↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

30

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

こんにちは!ともっちです☆
前回に引き続き平成30年 長崎くんちの庭見世レポートをお届けします。

※前編(椛島町・出島町・本古川町)はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-9722/

600DSC_2971

【東古川町】

「川船」を奉納する東古川町(ひがしふるかわまち)は、
長崎最古の商店街である「中通り商店街(アルコア中通り)」のすぐ近くにあります。

600IMG_8180

このあたりは約400年続く下町。
伝統的な町家が多く残っているため、
昔の庭見世の風情をたっぷり味わうことができるエリアです。

600IMG_8181-1

近年の庭見世はホテルなど大きな建物内で行われることが多いのですが、
昔はこの写真のように、一般の家屋の壁を取り払って中を見せるのが一般的でした。
また初期の庭見世は「キリシタンではない」という証明のために
家屋や庭を開放したのが始まりだったのだそうです。

600IMG_8170

真ん中の宝船が描かれた着物は、大正から昭和初期のくんちで使われた衣装。

600IMG_8173

船頭さんの衣装と豪華な海の幸の御花。

600IMG_8186-

東古川町の川船は、古来からの様式を今も守り続けているそうです。
すっきりしたシンプルなデザインと、スピーディな船廻しが特徴。

600IMG_8203

【紺屋町】

本踊りを奉納する紺屋町(こうやまち)。
紅葉の装飾が施された傘鉾が雅で上品です。

600IMG_8194

衣装と御花。

600IMG_8230

【大黒町】

「唐人船」を奉納する大黒町(だいこくまち)は、
長崎駅前周辺のホテルなど9ヶ所で庭見世が行われました。

ホテルウィングポート長崎前に唐人船を発見(片付けられる直前でなんとかセーフ)!
近くで見ると大きいですね~!!装飾も立派です。

その後、傘鉾などを展示しているホテルニュー長崎に辿り着いたら、すでに片付けている途中…。
(というわけで、傘鉾は知人に提供してもらった画像です)

300400松尾補佐より

大黒町の傘鉾飾りは、大黒様の打出の小槌と子孫繁栄の象徴である白ねずみ。

600IMG_8235

エキゾチックな中国風の衣装は色鮮やかです!

20

【小川町】

唐子獅子踊りを奉納する小川町(こがわまち)。
カラフルな獅子がなんともキュート!!

21

傘鉾飾りは、町内に流れる岩原川の風景を表しているのだそうです。
当時は自然たっぷりの川だったのでしょうね。

右は唐子の衣装。本番では唐子たちが瓢箪に入ったお酒で酒盛りをするシーンに注目!
(小川町は時間内に辿りつけなかったので、知人の提供画像です。)

以上、今年も駆け足でしたが、庭見世を満喫!!
長崎くんちは、このあと4日に行われる「人数揃い(にぞろい/町内で行われるリハーサル)」を経て、
いよいよ7・8・9日の3日間に本番を迎えます!!

※庭見世レポート前編(椛島町・出島町・本古川町)はこちら
http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-9722/

 

【平成30年 長崎くんち】
開催期間:2018年10月7日(日)~9日(火)※毎年同日開催
開催場所(本場所):〒850-8541 長崎県長崎市(諏訪神社、中央公園、大波止お旅所、八坂神社)

※その他、期間中に各踊町が市内の事業所や官公庁、民家などに踊を呈上して福を分け、お祝いする「庭先回り」が行われ、まちなかで見ることができます。
「庭先回り」では、踊町が短い踊りやお囃子を玄関先や店先、門前等で演じます。

問い合わせ先:095-822-0111 (長崎伝統芸能振興会(長崎商工会議所内))
公式ホームページ:http://nagasaki-kunchi.com/

 

人気ブログランキングに参加しています!
クリックして応援してしてくださると嬉しいです(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

#長崎くんち #長崎くんち2018 #平成30年長崎くんち
#庭見世 #庭見せ

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">