| 龍馬通りをさるく

| ブログテーマ: お知らせ

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

長崎さるく「龍馬が見上げた長崎の空」後編です☆
「風頭公園」を抜け、「龍馬通り」を下りていきます。
20090519-IMG_0142.JPG
「龍馬通り」すごく良い名前の通りでしょう!
名前の通り、坂本龍馬をはじめとした志士達が歩いた道。
龍馬が歩いた道を自分も歩いていると思ったら、
なんだかわくわくしちゃいますo(゚ー゚*o)
ちなみに龍馬通りにはこのような案内版がいくつもあります。
20090519-IMG_0143.JPG
亀山社中の同士が案内をしています!
「次の案内人は誰かな〜?」と
案内板を探しながら歩くのも楽しいですよ(^-^)
おやおや?みなさんが見ているのは何でしょう?
20090519-IMG_0146.JPG
龍馬も愛用し、お土産に持っていったりなどしていたとも
言われている幻の「亀山焼」の一部が、
こちらに展示されています。
「亀山焼窯跡」ここには窯の奥壁の一部が現存しています。
20090519-IMG_0152.JPG
龍馬も参拝したのかな?「若宮稲荷神社」
20090519-IMG_0159.JPG
毎年10月14日・15日に行われる「竹ン芸」の
舞台としても有名です。
すぐそばには「亀山社中資料展示場」
20090519-IMG_0163.JPG
龍馬ファンにとっては欠かせない人気スポット☆
坂本龍馬、幕末の志士や長崎の風景の古写真、
龍馬の手紙の写し等の貴重な史料が展示されています。
尚、開館日は毎週土・日・祝のみで
平日は開館していません。
開館時間は10:00〜12:00・13:00〜15:00までですので
行かれる際は必ず日時をご確認下さいね(゚▽゚)ノ
そしてこちらは写真撮影スポットですね!
龍馬のぶーつ像
20090519-IMG_0176.JPG
このぶーつに入って写真を撮ると龍馬になった気分!?
「これ雨が降ったときに水が溜まらんとかね〜」という
質問がありましたが、水が溜まらないようぶーつの中には
排水用の穴が開いていました☆
20090519-IMG_0175.JPG
「亀山社中跡」 現在は整備中!
20090519-IMG_0178.JPG
「いつから見学できるようになりますか?」と
問い合わせを受けますが、 「亀山社中記念館」として
今年の8月に開館を目指し、整備が進められています。
正式な開館日が決まりましたら、お知らせしますので
みなさんお楽しみに\(^▽^)/
いかがでしたか?
なんだか盛りだくさんのコースでしょ♪
コースの所用時間は約2時間
距離は約2?ですが、高台から降りていくコースなので
なかなかに高低差があるコースです。
20090519-IMG_0189.JPG
歩きやすい靴・格好、日焼け対策
そして熱中症にならないよう水分補給をしながら
参加しましょう(゚▽゚*)
さるく参加はこちらから↓
長崎さるく「龍馬が見上げた長崎の空」
PREMIUM NAGASAKI〜極上の長崎へ〜
龍馬が見上げた長崎の空

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

龍馬通りをさるく」への4件のフィードバック

  1. ほっと・ミルク

    「亀山社中記念館」がオープンしたら
    行きたいですね
    ぶーつ像も見たことがないので
    今年中に行かないと
    来年になると混雑するでしょうから
    オープンしたら教えてください

    返信
  2. tomocchi

    ほっと・ミルクさんへ☆
    来年はいよいよ大河ドラマ「龍馬伝」が
    始まりますからね!
    オープンが確定したらお知らせしますね☆

    返信
  3. HIROchan

    来年3月17に訪れる予定です。かつて1年間長崎市内に勤務していましたが、風頭山や竜馬に関係の地を訪れていません。天気が晴れることを期待し、この地を訪れることを楽しみにしています。

    返信
    1. ともっち 投稿作成者

      HIROchanさま

      コメントありがとうございます。
      以前、長崎市内で勤務なさっていたのですね。
      風頭や龍馬どおり近辺は長崎らしさが残るエリアで、
      私も大好きです。
      ぜひぶらりと散策なさってくださいね☆

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">