↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

500IMG_6195

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

こんにちは!ともっちです☆
先週15日(金)、長崎くんちの出し物として全国的に有名な「龍踊(じゃおどり)」を、
修学旅行で長崎を訪れた小学生が体験、長崎県庁のエントランスホールで披露しました。

500IMG_6309

今回龍踊の体験・披露を行ったのは、
福岡県筑紫郡 那珂川町立 片縄小学校6年生の子どもたち83名。
(写真は一部)

長崎を訪れる修学旅行生に伝統文化を学んでもらおうと、
長崎県と(一社)長崎県観光連盟は様々な体験プログラムを提案し、
修学旅行の誘致を進めています。
その一つとして龍踊体験が行われており、毎年30~40校を受け入れています。

500IMG_6303

指導にあたるのは、長崎市のイベント会社「(株)ぜっと屋」
元々は結婚披露宴の余興などに龍踊用品一式をレンタルする会社でしたが、
修学旅行における伝統文化体験のニーズが全国的に高まった2000年から、
修学旅行向けに龍踊の体験学習を行っているのだそうです。
その名も「長崎龍学」!!
代表の河野謙氏(写真中央のピンク色シャツの男性)をはじめ、
龍踊指導のプロフェッショナルが揃っています。

長崎くんちで人気の出し物「龍踊」は、
10名の龍衆が躍動感あふれる龍を操り玉を追うダイナミックな伝統芸能で、
江戸時代に中国から伝来、300年以上の歴史があります。

本番では6チームが交代しながら2体の龍(青龍と白龍)をダイナミックに操り、
龍踊を披露しました。

500IMG_6195

長い体を上下左右にうねらせながら玉を追う青龍。
県庁エントランスをダイナミックに駆け回ります!!

1

楽隊の子どもたちは龍の動きにあわせて、
長ラッパやパラパラ、大銅鑼など6種類の楽器を演奏し、賑やかさを演出します。

500IMG_6119

こちらは、とぐろを巻く白龍。
自分の胴体の影に隠れた玉を、頭を左右に振りながら探します。

350IMG_6136

見せどころのひとつ、「輪くぐり」!!

体験で使用する龍体は、長さ17m、重さ30kg超。
長崎くんちで使われる本物の龍体より軽量・コンパクトなので、
初心者でも比較的扱いやすいとのことですが、
子どもたちが練習したのはなんと、当日の朝9時から2時間のみ!!
こんな短時間の練習で観客の前で披露できるようになるとは…。
子どもたちの集中力、そして「(株)ぜっと屋」さんの指導力に驚くばかりです。

この日集まった観客は約300名。
ちょうど昼の休憩時間でもあったため、
県庁の来訪者や県職員などが足を止めて龍踊を楽しんでいました。

中には「孫の晴れ姿を応援に来た」という長崎在住のおばあさんの姿も。
普段は会えないお孫さんの成長をこのような形で見ることができて、嬉しかったことと思います。

5002体の龍が県庁エントランスを所狭しと舞う!

2体の龍が県庁エントランスをところ狭しと舞い踊ります。

「もってこーい、もってこい!!」
演技が一旦終了した後も、
アンコールを意味する「もってこーい」の声援に応え、何度も繰り返し演技を披露。
会場は温かい拍手に拍手に包まれました。

500IMG_6102

終了後、子どもたちにインタビューをしたところ、
「難しかったけど、みんなと協力して披露ができてよかった」
「長崎くんちで本物の龍踊を見てみたい」
などと話してくれました。

今回龍踊体験をした子どもたちは、
300年以上続く伝統文化にふれつつチームで連携することの大切さなどを学び、
喜びと達成感を得ることができたのではないでしょうか。

今度は、本物の長崎くんちを家族で見に来てくれると嬉しいなぁ。

 

このブログは「人気ブログランキング」に参加しています!
下のバナーを1回クリックしていただくだけで1票入るシステムになっています。
1日1回「ポチッ」と押して応援してしてくださると励みになります(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">