| リソサムニューム

| ブログテーマ: 南島原市

↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

昨日の長崎は雨がひどかったですね〜(><)みなさん、大丈夫でしたか?
特に夕方がひどかったので、帰宅途中にずぶ濡れになった方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

さて、悪天候の中にも関わらず、私はこんなところにいました!
ん?石だらけの海岸( ・◇・)?
20090624-IMG_1770.JPG

いえいえ、違います。これは海岸ではありません。石でもありません。

南島原市南有馬町原城本丸沖合に、年に数回決まった日時に沖合に現われる
浅瀬であり、石のようなものは「リソサムニューム」という藻の一種です。
これが大量に集まり、浅瀬のようになっているんですよ。

リソサムニューム
20090624-IMG_1739.JPG

なんだか金平糖みたいで、ごつごつしているので藻の一種とは思えないですね!
どっちかというとサンゴっぽいですが、サンゴではありません。

「リソサムニューム」が海流の影響でこのあたりに長年にわたり積み重なり、
旧暦3月から8月の最干潮時に、浅瀬のように姿を現します。
地元では白洲(しらす)と呼ばれているそうです。

沖合300メートルほどの海上に出現するため、
上陸するには船に乗る必要があります。
20090624-IMG_1722.JPG

海上に陸のようなものが見えるのがわかりますか!?
20090624-IMG_1730.JPG

10分ほどでリソサムニュームに上陸!!
20090624-IMG_1734.JPG

対岸は陸
こちら側は普段、海の中に隠れています。
20090624-IMG_1772.JPG

浅瀬が現われるなんて、他のところでも見ることができるんじゃない?
とも思いがちですが、これがとっても珍しいもの!

「リソサムニューム」がこのように大量に群落しているのは、
世界でもイギリスとインド洋、そして原城本丸沖合の3カ所しか
確認されていないと言われています。

年に数回、現われるのは1時間程度の短い時間だそうです。

上陸するだけで珍しい体験ですが、加えて磯遊びも楽しめます♪

昨日はタコがたくさんいました(*゚▽゚)
20090624-IMG_1746.JPG

ウニも!!
20090624-IMG_1755.JPG

ヒトデや貝、カニなど、簡単に見つけることができます。

リソサムニューム上陸日は、明日6月25日(木)7月22日(水)、23日(木)です。

料金はお一人様2,500円
「原城温泉 真砂(まさご)」で受付をしています。

世界で3カ所、自然が創った珍しい景観をお楽しみ下さい。

リソサムニューム
受付:原城温泉 真砂住所:南島原市南有馬町丁133
電話番号:0957-85-3155
料金:2,500円
※上陸の際は長靴が必要です。

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

リソサムニューム」への4件のフィードバック

  1. 長崎の手彩色絵葉書

    話には聞いたことがありますが、すごいんですね。リソサムニュームは水槽に入れているのを見たことはあります。インド洋、イギリスの海岸とここだけとはすごいものですね。
    ちなみに、インド洋、イギリスのどこに行けば見られるんでしょうか?

    返信
  2. tomocchi

    長崎の手彩色絵葉書さんへ☆
    世界に3か所しか確認されていないものの一つが
    長崎県内にあることがすごいですよね!
    ちなみにイギリス、インドの具体的な場所につきましては
    調べたり問い合わせたりしていますが、
    すみません、勉強不足で・・・
    確認がとれましたら、またコメントで
    報告させていただきますね!
    どなたか知っている方がいらっしゃったら
    教えてくださーい!!(^O^)/

    返信
  3. Fan

    凄いですネ。世界に3ツしか無いのが、郷土長崎に有るなんて感激です。これ絶対に観光資源に成る様な気がするのですが?!、グリーンな感じが最高ですね。

    返信
  4. tomocchi

    Fanさんへ☆
    世界に3つの1つが長崎県にあると聞いただけで
    すごいですよね!
    上陸日が限られていることが難点ですが、
    子供達の自然学習とかに最適だと思います!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">