↑人気ブログランキングに参加しています!クリックお願いします。

640

「ポチッ」と押して投票お願いします(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓

こんにちは!ともっちです☆
今年は明治維新から150年の記念の年。
長崎市でも「ながさき幕末維新祭」として
年末までさまざまな関連イベントが行われています。

今回ご紹介するのは11月23日(金)に企画されている特別クルーズ。

あの「勝海舟」の玄孫である髙山みな子氏をお招きし、
幕末に活躍した「観光丸」の復元帆船内で特別講演を聞いた後、
観光丸で長崎港の世界遺産をめぐる というプレミアムなイベントです!!

「勝海舟」といえば、幕末期に数々の難局を乗り越え
江戸城を無血開城に導いた日本近代史における重要人物のひとり。

「観光丸」は、長崎海軍伝習所の練習船として、
安政2年(1855年)にオランダから幕府に贈られた日本初の木造蒸気船です。

幕末、長崎奉行所西役所内に設けられた「長崎海軍伝習所」に派遣された勝海舟は、
観光丸を操り、西洋技術や航海術、砲術などの近代的な知識を習得しました。

??????????????????????

今回の特別クルーズで使用する「新・観光丸」は、
1987年 国立アムステルダム海事博物館所蔵の設計図面と模型を基に、
オランダにある造船所で当時の姿になるべく近いかたちで復元されたもので、
現在は長崎港でクルーズ船として活躍しています。

髙山みな子さん

勝海舟の玄孫 髙山みな子氏

当イベントでは明治維新150年を記念し、
勝海舟の玄孫である髙山みな子氏を長崎にお招きし、
ゆかりの深い観光丸(復元)の船内で
「海軍創設と江戸城無血開城」というタイトルで特別に講演いただきます。

約50分間にわたり、
江戸城無血開城成功に至るまでの様々な人との出会いや、
長崎海軍伝習所の日々などを語っていただけるのだそうです。

観光丸クルーズ

講演のあとは、観光丸で長崎港をクルーズ。

ガイドさんの案内を聞きながら、約1時間、
長崎港周辺に点在する世界遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産や、
江戸時代、長崎港防衛のために築かれた「台場(砲台)跡群」を船上から見学します。

500IMG_5817

世界遺産「ジャイアント・カンチレバークレーン」がこんな至近距離に見えます!

イギリスで作られたこの巨大クレーンは、
三菱重工長崎造船所で約100年休まずに現役で稼動しているのだそうです。

他にも旧グラバー住宅小菅修船場跡第三船渠などの
世界遺産を船上から遠望することができます。

また、江戸初期から幕末にかけて
外国船の脅威から日本を守るために長崎港に築かれた23もの「台場(砲台)跡群」。
今回は船上から国の史跡に指定されている「魚見岳台場」や「四郎ヶ島台場跡」などを遠望し、
外国との貿易窓口であった長崎港の重要性を改めて感じることができます。

秋風に吹かれながら、
先人の思いや歴史にふけるクルーズを体感してみませんか?

500D観光丸船上

着物で参加するのもおすすめ!
集合場所まで徒歩5分の出島にある
「簡単きもの 長崎はいからさん」は、着付け5分!手ぶらで来店OK!
男性用もありますよ。
http://haikarasan-ukj.com/

◆設定日:11月23日(金・祝)
◆参加費:3,800円/おとな(中学生以上)  2,800円/こども(小学生)

♪長崎出島ワーフでの「1,000円ランチ券」付き♪

下船後は、長崎出島ワーフ内のお好きなレストランでランチをお楽しみください。

◆募集定員:50名(最少催行人数:20名)

◆行程:長崎港(大波止ターミナル/やまさ海運窓口【集合10:30】)
観光丸【髙山みな子氏・勝海舟特別講演「海軍創設と江戸城無血開城(約50分)】
桟橋(12:00発)~「観光丸」長崎港・世界遺産クルーズ(約1時間)~
桟橋…長崎出島ワーフ(昼食/1,000円ランチ券でお好きなお店へ)→各自解散

◆問い合わせ先:(一社)長崎国際観光コンベンション協会
TEL:095-823-7423
営業時間:平日 8:45~17:30(土・日・祝日休業)

◆お申し込みはこちらから 

◆近くの宿の予約はこちら 

人気ブログランキングに参加しています!
クリックして応援してしてくださると嬉しいです(*^-^*)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

トラックバック (ご利用について)

トラックバックURL:

コメント (ご利用について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">