
軍艦島の人々や当日この島で使われていたアイテムが、
現実世界の空間に次々と出現してくるんです!

2500

複数人で対戦できる【採炭ゲーム】では、誰が一番多く石炭を掘れるか競争です!
パワーアップアイテムをゲットすると採炭道具がレベルアップしますよ!

500IMG_0990

「S級炭鉱夫」を目指して頑張りましょう!

5001

ゲーム終了後は、参加記念に【MR炭鉱員認定証】が貰えます。
また、認定証についているQRコードをスキャンすると、
スマホアプリ【おさんぽガンショーくん】で更に楽しめるサービスも。

所要時間は1時間ほど。
ゲーム体験のあとは、ミュージアムを自由に見学しましょう。

500DSC_1646 (2)

インスタ映え写真が撮れるスポットもあります!!
当時の軍艦島の島民になりきってみましょう♪

500IMG_0974

この春のリニューアルオープンでは、MRホロレンズ設備と同時に
「パノラマ世界遺産」
「忠実に再現された軍艦島【地獄坂】のセットの展示」
「夕顔丸模型」など5つのコンテンツが登場。
MRホロレンズ体験と併せて楽しんでみてはいかがでしょうか。

【軍艦島デジタルミュージアム MRホロレンズ体験】

料金:大人お一人様
ミュージアム入館料1,800円+MRホロレンズ体験料1,000円=2,800円
※完全時間指定制
※13歳以下のお子さまはホロレンズ体験ができません(ミュージアムのみ)。
※上陸・周遊ツアーとセットで事前購入すると入館料半額。
※上陸・周遊ツアーとセットになったプランもあります。
詳しくは公式ホームページで
https://www.gunkanjima-concierge.com/museum/

【関連ブログ】

◆軍艦島ツアー体験記(前編)
http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-9227/

◆軍艦島ツアー体験記(後編)
http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-9247/

◆「軍艦島&池島散策ワンデーツアー」
世界遺産「軍艦島」と、坑内探検ができる九州最後の炭鉱「池島」の
2島を1日で満喫できる待望のツアー!
http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-8048/

◆「軍艦島デジタルミュージアム」
世界遺産「軍艦島」を最新デジタル技術で手に取るように体感できる博物館。
上陸ツアーとセットでどうぞ。
http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-6700/

◆近くの宿の予約はこちらから
https://www.nagasaki-tabinet.com/stay/

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">